藤原行成単語

フジワラノユキナリ

藤原行成(ふじわらの ゆきなり / こうぜい、972~1028)とは、平安時代中期の貴族・書である。

概要

藤原義孝の子。祖藤原伊尹摂政・太政大臣にまで昇進したが、生まれてすぐに祖を、数え3歳の時にを病で相次いで失う。身寄りのい行成は、方の祖であるの元で育てられた。こうした背景もあり、若い頃は殿上すらできず不遇だったが、一条天皇の御代になって、親友の俊賢の推挙されて蔵人頭に抜される(藤原実方との争いは後世の創作という説が有)。行成は最終的に大納言まで昇進、俊賢・藤原公任藤原斉信と共に四納言と称された。

行成ら四納言は長の側近として政権の中枢を担い、有職故実にも長けていたため、長からの信頼も厚かった。長の子を一条天皇に入内させるのに貢献した一方、一条天皇皇后定子の忘れ形見である康親王を護するなど、必ずしも長に追従したわけでもなかった。万寿4年の暮れ、行成は厠へ向かう途中で転倒し、不慮の死を遂げた。同日、最大権者にして長年重病に伏せていた長が病没し、世間はそのニュースで持ちきりだったため、行成の死はほとんど気づかれなかったと伝えられる。

行成は祖のように優れた和歌こそ残していないが、書のに優れており、小野藤原佐理と共に三の一人に数えられる。先述の有職故実については、彼の書いた日記「権記」に詳しく残されており、当時の宮中を知る重な史料となっている。行成は清少納言とも交流があったと言われ、「子」にもたびたび登場する。百人一首にも選ばれた清少納言の「をこめて のそら音は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ」は、行成に宛てた和歌である。これに対して、行成は「逢坂は 人越えやすき 関なれば 鳴かぬにも あけて待つとか」とド直球すぎる返歌を残している。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%97%A4%E5%8E%9F%E8%A1%8C%E6%88%90

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

藤原行成

1 ななしのよっしん
2017/08/30(水) 11:41:31 ID: bk6RDM0Zgd
清少納言と行成の歌を訳しておくと、

をこめて のそら音は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ」
君の故事のようにの鳴きまねをしても、私とあなたの間にある関所は越えさせませんよ。(あなたと男女の仲にはなりませんよ)

逢坂は 人越えやすき 関なれば 鳴かぬにも あけて待つとか」
あなたの関所はなんか鳴かなくても、最初から開けて待ってるって聞きましたよ。(あなたはチョロいってみんな言ってますよ)

という感じです。
清少納言インテリ全開な歌にくらべ、行成のドストレート礼さが際立つ返歌よ……。
2 ななしのよっしん
2018/01/17(水) 22:11:22 ID: wWq+HhU17q
>>1
お互い冗談言い合ってるだけだからセーフ

急上昇ワード