藤崎詩織単語

フジサキシオリ

藤崎詩織(ふじさき しおり)とは、恋愛シミュレーションゲームと言われた『ときめきメモリアル』の登場人物であり、メインヒロインを務めている。CV金月真美

概要

キャラ設定

詩織

成績優秀、スタイル抜群、容姿端麗、性格良好(?)、スポーツという 女の子というよりも人間としての理想、全知全にも似た完璧超人というキャラ設定で、そのためなのか彼女の持つ男性の理想像はか高く、 その難攻不落っぷりは今でもなお伝説としてり継がれている。ただし、悪い意味で伝説の多い彼女であるが、90年代を代表する人気キャラクターの一人であり、狂信的な熱心なファンは、シオニストをもじった「シオリスト」と呼ばれた。

ときメモの初代ラスボス

ときめきメモリアル』では、デートプレゼントでご機嫌取りする以外にもパラメータの増減が重要である。パラメータに応じて詩織以外のキャラクターが出現したり好感度が上下するようになっているのだが、詩織攻略するためには、全パラメータを一定値以上にもっていかなければならない(ストレスも一定以下にしなくてはいけない)。

このため、適当にパラメータを上げていると他のキャラも10人以上登場してしまい、必然的にたくさんのボマー爆弾魔)に囲まれることになる。これによりプレイヤーは、登場したすべての女キャラに媚びへつらいながらも藤崎詩織の好感度を一番高くもっていくことを要され、メイド顔負けのマゾ御奉仕プレイを強要される(もちろん攻略する前提の話)。

このような事から詩織は「ラスボス」と呼ばれている。
しかし、実際は歴代「ラスボス」の中で最も攻略が簡単であり、やり方さえ分かれば早乙女優美以外のほぼ全員を登場させることなくクリアまで持って行くことが可となる。

一番簡単なPS版で言うと、「1年はとにかく寝て」、「優美(と美原)が登場しても全く相手にせず」、「2年に徐々にパラメータを上げて」、「3年にパラメータを調整しながら詩織デートを重ねる」。これだけでクリアできるのである。
とにかくどんな場合でも寝る。これが一番重要だと言える。

続編以降は、メインヒロインは低難易度にされるようになり、詩織のような理想が高くて本人も優等生タイプというのは、『ときめきメモリアル2』の麻生華澄や『ときめきメモリアル4』の皐月優がそのポジションについている。

逆に『ときめきメモリアル Girl's Sideシリーズでは、メインである葉月佐伯桜井王子タイプとして要パラメータを高くしている。しかし、この中で詩織タイプといえるのは葉月佐伯ぐらいであろう。

クリア条件

健康状態を維持した上で、文系理系芸術運動130以上、雑学120以上、容姿・根性100以上で、尚且つ傷心度が低く、8回以上デートしていること。これらの条件をすべてクリアした上で、詩織の好感度を最高レベルまで上げることでようやく伝説の樹の下に現れてくれる。なお、条件がひとつでも欠けている場合は、どんなに頑っても詩織の好感度は最高レベルにはならない。

性格、素行

性格は良好、品行方正でにも優しく、公式サイトにも「からも好かれる心優しい美少女」とあるが、その本性はよく女王様に例えられるほどのドS

下校を誘った際の「一緒に帰って、友達に噂とかされると恥ずかしいし…」という断り文句はあまりにも有名(テレもあるのだろうが)。幼馴染が隣同士の主人公にこのセリフを吐き捨てるほど辛辣で、他にも好感度が低かったりデートに失敗すると、侮蔑の表情でプレイヤートラウマ過去の傷をえぐる様な神経を逆なでするセリフを容赦なく浴びせ、しばしばプレイヤープレイ意欲を根こそぎ刈り取ってくる。しかし、このSM女王様気質が逆に彼女の持ち味となっており、好感度が高い時と低い時のギャップを高く評価するも多い。

ただしこの台詞、実はプレイヤーシステムのことを言ってくれているため、大変ありがたいアドバイスなのである。

CDドラマシリーズなど本編以外の作品では設定に即した描写となっている。ラジオドラマもっと!ときめきメモリアル』では少し嫉妬深いところも見せ、幼馴染である主人公高見公人が(トラブル等の理由で)他のヒロインと一緒にいる場面に遭遇しやすく、そんな人に対して「ぷん!」と拗ねたりもする。

なお、『2』のサブストーリーズにもゲスト出演し、そこでは『2』の主人公とは大学同級生であり、「キャンパス女王」というニックネームを持つ役柄であった。他のサブストーリーズでも『1』と『2』のキャラクター同級生として共演していたが、『4』の発売でその同級生設定はなかったことにされた(PCエンジン版の設定に戻された)。

ちなみにその『4』に登場する皐月優の親戚筋にあたり、彼女の話によると詩織はどうやら幼馴染である『1』の主人公結婚して幸せに暮らしているようだ(ゲーム中に「詩織」の名前は登場しないが、中の人の発言により)。

バーチャルアイドルとして

96年から98年ごろにかけて、藤崎アイドルとしても活動していた。実は、世界初のバーチャルアイドルと呼ばれることもある 大手芸事務所ホリプロバーチャルアイドル伊達杏子より先に新聞でバーチャルアイドルとして特集されている(なお、実際の世界初は、藤崎でもなく、同じコナミウィンビーとみられる)。バーチャルアイドルとしてはアルバム「My Sweet Valentine」がオリコンで9位にランクインするなどそれなりの成功を収めた。 CDの他には、ラジオ番組に藤崎詩織としてゲスト出演したり、雑誌にインタビューを載せたりもしている。藤崎アイドルデビューは、伊達杏子デビュー時期がかぶり、 藤崎の成功と較されることで 大々的に売り出して大コケした伊達の傷口にを塗る形ともなった。ホリプロ伊達に対し、藤崎メディア展開にはナベプロが関わっており、2大芸事務所の対決と言う構図も存在した。
なお余談であるが、その当時ナベプロ繋がりであること以外全く関係のないバラエティ番組「上ヒロミのも」(フジテレビ系、199697年に日曜12時の「ナベプロ」で放送されていた)のエンディングテーマに藤崎詩織が歌う「教えてMr.Sky」が起用されていた。

バーチャルアイドル路線の評価はっ二つに分かれる。 

肯定的に批評されるのは、アイドル史の文脈からである。当時は80年代アイドル全盛期の後のいわゆる「アイドルの時代」が到来した後、モーニング娘より前の、アイドル歌手が振るわなかった時代である。そんな中J-POP全盛期オリコンランキングに突如登場した「アイドル」の存在は確かに衝撃的であった。 

 一方で、藤崎を売り込む対だったときメモファンオタク層には否定的な見方が多いようだ。そもそも、ゲームとしてときメモファンには、この時期のキャラクター商品の乱発に否定的な向きがあったし、そうでないファンからもコナミの迷走と見られることが多い。バーチャルアイドルとして出されたCDは、他のキャラクターソングと違い、担当声優の名義がい。つまるところ中の人などいないという形をとっているわけだが、担当声優はこれ以前からときメモの歌を歌っており、イベントファンの前にも立ったりもしていたので、いまさら中の人はいないといわれても理があるだろう。コナミとしては、藤崎をかつて80年代アイドル全盛期に存在したような清純アイドルとして育てたかったらしい(I/O1997年8月号増刊)が、 果たして、90年代に生きる若いファンたちが80年代アイドル再現など望んでいたのだろうか。

また、当時はオタクたたきのしい時代であるので、立つ活躍をした藤崎には世間一般からの当たりも強かった。  

バーチャルアイドル路線は商業的に成功したのは事実だが、そもそもときめきメモリアルという人気作品の関連商品でもあるため、それをアイドルとしての活動の成果と言い切るのは難しい。コナミ藤崎バーチャルアイドルとしての成功を喧伝していたが、藤崎キャラクターソングは、99年より後は担当声優名の併記に変更されており、コナミ自身も実際にはバーチャルアイドル路線を成功とは考えていなかったと見てよいだろう。

その他の活躍について

対戦ぱずるだまではラスボスを務めプレイヤーを恐怖のズンドコに叩き落したり、コアラと運命の対決を繰り広げるなど、 様々な意味で活躍している。

また、それだけでは飽き足らなかったのか、近年はオトメディウスXにまで出張している。しかもグラディウス外伝最強ボスの一「ヘブンズゲート(作中表記はHEAVEN'S GATE)」を自分仕様にする始末。そして、何よりもい。何もかもがいよ詩織

また、ときめきの放課後ではお姉さんぶった一面を見ることができたり、ドラマシリーズVol.3「旅立ちの詩」では本編とはまた違った彼女の一面を見ることができるだろう。未プレイの人はぜひ一度プレイしてもらいたい。

なんと、同社のラブプラスにもミニゲームであるが、対戦ぱずるだまの隠し対戦キャラクターとして登場していたりする。さすが、コナミ恋愛ゲームの大先輩

余談ではあるが、あのソリッド・スネークとは外見上は互いに二周りくらい歳が離れているように見えるが、実はスネーク1972年生まれでありなんとその差は6歳だったりする。ちなみに二人はマックスウェルの不思議なノートで登場している。

アーケードゲームボンバーガール」にも藤崎詩織ボンバーガールとして登場…したが、稼働開始直後にはバグが残っており、バグが理由による詩織のあまりにも悪な性コピペとして掲示板ツイッターなど広まってしまった事でも有名になってしまった(バグは翌日には修正済み)。

とりあえずイチからり付いて40戦ほどしてきた
もう散々られただろうけど詩織ゲーム崩壊の原因
本当に慣れてない詩織使いだとまだ詩織が植する前に殺せる隙があるが熟練の詩織使いは
丁寧に詩織レベル5作ってきて、その状態でマップ中央からこっちよりに近づかれると牽制に悪い噂バラまいて焦土爆撃しながら侵略してくる
悪い噂も発動されると周囲に衛星爆撃みたいな感じで爆弾がぶちまけられる
近づけないからこっちも牽制するけどおもむろに伝説の樹しはじめて告白
告白相手と二人で無敵になった挙げ句爆弾アホほどぶち撒けながら爆に包まれつつ自軍ベースに特攻してくる
そうなるともう駄こっちの対抗手段詩織爆弾で拠点沈むのただ見るだけ
勝つにはこっちも詩織をぶつけるしかない

スキルは好感度の高さで威が変わる『好感度ボム』、自分と味方一人を一定時無敵にする『伝説の樹の下で』、周囲に大量のボムをまく『悪い噂』。

関連動画

 

関連商品

脚注

  1. * 1978年PCエンジン版基準の年度となり、5月27日PCエンジン版の発売日であり、『プライベートコレクション』で設定されている誕生日となる。
  2. * これも『プライベートコレクション』で設定されている血液型である。

 関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%97%A4%E5%B4%8E%E8%A9%A9%E7%B9%94

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

藤崎詩織

170 ななしのよっしん
2019/02/10(日) 17:42:49 ID: NWZ9BB1LHU
正論だが相手が人格破綻者じゃそんなマジギレして説教たれてもわかんねえよ
171 ななしのよっしん
2019/03/04(月) 22:26:01 ID: A4YNMBUHLy
みんな詩織が好きなんだろ。
だからネタにするんだろ。
されてるんだろ詩織
172 ななしのよっしん
2019/03/28(木) 10:00:14 ID: +0ujX6dTEQ
容姿端麗、頭明晰、運動神経抜群で人望も厚い高根の幼馴染
が隣というだけで主人公を都合よく好きでいるだなんて事はあり得ない。
当時のゲームヒロイン主人公に好意を寄せていて当然みたいな
不文が存在する中、下校の誘いをあっさりと断る詩織の人物像は
実に革新的で衝撃的だった。自分を磨いて女の子を振り向かせる努をしよう
というゲーム旨に沿った正に作品を徴するヒロイン像だと今でも思う。
173 ななしのよっしん
2019/03/28(木) 10:25:49 ID: +0ujX6dTEQ
嫌われた時の台詞にしても、昨今の男にとって都合のいい願望や欲望を塗りたくった
大量生産されているヒロイン達とは一線を画した個性を確立してるとも言える。
所謂ツンデレ的照れ隠しではなく本物の嫌悪感を隠さずに容赦なくぶつけてくる生々しさは
血の通ったキャラクター性を確立している。女の子の綺麗な部分も怖い部分も
包み隠さず表現した事が今なおり継がれる二の魅を持つに至った理由だろう。
174 ななしのよっしん
2019/05/14(火) 04:30:45 ID: 0vT1gko5Hu
キモい掲示板だな
自分語りなら他所でやれ
175 ななしのよっしん
2019/05/27(月) 01:58:27 ID: uXhCnu2d9j
>>174
藤崎詩織についてってるだけでしょ
176 ななしのよっしん
2019/05/27(月) 20:48:23 ID: emC3SbwKrY
まあチョロくないからかえってすごいとも言える
177 超キュアナイト
2019/05/29(水) 14:04:27 ID: cgSyMlyAc7
確かに詩織に関しては今でも自分は好きになれないキャラですね。
本編で苦労の末告白エンディングを見た時、台詞の端々に『主人公が居たから他の男子生徒と付き合わなかった。』とか主人公の存在を理由にして言い訳染みたのを聞いた間思わず『その主人公を蔑ろにしていたのは何処の誰だよ💢』とツッコミをしてしまいましたよ😅
まあ本編で散々苦しめられた分、対戦ぱずるだま対戦とっかえだま殺しましたけどね。(使用キャラ虹野さん朝日奈さん等)😅
178 ななしのよっしん
2019/06/21(金) 00:37:25 ID: Ud7PTGyNn2
主人公嫌われ過ぎ動画主人公何したんだよというコメがあるが、デートに一回も誘わないと自然とああなるからな。
何もしなくてもああなる不条理。
179 ななしのよっしん
2019/06/25(火) 03:17:27 ID: qnzrAs9viW
好き嫌い以前に>>177みたいな頭の悪いって生きてるだけで損だね