蔡瑁単語

サイボウ

蔡瑁とは、古代中国後漢末期から三国志初中期にかけて活躍した大士・武将である。
後に軍都督となった。

概要・正史

蔡瑁の一族は古くから荊州一帯に割拠しており、その勢は蔡瑁の・蔡諷の頃からいよいよ盛んであった。

さて、劉表が詔勅により長江南即ち荊州一帯の定に着手した時、ここは群雄が割拠する戦国の世であった。
そこで劉表は荊州の有族蔡瑁とその謀臣蒯越・蒯良と共謀し、荊州北部の定に成功する。以来、蔡瑁は劉表の片腕として辣腕を振るい、その勢は蔡瑁の劉表の後妻に迎え入れられるとさらに強まった。

しかし劉表との間に子・琮をけることで事態は一変した。というのも劉表は既に違いの長子・琦を成していたためである。儒教の習いにより長子・琦が世継となることから、蔡瑁はや甥の允と画策して劉表や荊州臣民を懐柔し、さも琦より琮もが世継に相応しいと喧伝したのである。
その頃琦は中の不穏を受けて、黄祖甘寧に横殺された地・江夏の太守となり、この工作から逃れようとした。いよいよ劉表が危篤となると琦も任地から帰郷せざるを得なくなったが、先述の謀略が既に極まっていたために、琦は劉表の門より立ち入ること罷りならず、かくして琮が劉表の後を継ぐことになったのである。

北の強がこの機を見逃すはずがなかった。劉表の死没と断絶の後継争いに好機を見た曹操は間もなく大動員を発し、荊州に侵攻したのである。もとより傀儡で立てられた琮に覇気はなく、琮は直ちに降伏した。
降伏後、蔡瑁は曹操と旧知の仲であったため、蒯越・蒯良と共に高官として取り立てられた。元より荊州に大きな地盤を有し、長江近辺や軍諸法に詳しい蔡瑁はにあっても辣腕を振るい、長校尉・漢陽亭侯に取り立てられるなど、曹操と旧知であることを差し引いてもかなりの高官の位を得たという。
正史伝終わり。

概要・演義

筋書きはさほど変わらない。しかし劉備が一時劉表に身を寄せ、さらに琦に肩入れした際にこれを警し、劉備を暗殺せんと企んだエピソードが挿入されている。しかし駿・的を得ていた劉備はからくも的の健脚によりこの謀宴から逃れた。

その後は襄陽に落ち延びてきた劉備を射殺しようとする場面に登場し、魏延と争っている。の前戦では甘寧水上戦を繰り広げるが、の蔡勲を射殺されている。

また、その最期も演義にいて描写されている。長江を隔てて屹立していた孫呉、とりわけ周瑜での曹操との開戦に当たって蔡瑁のと彼に揮されて築いた塞を恐れ、蔡瑁を謀殺せんと曹操と蔡瑁に対し離間計を試みている。
この策は奏功し、蔡瑁は謀反の兆しありとして曹操に処刑されてしまう。才覚ある男の死は大きく、蔡瑁の死を以って連環計の確立、ひいては赤壁の戦いにおける側の大敗の原因の一つに数えられている。
さらに彼の一族の蔡和蔡中がこのことを利用して埋伏のとして軍に偽って投降するも、その際の不審な点を周瑜諸葛亮に見抜かれてあべこべに利用され、黄蓋の降伏を曹操に信じこませているエピソードが挿入されている。

である蔡夫人とその息子琮は蔡瑁が降伏した後用済みとして共に暗殺されているが、そのことに対して何かをしたという描写はい。

概要・仮想

三國志いては万将の扱いを受け、値は全て70前後、魅がある場合は50-60台を有している。
特に11では軍Sの上共にBであるため、文官の多い劉表軍においては戦のみならず陸戦でもを発揮する将となっている。劉表軍以外でも数少ない初期軍S持ちであるため、長江を挟んでに対峙する際には二の副将補となる。

一方の三国志大戦においては一貫してコモン・コスト1とSSQをまともに受けており、況や3においては武3・知3・強化戦法と遂に連環の小計も剥奪された小物となっている。しかも劉表の居る軍には登場していない。
なぜだ。(まあ、君の劉表も3ではいい扱いをされていないが・・・)
しかし新作の三国志大戦では軍として堂々と参戦。レアリティコスト共に1段階上がり1.5コストアンコモンに。特技こそないものの武6知6というコスト最高性軍版麻痺矢を背負って帰って来た。イラストもだいぶダンディに。

横山光輝三国志では劉備が的と共に蔡瑁から逃げる場面に一巻を割いており、前半の山場である劉表後継騒動の一環をなしている。
ちなみに蔡夫人は原作漫画では蔡瑁のアニメではとなっている。

蒼天では劉表同様チョイ役扱いであり、最期はに紛れて奇襲した甘寧ニイメンハオされてしまう。合

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%94%A1%E7%91%81

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

蔡瑁

22 ななしのよっしん
2017/06/10(土) 00:48:21 ID: /HXvL9MSaB
むしろ劉備を始末しなかったことが曹操)が中華統一できなかった遠因になるわけだし「劉表とその臣ども何やってんだよ・・・曹操に下るなら劉備の首とっとけよ!」とも言えるけどね(別に劉備が嫌いなわけではない)

まぁ劉備劉表なんぞにそう簡単に討たれるとも思えないけど
23 ななしのよっしん
2017/07/06(木) 19:43:01 ID: MmmwSHe8b5
さすがに話が飛躍しすぎだろ
24 ななしのよっしん
2017/07/09(日) 09:43:17 ID: oHw57EiC4Z
概要正史の欄、みっともないから消しとけば?

蔡瑁や甥の允と画策して劉表や荊州臣民を懐柔し、さも琦より琮もが世継に相応しいと喧伝したのである。→書にそんな記載はない
もとより傀儡で立てられた琮に覇気はなく、琮は直ちに降伏した→書では降伏を嫌がって臣下に説得されている
北の強がこの機を見逃すはずがなかった。劉表の死没と断絶の後継争いに好機を見た曹操は間もなく大動員を発し、荊州に侵攻したのである→
曹操と旧知である→書に記載なし(襄陽記の記載)

少なくとも「概要正史」とタイトルをつけるほど正史を読んでの記載とは言えないんだが
25 ななし
2017/09/14(木) 22:04:01 ID: SYW1zG13RG
伝のい人物の正史は内容薄くなるんだから「正史」を消して襄陽記なんかで補強した概要にしたら良いんじゃない。
演義と二次三次創作は分けたままにして。
26 ななしのよっしん
2017/11/14(火) 08:43:54 ID: w8UOB5Woi9
>>10
悪役としては主人公を危険視して策を練ったりキャラも立ってるしね
粗暴さを除かれて気の良い兄貴になったけど、勇猛さも除かれてヘタレキャラにされちゃった公孫瓚とは対照的

>>12
その前に「あんな者を信用して」と部下に苦言を呈されながらも
々は水上での戦に疎い、今はが必要だ」と登用する曹操義を伺わせる場面も描かれてたがな
捨てきれなかった「降伏したばかりの相手に対する疑心」を突いた周瑜の策が更に見事だった、っていう感じ
27 ななしのよっしん
2017/12/21(木) 16:21:48 ID: /HXvL9MSaB
創作物では蔡瑁諸葛亮の義理の叔父さんであることに言及されることが
まぁ黄承彦諸葛亮になったなんてこと自体が正史には書いてないことだけど
28 ななしのよっしん
2018/05/27(日) 19:00:01 ID: cWI4m4eZdH
日本史の人物に例えるなら北条義時って感じかな?
29 ななしのよっしん
2018/08/01(水) 21:41:21 ID: 9AJqFUgF2V
はたらく蔡瑁
30 ななしのよっしん
2018/10/09(火) 12:39:45 ID: mhHIoLkVod
>>29
はたらいた結果処刑されたがなw(演義)
31 ななしのよっしん
2018/12/31(月) 15:29:35 ID: vRn/wr0zxj
演義だと人格がゴミクズ以下にしか見えないな

急上昇ワード

2019/09/17(火)00時更新