蒲原鉄道単語

カンバラテツドウ
1.0千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

蒲原鉄道株式会社は、かつて新潟県市村1364に存在した鉄道事業者。
略称は「蒲鉄」(かんてつ)。
現在鉄道事業から撤退しており、バスタクシー事業者となっている。

概要

1922年創業。その名の通り、かつては鉄道事業を行っており、
最盛期は新潟県加茂にある信越本線 加茂駅(新潟県)~新潟県にある磐越西線
結ぶ鉄道路線を保有していたが、1985年加茂駅(新潟県)~村松間が止され、
その後1999年、残る村松~五間もとうとう止され、蒲原鉄道は鉄道事業から全撤退。

当時本社のあった村松には鉄道庫があった。現在村松は「村松バスターミナル」としてバスターミナルになっているが、鉄道がなくなったにもかかわらず「」を名乗り続けている。また、本社オフィスバスターミナルビル3階に存在する。

なお、鉄道事業から撤退し、バスタクシー事業者になった現在も、『蒲原鉄道』と企業名は変わっていない。
(ほかにも、既に鉄道事業から撤退しているにもかかわらず「鉄道」「電」「軌」を名乗り続ける企業としては、旭川電気軌道夕張鉄道九十九里鉄道鹿島鉄道善光寺白馬電鉄東濃鉄道鶴見臨港鉄道有田鉄道下津井電鉄鞆鉄道等が挙げられる。)

その後同社はバス事業者へ転換するも、収支は悪化の一途をたどり、2010年に一般路線バス事業から撤退。
現在は五コミュニティバスの運行および高速バス1路線のみを運行する、こじんまりとした企業になっている。

高速路線

村松~新潟線

運行開始当初は新潟交通との共同運行であったが、現在新潟交通は撤退し蒲原鉄道バス一社による単独運行となっている(新潟交通は撤退後も切符の発券等の運行支援には携わっている)。

運行ルート

クローズドドアシステムにより、村松安田、および新潟市病院新潟駅間のみの利用は不可。
川口屋は乗後者とも可

停留所名 脚注
村松
今泉 旧:蒲原鉄道今泉
本町一丁
郷屋二丁
太田新田
論瀬十字路
安田インター前 磐越道安田ICのこと

停留所名 脚注
川口

停留所名 脚注
新潟市病院
中央インター前 磐越道新潟中央ICのこと
女池インター前 新潟バイパス女池ICのこと
県庁東 新潟県庁のこと
がんセンター 新潟県立がんセンター新潟病院のこと
役所前 新潟市役所のこと
古町
万代シティバスセンター
新潟駅

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

蒲原鉄道

1 ななしのよっしん
2019/10/04(金) 19:00:20 ID: 7DHZFXK1he
止から20年+1日に1ゲット
個人の都合だけど
止するには惜しい路線だったと思う
👍
高評価
0
👎
低評価
0