蒲生氏郷単語

ガモウウジサト

蒲生氏郷(がもう うじさと 治2年(1556年)~文4年(1595年)2月7日)とは、戦国時代安土桃山時代の武将。

祖を辿れば「俵藤太」の異名で知られる藤原秀郷に連なる、鎌倉以来の名門・生氏19代当
初名は賦秀(やすひで)だったが、後に名。本項では一貫して氏郷と表記する。
通称は忠三郎。「少将」「松島従」の異名でも知られる。キリシタン大名であり、洗礼名はレオン(またはレオ)。

概要

近江守護・六角義賢に仕えていた生賢秀の三男として生まれる。幼名は千代
11年(1568年)に観音寺の戦いで六角氏が滅亡した後、賢秀は織田信長に臣従し、人質として当時12歳千代を差し出した。この時千代と面会した信長は、

生が子息付常ならず、者にては有るべからず。婿にせん

生の息子つきは他と違う、普通の者ではない。婿にしよう)

と告げ、次女を娶らせる約束をしたと伝えられる。

その後は岐阜寺の僧・南化玄に師事し、明智光秀重臣・斎藤利三の奨めで武芸に励み、立な若者に成長。元岐阜で行われ、帽子親は信長直々が務めた。
12年(1569年)に初陣を飾る。その後はと共に柴田勝家の与となり、の戦い、第一次伊勢長島攻め、長篠の戦、有岡城の戦い、第二次賀の乱などに従軍。武功を上げた。

正10年(1582年)の本能寺の変に際しては、安土城にいたと連絡を取り、内の信長家族を速やかに保護。居である近江日野へと取って返し、光秀との対決姿勢を明確にした。
その後開かれた清須会議では羽柴秀吉に従い、翌正11年(1583年)の賤ケ岳の戦いにおいては、羽柴秀長配下として参加。更に正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いでも戦功を挙げた。戦後伊勢に加増・転封となり、この頃にオルガンティノ神父によって洗礼を受けたとされる。
同年の紀州征伐にも参加し、この頃賦秀から氏郷に名。「秀吉」の一字を下に置く名を不遜であると考えての名だった。

その後も九州征伐・小田原征伐に参戦。秀吉天下統一事業に寄与した功績により、正18年(1590年)、伊勢から陸奥国会への移封・加増となった。これは臣従したとは言えいまだ州に影を持つ伊達政宗を牽制する為の配置であったとされている。
会津では重臣らを領内の支派遣して代とし、自らの居となる黒川築。氏郷の幼名にちなんで「」と名をめられ、開発・整備を推進した下町には「若松」という名がつけられた。更に商業政策を重点に置いた奨励により、江戸時代における会津の発展の基礎となっている。

元年(1592年)の文の役に参加。肥前名護屋に参したが、体調を崩して翌年に会津に帰する。養生する中で秀吉から直々に医師派遣されるなど心配されたが、文4年(1595年)、伏見生屋敷にて死去した。享年40すぎる死であった。
伊達政宗直江兼続による殺説が唱えられているが、肝臓がんや直腸がんなどではなかったかと推察されている。

辞世の句
「かぎりあれば 吹ねどは 散るものを 心みじかの 山風
くに死ぬが身を嘆く内容となっており、苦しい胸中が察せられる。

彼にまつわる逸話や功績から、歴史好きの間では「もし氏郷がもっと長生きしていたら……」とられる事が多い。

その他いろいろ

  • 信長が一向一と戦っていた時、氏郷は敵中に突撃して強者の首を取ってきた。信長は大笑いして「首を取るのは大将仕事じゃないよ」と言った。
  • 仕官してきた人に「うちのには尾の兜をかぶって戦っているがいる。そいつに遅れを取るな」と言った。なお尾の兜をかぶった人物とは氏郷自身のことである。
  • 部下の扱いのうまさに定評がある。他のでダメなだと言われた武将も、氏郷のもとで働けばあら不思議、稀代の名将に!(誇あり)ネットではこれを評して「(再生)工場長」というあだ名で呼ばれることもある。
  • 優秀な臣には「生」の名字と「郷」の一字をぽこじゃかプレゼントしていた。そのためには一族じゃないのに「生○郷」「生郷○」という名前の臣が量産されていて、非常に紛らわしい。実際、生頼郷と生郷舎は今でもしょっちゅう間違えられている。
  • 州仕置によって会津を失った伊達政宗とは、あまり仲が良くなかった。正19年(1591年)の葛西大崎では政宗が一を扇動したと訴え出たが、政宗は書状にしたためた押に針でを開けた「鶺鴒(せきれい)の」を拠として退けたという話が知られている。
    また政宗が密かに送り込んだ小姓が氏郷暗殺を企てたとして投されたのを、命を捨てて主命に従おうとした忠義者として賞賛し、罪を許して伊達に返したという話もある。
  • 千利休の子「利休七哲」の筆頭に数えられ、利休七種碗の一つ・船など重な茶道具を所持していた。移封先のでもたびたび会を催していた記録が残っている。
  • 細川忠興とは数寄に対する持から師匠の前でも悪口を言い合う仲だったが、信長に仕えていた頃からの長いつき合いでもあり、微笑ましい逸話も残っている。
    伝来の重宝「佐々木鐙」を忠が所望した際に進呈したが、臣からは「よく似たものを差し上げれば良いのでは」と反対された。しかし氏郷は「忠が欲しいと言ったのだから」と押し通し、後になって忠が「そんな大切なものは受け取れない」と返そうとしたのを決して受け取らなかった(氏郷の死後に息子に返還)。また小田原征伐では二人して高山右近遊びに行き見舞に尋ね、牛肉を御馳走になったという話が伝わっている。
  • 氏郷をキリスト教に誘ったのは高山右近で、彼の最期を看取ったのも右近だったという。なお上記の牛肉には続きがあり、食事の前に右近がキリスト教の祈りをげるのを見て氏郷と忠が笑ってしまい、怒った右近が牛肉を引っ込めたので二人して謝り、ようやく許してもらったらしい。……想像するとちょっとかわいい
  • 外国人の武将を召し抱えていたという話がある。「御日記抄略」によると、正5年(1577年)、ローマ人の「ロルテス」なる男が紹介状を携えて氏郷に召し抱えをめてきた。家老会議の結果召し抱える事となり、大砲などの武器製作に携わった。この時名を「山科羅久呂左衛門勝成」とめ、氏郷の下で良く働いたという。信憑性や見解はさておき、浪漫ある設定としてウィリアム・アダムス三浦按針)や弥助と並び、創作の題材となっている。
  • 氏郷が使っていたと伝わる「漆塗尾形兜」が現存。現在岩手県博物館に所蔵されている。

関連動画

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける蒲生氏郷の力一覧。

シリーズを通して全く隙のないオールラウンダー。しかも義理堅く、兵科適正や特技も強な事が多い。敢えて難点を挙げるなら寿命らい。

軍事 内政
戦国群雄伝(S2) 戦闘 72 政治 73 71 野望 65
武将風雲録(S1) 戦闘 77 政治 80 73 野望 71 教養 72
覇王 采配 81 戦闘 82 智謀 69 政治 80 野望 71
天翔記 戦才 176(A) 智才 158(A) 政才 172(A) 88 野望 71
将星 戦闘 85 智謀 83 政治 89
烈風 采配 81 戦闘 70 智謀 80 政治 85
世記 采配 77 智謀 79 政治 81 野望 80
蒼天 統率 76 知略 77 政治 80
下創世 統率 77 知略 75 政治 80 教養 72
革新 統率 90 武勇 82 知略 84 政治 89
統率 85 武勇 73 知略 81 政治 83
創造 統率 89 武勇 85 知略 84 政治 80

関連商品


関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%92%B2%E7%94%9F%E6%B0%8F%E9%83%B7

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

蒲生氏郷

35 ななしのよっしん
2016/12/17(土) 11:40:39 ID: 1kidcUWUqM
秀吉と秀次の確執の最大の要因とも言われているね。
秀吉は若い子供90万石の大とゆかいな仲間たちを統制できるわけがない
まわりは徳川上伊達最上佐竹アレな連中ばかりで東北の監視の仕事90万石もらっているから、役を果たせない子供への世襲に反対で、
秀次はそれ否定したら封権社会崩壊するってんで相続を強行したので、対立を生んだというもの。

秀次が生存していた可性があるね。
36 ななしのよっしん
2017/04/21(金) 08:29:15 ID: a+w7pjfEzM
秀吉というか豊臣にとって最悪な事に、正勝、秀長、利休といった政治を持ったが立て続けに死んで、連鎖反応の如くまだ若かったこの人まで死んでしまったんだよな。
そしてと立場を兼ね備えた秀次も秀吉が殺してしまって、勘兵衛も殺しこそしなかったけどポイ捨てした結果はご存知の通り。
なんというか豊臣滅亡を時代が強制してたみたいだわ
37 ななしのよっしん
2017/05/22(月) 17:58:03 ID: Cg9L0pT0pE
天王寺の戦いで最前線で戦っていた信長
甲州征伐の時に頭に立って高遠に乗りこんでいった信忠を見るに
氏郷の頭に立って突撃するのは間違いなく信長の影
38 ななしのよっしん
2017/05/28(日) 01:30:43 ID: eQ+SIpB3wk
辞世の句をどなたか追加してくれませんか
39 ななしのよっしん
2017/10/30(月) 00:47:17 ID: iMACGN1SAA
>>36
でもその中の利休と秀次は秀吉が殺してしまってるってのがね
本当晩年の秀吉は自分で自分の首を絞めたよなあ……
40 ななしのよっしん
2018/02/21(水) 23:27:28 ID: UqMnln1LCJ
氏郷についてる場のなのに
何時の間にか秀吉やら信長やら政宗の話題メイン

結局、氏郷自身については長生きしてたらどーだの
ifネタぐらいしかいんだよな
武辺者で流人手ななのにやっぱり地味

41 ななしのよっしん
2018/05/28(月) 10:25:46 ID: oJWhYebslj
との逸話とか悪友みたいで面いんだがな
キリシタン関連や臣との逸話を見るに根がな人だったんだろうなと思う
42 ななしのよっしん
2018/08/09(木) 09:05:10 ID: bbIuhXDCRv
親利、反家康で有名だったらしいね、関ケ原まで生きてたら西軍に加担してたのかな
43 ななしのよっしん
2018/08/24(金) 19:13:15 ID: oJWhYebslj
氏郷が長生きした場合上杉会津転封もないわけでシミュレーションのしようがない
44 ななしのよっしん
2018/09/17(月) 20:13:55 ID: 0KP66Fczc1
ロルテスなる男は
聖ヨハネ騎士団マルタ騎士団)の
人間だったっとか

まぁ弥助やMUR針と違って
実在の確認が取れてないんだけど

急上昇ワード