薩摩単語

サツマ

薩摩(さつま)とは、現在鹿児島県西部にあった名・地名である。現代でも鹿児島のことを示す古として広く使われている。

薩摩国と薩摩藩

薩摩(さつまのくに)は、日本制で定められたのひとつで、成立は8世紀頃、西海に属する。九州の南端にある薩摩半島周辺がな地域とし、甑などの嶼部も含む。現在行政区分では鹿児島市薩摩川内市阿久根市指宿市などがその地域に入る。時代の中心地は現在の薩摩川内あたりであったが、後に鹿児島市に移っていった。

この薩摩を拠点とした島津氏が大いに威勢を振るい、後に薩摩(さつまはん)として江戸の終わりまで存続したことで、この「薩摩」という地名は日本の最果ての割にはとてもよく知られた名前となった。現代でも薩摩といえば鹿児島県を容易に想像できるほどである。ただし、薩摩および現在鹿児島県には旧大隅現在鹿児島県東部、大隅半島種子島屋久島などを含む)も入っているのだが、薩摩に対して大隅の知名度はとても低く、鹿児島全体が薩摩だと思われている節がある。

その他の薩摩

前述の通り、薩摩は鹿児島を示す言葉としてあちこちで使われている。他県の名と被らないように「薩摩○○」という名になっているものも多いが、本当に多すぎるのでここでは割愛する。

関連動画

薩摩に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

薩摩に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%96%A9%E6%91%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

薩摩

10 ななしのよっしん
2017/06/04(日) 12:50:26 ID: a+1jC2/cUo
水戸も、尾や紀州とべて少なすぎたから意地で過大申告して
後で苦しんだとか聞いたことが
11 ななしのよっしん
2017/09/28(木) 20:58:20 ID: Kxn4uTQkIW
過大に申告するという忖度
12 ななしのよっしん
2018/07/15(日) 15:42:43 ID: 202ui/btIB
ネットの影薩摩人っておっかない戦闘民族みたいなイメージ持ってたけど
薩摩焼とか薩摩錫器とか薩摩切子とかの繊細な工芸品を生み出してる一面もあるんだな
13 ななしのよっしん
2018/09/09(日) 17:08:03 ID: zIfJpnT4Rv
年と同じ一族が支配しただからきっと領民殿様を慕って懐いてるんやろなぁ
14 ななしのよっしん
2018/10/05(金) 05:35:45 ID: KQGD8DhnF5
知恵をつけた蛮族としか言いようがない宝のイリーガルな借返済法、好き。
最終的に置県で鹿児島県とは連続性がないという理屈で踏み倒すの、あまりにもぐう畜過ぎてを生やさずにはいられない。
15 ななしのよっしん
2018/11/11(日) 00:05:08 ID: odO/IH40hI
島津日新斎が野蛮な戦闘民族いろは歌やら門とかあの手この手尽くして
知恵と文化結束を身に着けさせたと思う。
16 ななしのよっしん
2018/11/11(日) 00:08:34 ID: FciXkLJJVH
その日新斎はどこで教養を身につけたんだ?
17 ななしのよっしん
2018/11/16(金) 00:00:57 ID: KQGD8DhnF5
島津は血の気が多いだけで、鎌倉以来の名門だから都会()に行って知識を身に着けるくらいは普通にやってたんやで。なお、知識を身に着けたからと言って別に血の気が少なくなったわけではない模様。
18 ななしのよっしん
2019/07/22(月) 10:42:47 ID: YprZkhBFES
日新いろは歌って、「大将たるものの徳」を重視した「一般論」の色合いが濃いように思える。

その実践については、島津義久の言動や、その後の「島津暗君し」という評価で裏付けは十分であろう。
明治以降でも、一般論であるが故に薩摩」に限らず「日本」を支える思想にそのまま適用できたし、実際、「陸の大山の東郷」に代表される、優れた大将を多数輩出。

問題点は、大将が決まらないと何も始まらない。
閥争いにはそんなに強くない気質なのかも知れない…
19 ななしのよっしん
2019/08/01(木) 15:14:42 ID: /ktRrLb2GG
秀吉九州征伐で島津薩摩所有を認めたのも、家康が関ヶ原で島津易しなかったのも、
言葉の訛りが酷く、噴火災害もよく起こり、も取れない薩摩をまともに統治できるのは島津一族ぐらいなのを、中央が理解していたからだろう

急上昇ワード

2019/08/24(土)07時更新