藤井システム単語

フジイシステム

藤井システムとは、将棋の戦法である。第24回将棋大賞升田幸三賞を受賞。

概要

四間飛を軸とした対守閣美濃居飛車穴熊対策として藤井猛九段が体系化した。

従来のし方は玉をまず美濃囲いに囲うのに対して、藤井システムは、居玉のまま飛香で攻める急戦戦法。

それまでの常識とされた「居玉は避けよ」「玉飛接近すべからず」という格言に反したし方をして、それが戦法として成立したことから将棋界の革命とも言われる。

居玉のまま攻めるという見たの分かりやすさとは裏に、状況に応じて三間飛や向かい飛への移行や居玉から一転囲うなど変化が複雑故にしこなせるのは藤井先生羽生先生だけとも言われる。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%97%A4%E4%BA%95%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

藤井システム

7 ななしのよっしん
2016/02/06(土) 01:45:37 ID: FUTbx9vmBh
木村八段が急戦にしないとは
後手システムへの急戦は分が悪くなってるのかな?
8 ななしのよっしん
2017/05/05(金) 02:11:44 ID: r2DMAdG01I
>>sm31088070exit_nicovideo

羽生三冠藤井システム藤井氏に勝利か。
将棋界は面いなw
9 ななしのよっしん
2017/12/17(日) 23:50:16 ID: jEUulNEDAg
勝又教授いわくこの戦法が凄いとされたのは居玉だからとか玉飛接近だからとかではなく、
それまで適当だった序盤の戦術に初手から一手一手意味を持たせたことが大きいらしい

すなわち藤井システム以前は「とりあえず囲います」→「囲ってからが本番、駒ぶつけてドーン」だったのが、
システム登場以降は一手一手それが必要な手、急ぐべき手なのかが吟味されるようになった
4八玉みたいな今までは損のない手、とりあえずしとけと思われていた手は、
実際には不急でもっと得な手があるだろうと考えるようになったのはシステムのおかげ
10 ななしのよっしん
2018/01/14(日) 00:31:24 ID: r2DMAdG01I
1日に藤井システム2連続で2連勝!
さすがは羽生竜王だね。
11 ななしのよっしん
2018/01/17(水) 18:52:01 ID: +e+f5cs3//
※9
これは鋭い。確かにその通りだね
序盤から一手一手に意味を持たせるようになった。より効率的な序盤の一手を探す様になったと思う
それが現代の急戦気味な潮を招いてるんだな。効率を招いた結果、長に囲っていられなくなった
しんみりやってるとあっと言う間に食い破られてしまう
12 ななしのよっしん
2018/04/23(月) 00:19:32 ID: d1LnAJxwuf
藤井システムについて調べてたら6三藤井システム(開発:羽生永世七冠)でビビった
やっぱ将棋人やな…
13 ななしのよっしん
2018/04/23(月) 01:17:43 ID: d1LnAJxwuf
しかし藤井九段はどうやってこれを構築、体系化させたのか
当時ソフトもなかったからどれが最善手とか全く分からなかったはず
寝る間も惜しんで将棋盤で常に研究していたんだろうか
そして自の駒の全てに相手側の駒を抑える、欲しいタイミングで動けるようになっているなどの意味がある
そっちもスゴイ
14 ななしのよっしん
2018/04/23(月) 01:33:14 ID: FUTbx9vmBh
ソフトが言うから最善手とか藤井が一番嫌うやり方だな。
藤井がやったのは序盤の全ての手の意味の言
15 ななしのよっしん
2018/07/27(金) 22:48:28 ID: WKpfR6m7nw
羽生へのQ&A
Q. 羽生先生の次に大好きな藤井猛先生を誉めていただけないでしょうか?
A. 創造の99%は既にあるものの組み合わせですが、藤井システムは残りの1%です。
引用将棋世界2017年2月号 P.49より)
16 ななしのよっしん
2018/12/15(土) 12:41:07 ID: WKpfR6m7nw
藤井システム開発年表的な何か
https://ch.nicovideo.jp/maru_magic/blomaga/ar1709142exit_nicochannel