蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH単語

ソウキュウノファフナーヘブンアンドアース

蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTHとは、2010年12月25日開のアニメーション映画作品である。

蒼穹のファフナーの素敵画像

「選ぶんだ、何度でも!
悲しいからって諦めないで…そこにいることを選び続けろッ!

概要

2004年TV東京系で放送されたTVアニメシリーズ蒼穹のファフナー』の直接の続編。

本編翌年放送の前日譚蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT』から5年を経て、2010年12月25日より劇場開された。作品総尺は約90分。

TVシリーズ最終話・「蒼穹作戦」終了から2年後の世界で、平和を取り戻したはずだった竜宮舞台に人類とフェストゥムの新たな戦いが描かれる。

ストーリー

西暦2148年――平和は訪れたはずだった。

遠い宇宙からきた敵――フェストゥム北極での決戦のあとも、人類の軍勢は戦いを続けていた。多くの者が、これ以上の戦いなど望んでいなかったにもかかわらず、敵を全に滅ぼすための作戦が、世界各地で実行に移された。

――それが、新たな戦いの始まりとなった。

(劇場パンレット及びパッケージブックレットより)

アルヴィスによる「蒼穹作戦」の決行――人類に味方するフェストゥムコア北極ミールより解放してから二年後。竜宮平和を取り戻し、少年少女たちも新たな日々を生きている。

その生活の中で真壁一騎もまた、皆城総士との再会の約束が果たされる日を待ち続けていた。

しかし夏祭りの最中、突如人類軍の輸送艦に接近し、打ち上げられた艦内から結晶の中に眠る少年が見つかる。それに呼応するかのように、の上オーロラたなびく不可思議な暗に覆われ、スフィンクスフェストゥムが出現した。

束の間の穏は破られ、人類とフェストゥムの歩むに再び大きな選択の時が迫っていた。

スタッフ

登場人物

TVシリーズからの登場キャラクター

ファフナーパイロット/竜宮島の子供たち

真壁一騎 CV:石井真 【搭乗機:ザルヴァートル・モデル特番機ファフナーマークザイン

本作の主人公蒼穹作戦から生還後、1年間睡状態となっていた。回復後はファフナーパイロットから外れ、溝口の要請でリハビリを兼ねて「喫楽園〉」で調理師のアルバイトを始めている。「一騎カレー」「一騎ケーキ」など看メニューには彼の名前が付けられ、民の若者の間で大好評。取り戻された平和を享受しつつ、総士との約束の時を待っている。同化現で一度失った視は回復しきらず低下を続け、今はを感じられる程度。

遠見真矢 CV:松本まりか 【搭乗機:ノートゥング・モデル7番機ファフナーマークジーベン

蒼穹作戦から生還後、一騎が睡から回復してからは一緒に溝口の経営する「喫楽園〉」のウェイトレスとして働いている。一騎への心は健在だが、そのことを彼に伝えるつもりはない。同化現が進む一騎の助けになるため、積極的にファフナー戦闘に参加する。ファフナーでの冷静かつ正確戦闘スタイルはもとより、日常でも朗らかな性格と優れた観察眼で仲間を支え見守り続ける彼女に、敬意を持つ後輩は多い。

羽佐間カノン CV:小林沙苗 【搭乗機:ノートゥング・モデル13番機ファフナーマークドライツェン〉

蒼穹作戦に参加したパイロットのひとり。二年前にべ、も伸ばし格段に大人っぽい容姿となった。考え方や心のあり方も変わり、羽佐間容子自然に「母さん」と呼び、高校生徒会で副会長に選ばれているなど、の生活にも溶け込み心身ともに成長をみせる。戦闘時、変性意識下での苛さは相変わらず。中盤から咲良の復帰に伴い、専用機として開発されたファフナーマークドライツェンを与えられる。

近藤剣司 CV:白石稔 【搭乗機:ノートゥング・モデル8番機ファフナーマークハト

蒼穹作戦に参加したパイロットのひとり。母親と親友・衛を亡くし人・咲良を失いかけた経験は、二年間で大きく彼を変えた。自らの責任の自覚と決意によって、名実ともにリーダーに相応しい存在となっている。日常では咲良小楯保の世話を自的に行なっているほか、戦闘では未熟な後輩たちを牽引する。TVシリーズから最も大きく成長を見せたキャラクターであり、立に生きるその姿が確認できることは劇場版の実現した大きな意義のひとつ。

要咲良 CV:新井里美 【搭乗機:ノートゥング・モデル3番機ファフナーマークドライ

蒼穹作戦前に深刻な同化現で倒れたが、ミョルニアから得た多くのデータを元に治療が行われ、虚弱体質ながら日常生活レベルまで回復。中盤から再びファフナーパイロットとして戦場に復帰する。以前にべ、その心の在り方は通常時・変性意識下ともに大きく変化し、自分の命を大切にしながら他人を思いやって仲間と戦えるようになった。近藤剣司とは良きパートナーとなっている。

堂馬広登 CV:佐々木望 【搭乗機:ノートゥング・モデル5番機ファフナーマークフュンフ〉

一騎たち世代のひとつ下の後輩で、立上芹西尾姉弟の友人。学校放送室に立て籠もった騒動から二年経っても、相変わらず子供っぽさが抜け切らないが、根は素直で繊細な少年マークフュンフのパイロットを引き継ぎ、尊敬する小楯衛から託されたゴウバインヘルメットをかぶって彼のように仲間を守りたいと戦いに逸る。はじめは突出する戦闘らと衝突するが、次第に戦い守ることのの意味に近づいていく。

西尾里奈 CV:白石涼子 【搭乗機:ノートゥング・モデル9番機ファフナーマークイン〉→ゼロファフナー

本編時点ではオペレーターを務めていた補生だったが、正式パイロットに抜遠見真矢への強い尊敬の念は相変わらず。との別れは自分なりに受け入れているらしく、とは認識が異なる。両親を失った事故以来、と祖の三人で暮らしており、自分の殻に閉じこもって言葉を発しないままのに苛立ちを抱いている。TVシリーズでは表に出さなかった負の感情を多く見せるが、明るく振舞っていたのは人一倍な将来への不安の裏返し、苛立ちは両親の元へ行きたがっていると思えたを失う恐怖と一体のもの。ファフナーでの変性意識によって感情の揺らぎは更に大きくなり、本音を隠せなくなっていく。

西尾暉 CV:梶裕貴 【搭乗機:ノートゥング・モデル10番機ファフナーマークツェン〉→ゼロファフナー

西尾里奈双子。かつてゼロファフナー起動実験における事故で両親が死亡し、その事実を受け入れることができず心を閉ざして喋ることができなくなっていた。両親がフェストゥムの中に留まっていると信じ、ファフナーと一体化することで自信とともにを取り戻していく。また、真矢に対して想いを寄せており、それが余計に里奈を苛立たせている。※TVシリーズにも登場していたが、失声症という設定上非常に影が薄かった。

立上芹 CV:福圓美里 【搭乗機:ノートゥング・モデル12番機ファフナーマークツヴォルフ〉

岩戸の外に出た皆城乙姫と最初に出会った人物であり、彼女の親友を自負している少女。広登や里奈同様、補生からパイロットに昇格。聡明でしっかり者な普段と異なり、ファフナーでの戦闘時は変性意識によって頭突き攻撃を繰り出すカブトムシ快さを見せる。その豊かな感受性がフェストゥムの苦痛を感じ取ってしまい、分け隔てない慈しみを持つゆえに苦悩する。里奈と違い、がまだいると信じ彼女が眠る場所に通い続けている。後半にはパイロット以上に大きな役割が任される。ちゃんマジヒロイン

春日井甲洋 CV:??? 【搭乗機:ノートゥング・モデル4番機ファフナーマークフィアー〉

決して仲間を見捨てないとの言葉通り、今作ではもが驚くかたちで登場し活躍を見せる。その在り方は変わっても、彼の心は竜宮仲間と共にあり続けている。本編からのファン感涙必至の勇姿を是非見届けるべし。ひたすらかっこいい。

皆城総士 CV:喜安浩平

TVシリーズもう一人の主人公とも言える、一騎の幼馴染で親友。蒼穹作戦においてフェストゥムの祝福を受け入れ体を失うが、ミョルニアらの助もあり個の精を保って存在し続けている。現在は、新たなミールのひとつに属するフェストゥム来主操護の下にあり、フェストゥムと人類の迎える新たな局面に備え、来を通じて竜宮情報を伝えようとする。なお、ある理由で蒼穹作戦終了後から一騎とのクロッシング状態を保ち続けている(一騎側にその認識はない)。

皆城乙姫 CV:仲西環

総士の竜宮コアと一体になり眠り続ける存在だったが、外界に出て活動しながら人とフェストゥム双方に選択を促し、共生の可性を探っていた。蒼穹作戦終了と時期を同じくしてコアと再同期し、その存在はのミールが学んだ生命の循環の中に組み込まれた。劇中では、赤ん坊(未熟なコア)を抱いた幻影として一部の者に姿を見せつつ、意識の残滓のみが民たちを見守っている。

アルヴィス/竜宮島の大人たち

真壁史彦 CV:田中正彦

真壁一騎であり、アルヴィス代理となってから2年の時を経て、運営にも彼の特色が色濃く出るようになった。重要案件を開して決議するなど、透明性ある方針が相応の効果と支持を得ている。今作では環境コアが弱まっていることもあり、人類軍による核攻撃時の後遺症で体調悪化が見られる。千鶴との個人的交流は続いているが、進展のほどは

遠見千鶴 CV:篠原恵美

真矢姉妹。引き続き、医療と同化現などの研究を牽引し、民の命を預かる重要な立場にある。それゆえの理想と苛酷な現実のギャップ、自身の不甲斐なさに今作でも苦悩する。童顔で若々しい容姿からは想像も付かないが、本編後に誕生した日野美羽の祖である(!?)。真壁史彦への煮え切らない心は相変わらずの模様。く再婚すべき。なお今作ではい液体をぶっかけられる。

日野 CV:ゆかな

日野生との間に生まれた・美羽の母親となり、姓をめ育児に専念している。美羽の存在が生きる希望だが、その存在の特殊性から、が直面する状況に巻き込まれていくことに悩み苦しむことになる。が子を利用され失う恐怖に、元々強くもつ家族への情が輪をかけ、ある行動に繋がってしまう。

要澄美 CV:石川静

咲良。引き続きアルヴィスCDCでオペレーターの中核として活躍。再びファフナーで前線に赴くの選択に、悲嘆に暮れながらも気丈に責務を果たす。

羽佐間容子 CV:葛城七穂

正式にカノンの養となった。アルヴィスでは引き続きファフナーの開発担当研究を務めるほか、パイロットチームの教官も兼任。また、カノン戦闘スタイルに合わせ設計し直した専用機「ファフナーマークドライツェン」を開発した。

小楯保 CV:高瀬右光

アルヴィスチーフメカニック。妻と息子を失った悲しみから逃れるために浸りの生活を送っており、はそんな彼の世話を自的に行なっている。しかし、ファフナーから逃げることだけはせず、残存全機を使用可な状態まで修復を果たしている。

西尾行美 CV:京田尚子

西尾姉弟の祖であり、駄菓子屋西尾商店」を営むおばあちゃん。本編終盤に招聘されたとおり、実はアーカディアンプロジェクト古参の研究者であり、かつてアルヴィス建造や初期ファフナー開発の中心的存在だった。しかし、ゼロファフナーの起動実験が失敗し、夫婦を失ったことをきっかけに第一線から退いていた。ファフナーから逃げた自分と違い、逃げずに向き合った小楯保を高く評価し、今作では老をおして奮起する。

溝口恭介 CV:土師孝也

らが死亡フラグクラッシャー。最前線に限りなく近い場所を生身で突き進みながらTVシリーズを生き抜いたアルヴィスの要。今作でも「喫楽園〉」のマスターを続けており、一騎をうまく利用しての若い女性客を取り込みけていたりする。当然、特殊工作部隊員としての手腕は健在、終盤ではCDCからの揮もこなす。ぜひEXODUSでも持ち前の死亡フラグ破壊技術を生かして最後まで生存して欲しいものである。

真壁音(ミョルニア) CV:豊口めぐみ

一騎の真壁音と同化したマスターフェストゥムにして、ミールと拮抗する存在となった「独立共鳴核」。音の意志を引き継いで行動し、本編終盤にアルヴィスに協した。本作では来主操の属するミールに捕われながら、総士の精の保護に協している。解放され役を終えた時、その存在が還る場所は…。

劇場版からの新キャラクター

来主操(くるす・みさお) CV:木村良平 搭乗機:???

人間少年の形態をとっているが、染色体をもたない人のレプリカでありスフィンクスフェストゥム。ミール不在の中で、個として存在を望んだ最初の個体。ミールの意思とは別の彼自身の思考と感情を持ち、『がきれい』 と初めて認識した。自分の存在に理解を示した皆城総士に強い親近感を持ち、人類軍の核攻撃から命がけで彼を守った。総士の依頼とミールから与えられたある役割を果たすため、竜宮を訪れる。

日野美羽(ひの・みわ) CV:諸星すみれ

日野生・子夫妻の間に生まれた竜宮において30年ぶりの自然受胎で生まれた子供であり、今作で大きな役割を果たすキーキャラクター竜宮子供から更に進化した人類とも言える彼女は、異様に成長がいだけでなく、のミールと日常的にクロッシングを行なうことでそれとほぼ等しい特別な存在となっている。フェストゥムの言自然に理解し、別のミールと『おはなし』ができる。

イアンカン CV:てらそままさき

TVシリーズにおける人類軍の竜宮占領未遂に際し、捨石にされた兵士たちの一人。現在アルヴィスメカニックとして働いている。自分たちを受け入れてくれたに対して強い恩義を感じている。

ジェレミー・リー・マーシー CV:遠藤綾

イアンと同じく置き去りにされた人類軍の兵士の一人。現在アルヴィスのオペレーター。ストーリー終盤にはイアン共々への恩を返すため、かつて行われたある計画を模した作戦を立案するが…。

音楽

題歌
 「蒼穹 angela
挿入歌:さよならの時くらい微笑んで」
イメージソング:「FORTUNES」「理性と破壊へのプレリュード
【全曲】 歌:angela   作詞:atsuko 作曲:atsuko・KATSU 編曲:KATSU

関連動画

関連生放送

関連商品


関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%92%BC%E7%A9%B9%E3%81%AE%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%95%E3%83%8A%E3%83%BC%20heaven%20and%20earth

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH

112 ななしのよっしん
2015/12/31(木) 14:37:47 ID: fuvKh5G7aR
>>111
まだ見たことないんで内容を知らん
113 削除しました
削除しました ID: oMANI5nLGl
削除しました
114 ななしのよっしん
2016/01/18(月) 00:09:38 ID: 2iDpmiaYe2
前日譚載ってるムック本って品切れなんだね…
読みたかったな。EXOの補足話追加して、文庫で出してくれないだろうか。
115 ななしのよっしん
2016/01/25(月) 03:10:05 ID: xRwL+zBxnF
確かにファフナー重いって先入観あったから
RIGHT OF LEFT以降ちょっと敬遠してたんだけど
EXODUSたまたま見たらすごく面かったんで遡る形で劇場版も見てきたら
すごく優しさを感じる物語だった
116 ななしのよっしん
2016/01/30(土) 07:07:25 ID: mJxPXcSO2O
ファフナーは予断を持たずに見た方が良いしな
情報は後から入れるもの
117 ななしのよっしん
2016/03/05(土) 03:03:00 ID: mQYBbzC3j0
HaEの終わりは一騎の物語の終わりとしてはよろしいんだが、総士って人物を描き切ることはできなかったからEXOでの彼のありようが描写されたのはすごくよかった
この2人の物語こそがファフナー
118 ななしのよっしん
2017/11/29(水) 18:40:18 ID: dkghj8Vapj
>>lv308959525exit_nicolive
119 ななしのよっしん
2017/12/04(月) 03:50:06 ID: Bl3Bn82aZK
HAEニコニコはじめてかな?
120 ななしのよっしん
2017/12/09(土) 17:10:49 ID: xIMxa6Ecw5
>>118
二回です

http://live.nicovideo.jp/watch/lv198184953exit_nicolive
121 ななしのよっしん
2019/01/26(土) 11:41:41 ID: y3Rsfqb8ZI
4DX凄かった!
しぶきがぴったりな作品だった