藤本タツキ単語

フジモトタツキ
1.3万文字の記事
  • 27
  • 0pt
掲示板へ

藤本タツキとは、日本漫画家である。代表作は『ファイアパンチ』『チェンソーマン』。

経歴

1992年10月11日生。男性秋田県にかほ出身。

高校生の頃に「長門」名義で活動を開始。新都社などのWeb媒体で漫画開していた。2011年12月17歳)、『庭には二羽ニワトリがいた。』が漫画賞の最終補に残った。それをきっかけに(りん しへい)氏が担当編集に付いた。また、『ムリゲー』(「長門」名義)でジャンプ次世代漫画賞佳作を受賞。

予備校が近くにかったため、おじいちゃんおばあちゃんが通う絵画教室で油絵を学び、東北芸術工科大学美術洋画コースAO入試入学。在籍時には油絵では絵が上手くならないと思い、図書館にこもってクロッキーを描いていたという。また、当時はバイトをしておらず、数々の読切を投稿して賞生活費の足しにしていたという。その後、『ファイアパンチ』連載準備のため上した。

2016年4月18日少年ジャンプ+にて『ファイアパンチ』を連載開始。ジャンプSQ.の連載会議には2回落ちたものの、ジャンプ+に掲載された第1話はSNS等で大きな話題となり、少年ジャンプ+初期の読者数増加に貢献した。2018年1月1日連載終了。全8巻。

その後、担当の編集がジャンプSQ.編集部から週刊少年ジャンプ編集部に異動したのに伴い、週刊少年ジャンプでの連載の準備を始める。その間の期間に読切『』(ジャンプSQ.2018年6月号掲載)などを発表。週刊少年ジャンプ2019年1号から『チェンソーマン』を連載開始。2020年12月14日発売の2021年2号で連載終了。全11巻。それと同時にアニメ化制作MAPPA)と少年ジャンプ+での第ニ部掲載が発表された。

2021年4月、新作読切のためアシスタントを募集し、7月19日少年ジャンプ+に読切『ルックバック』を掲載。9月3日に『ルックバック』、10月4日に短編集『17-21』、11月4日に短編集『22-26』と単行本を3ヶ連続刊行。11月4日には初のノベライズとなる『チェンソーマン バディ・ストーリーズ』(小説・菱さかく)が発売された。このころ、MILLION TAGの特別審員や「ジャンプ漫画学校」の講師を務めた。

2021年10月22日、新作読切のためにアシスタント募集を開始。22年3月末に掲載告知4月11日少年ジャンプ+に読切『さよなら』を掲載。2022年7月4日に藤本タツキ原作遠田おと作画『フツーに聞いてくれ』を掲載予定。

チェンソーマン』第二部は2022年7月13日()よりジャンプ+にて連載予定。アニメ2022年の予定。

作風

まずテーマを決め、キャラストーリーに落とし込むという順序で漫画制作しているという。作業環境CLIP STUDIO PAINTWACOM液晶タブレット中学生の頃にタブレットを購入し、『佐々木くんが弾止めた』の賞液晶タブレットに移行したという。

作品の内容に関しては、映画的な構図や、予測不可能ストーリー展開が特徴として挙げられることが多い。また、『ファイアパンチ』『チェンソーマン』等の作品では人体損傷や出血などのグロテスクな描写が立つが、それに関してはインタビューで次のように述べている。

でもグロ描写も、グロければいい、ただグロ描写を描きたいと思っているわけではなくて、意識してやっているものなんです。はきれいな部分とか、優しいものを描くなら残酷な部分を描かないといけないと思っていて。そのほうが優しい部分に触れたときに、映えるじゃないですか。

「ファイアパンチ」藤本タツキインタビュー - コミックナタリー 特集・インタビューexit、p.2)

また、他作者映画マンガオマージュが多く、インタビュー等で元を明言することも多い(例:五十嵐大介『魔女』、弐瓶勉ABARA』など)。『ファイアパンチ』でクリストファー・ノーラン監督の『インターステラー』をオマージュした場面は、「映画秘宝2020年10月号のノーラン特集に掲載された。

人物

インタビュー等でを受けたものとしてられる作品は、映画漫画のみならず小説音楽など多岐にわたる。基本的に情報映画漫画から入手し、他にはYahoo!ニュース等のトップニュースを読むくらいで、ゲームはしないという。
 週刊少年ジャンプ2020年15号巻末の「藤本先生の好きな映画監督ベスト3!」では、1位イーサン・コーエン2位宮崎駿、3位にデイビッド・フィンチャーを挙げている。

女性キャラクターのアクの強さが取り上げられることも多く、それに絡めて自らの嗜好をったインタビューも複数存在する。
 ジャンプSQ.2017年7月号に掲載された沙村広明との「理想の女性ヒロイン)像」についての対談では、「はMなんですよ」「高圧的で理不尽な女性が好きです」「女性には男性より高い位置にいてほしい」とったほか、次のようなエピソード紹介した:

大学の頃に意地悪してくる女の子がいたんですが、ある日学校自転車がひっくり返っていたんですね。なんだろうと思っていたら、その女の子が「お前自転車をひっくり返してやったぞハハハ!」って言ってきて。はなんて幸せもんだと思いました。

また、「日刊藤本タツキ」第4号では「の好みはマキマみたいな、年上でイジメてくる人です。」とっている。

関わり

ながやま こはる

ファイアパンチチェンソーマンが好きな小学3年生で、藤本タツキの。授業でツイッターアカウントを作ったらしい。
おいしかったものをオススメすることが多く、その他にも身の回りの出来事をとりとめなく報告してくれる。ツイート内容には所々ツッコミどころはあるものの、何とものほほんとしたアカウントである。藤本タツキ先生のことは「お兄ちゃん」と呼んでいるようだ。

……という体で藤本タツキ本人運営しているアカウント

一見して本人のアカウントだと気づきにくいため、関係な第三者が運用するアカウントだと勘違いされることがしばしば。『ファイアパンチ』連載直前には、担当の編集でさえも「身内を騙る危険なアカウント」と勘違いしたほどである。
 :
藤本くんにくもヤバいファンがいる、訴えなきゃ」※「ながやま こはる」のこと
藤本「(あーどうしよう)それです
 :で?どうして?何のために?狽し、藤本先生を畏れるような顔で)

アカウント自体は2012年9月、すなわち連載デビュー作『ファイアパンチ』開始の約3年半前から存在している。ダ・ヴィンチ2021年4月号のインタビューによれば、「『タルパ』を作り客観性を持ちたかったのだが諦めた」のが運用開始のきっかけだという。

普段は「」という体を取ってはいるものの、漫画家・藤本タツキのアカウントとしての役割も兼ねているようである。『チェンソーマン』第1話exit『佐々木くんが銃弾止めた』exit掲載するなど作品の広報を行うこともあれば、作品の細かい情報(訳し忘れ、巻末コメントミスなど)や、自身の作品のオマージュ元の情報exitなどのツイートもある。『予言のナユタ』のナユタの画像を(自画像として)挙げるなど、ときどきイラスト投稿することもある。

WJ2019年26号『チェンソーマン』23話センターカラー裏「チェンソーマン大ずかん」では、当アカウントを「お得情報いっぱいの作者Twitter」として紹介している。チェンソーマン公式@CHAINSAWMAN_PRexit)はっ先に当アカウントをフォローしている。

さくらももこ作の『ちびまる子ちゃん』に同名のキャラクターexitが登場するが、関連性は不明。
pixivにも「長山小春exitアカウントが存在し、そちらでは日本勉強中のフィリピン人と名乗っている。

ちなみに、「長門」時代のTwitterアイコン小池徹平の顔写真だった。

作品

「長門は俺」名義

それ以外の名義

作品名 形式 備考
庭には二羽ニワトリがいたexit[1] 読切 Supreme Comic 大賞 第22回最終補作。結果発表ページ(アーカイブ)exit
2019/08/08ジャンプ+に再掲載
『17-21』収録
復讐 読切 Supreme Comic 大賞 season II 第4回最終補作。
開作。NIM[2]名義。結果発表ページ(アーカイブ)exit
正義の見方 読切 Supreme Comic 大賞 season II 第10回最終補作。
開作。藤本たつき名義。結果発表ページ(アーカイブ)exit
かみひこうき 読切 第3回クラウン新人漫画賞編集部特別賞。結果発表ページexit
開作。
佐々木くんが銃弾止めたexit[1] 読切 第5回クラウン新人漫画賞編集部特別賞。結果発表ページexit
なお、受賞時の題名は『佐々木くんが弾をとめた』だった。
『17-21』収録
恋は盲目exit[1] 読切 第9回クラウン新人漫画賞佳作。結果発表ページ
exit
ジャンプSQ.19」Vol.13掲載。雑誌デビュー作。
『17-21』収録
シカクexit[1] 読切 ジャンプSQ.19」Vol.14掲載。
再掲載時のタイトルは『シカク-ShiKaKu-』。
『17-21』収録
予言のナユタexit[1] 読切 ジャンプSQ.2015年8月号掲載。
ボイスコミック化(前編exit後編exit
『22-26』収録
人魚ラプソディ 読切 ジャンプSQ.19」Vol.17掲載。
『22-26』収録
ファイアパンチ 連載 少年ジャンプ+、16/04/18~18/01/01連載。
全83話、全8巻。第1話exit
目が覚めたら女の子になっていた病exit[1] 読切 少年ジャンプ+に掲載。元はWEBに掲載された漫画
『22-26』収録
読切 ジャンプSQ.2018年6月号掲載(バックナンバーexit
19/05/02、19/08/08にジャンプ+に再掲載
『22-26』収録
チェンソーマン(第一部) 連載 週刊少年ジャンプ2019年1号2021年2号連載。
全97話、全11巻。
MAPPA制作によるアニメ化が決定。
ルックバックexit 読切 21/07/19、少年ジャンプ+に掲載。143P。現在は途中まで無料
8月2日、不適切な表現があるとの摘を受け、作者側からの申し出により該当部分が修正された(ソース1exitソース2exit)。
9月3日発売のコミックスでは再度修正が施された。
さよなら 読切 22/04/11、少年ジャンプ+に掲載。200P
フツーに聞いてくれ 読切 2022/07/04開予定。
原作担当。作画ファイアパンチ執筆時のアシスタント・遠田おと氏。
チェンソーマン(第二部) 連載 少年ジャンプ+で2022/07/13()~連載予定。

[1]…『ファイアパンチ』連載時に特別読切として配信された。読むには30ポイントが必要。
[2]…NIM名義のpixivアカウントexit。NIMとは長門→Nagato Is Me→NIMという意味だと思われる。

イラスト提供・応援イラスト

受賞など

作品名 形式
かみひこうき 読切 第3回クラウン新人漫画賞編集部特別賞
佐々木くんが弾止めた 読切 第5回クラウン新人漫画賞編集部特別賞
盲目 読切 第9回クラウン新人漫画賞佳作
ファイアパンチ 連載 このマンガがすごい!2017オトコ編・3位
マンガ大賞2017・8位
チェンソーマン 連載 みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞 2019・9位
次に来るマンガ大賞 2019 コミックス部門・2位
このマンガがすごい!」2021オトコ編・1位
第66回小学館漫画少年向け部門
ハーベイ賞2021 Best Manga部門
ルックバック 読切 このマンガがすごい!」2022オトコ編・1位
Twitterトレンド大賞・審議委員会特別賞(2021)
マンガ大賞2022・2位

インタビュー・コメント

本記事の記述の多くは、「日刊藤本タツキ」と以下の関連するインタビューを参考にしている。

日刊藤本タツキ

 『チェンソーマン』3巻発売記念企画として2019年8月2日から8月15日にかけて配信された(特設ページexit)。
 編集のインタビューの一部は自身のTwitter上で読むことができるが、藤本タツキインタビューページ現在削除されており読むことはできない。
 平氏質問箱exitによれば、インタビュー集の出版は難しいが、短編集を企画する際に併載することは検討するとのこと。(追記:結局、短編集に併載されることはなかったが、日刊藤本タツキをまとめた小冊子が抽選で当たるTwitterキャンペーンexitが実施された)

インタビュー 藤本タツキインタビュー 開日 内容
1号 2019/08/02 佐々木くんが弾止めた
第2号exit 2019/08/03 盲目
第3号exit 2019/08/04 シカク-ShiKaKu-
第4号exit 2019/08/05 予言のナユタ
第5号exit 2019/08/06
第6号exit 2019/08/07 が覚めたら女の子になっていた病
第7号exit 2019/08/08 庭には二羽ニワトリがいた。
第8号exit 2019/08/09 ファイアパンチ
第9号exit 2019/08/09 チェンソーマン

その他のインタビュー・コメント

タイトル 開日 備考
【インタビュー】藤本タツキ『ファイアパンチ』ネットでも話題騒然になった第1話・衝撃的なネームを超特別公開!!exit 2016/06/09 ファイアパンチ』の誕生秘話や第1話のネーム、自らの幼少期について。
【第13回】ファイアパンチ担当編集インタビューexit 2016/06/30 編集へのインタビュー藤本氏との出会いや、新人時代のエピソードなど。
「ファイアパンチ」藤本タツキインタビュー - コミックナタリー 特集・インタビューexit 2016/07/04 ファイアパンチ』1巻発売記念のインタビュー戦略的なマンガづくり、意味のあるグロ描写、作品のす所など。
ショッキングなのは当たり前!? 新進気鋭の漫画家・藤本タツキ先生に『ファイアパンチ』のこれからの展開を聞いてみた!exit 2016/08/06 ファイアパンチ』の展開や好きなアニメについて。
【インタビュー】藤本タツキ『ファイアパンチ』 1巻ごとにジャンルが変わる!? トガタの登場は計算された「裏切り」!? その真相に迫る!! | このマンガがすごい!WEBexit 2017/02/27 連載開始の経緯、1巻単位ストーリーを考える、など。
藤本タツキ×沙村広明奇跡の対談exit 2017/06/02 ファイアパンチ』5巻発売記念、沙村広明との対談。
ジャンプSQ.2017年7月号にこれとは別の「ヒロイン編」が掲載。
大人気漫画『ファイアパンチ』の作家・藤本タツキがフィギュアスケーター・羽生結弦描き下ろしに初挑戦!exit 2017/08/16 キシリトールガム企画羽生結弦を描き下ろした際のインタビュー
紹介ページexit
コメントexit
不明 出身大学の「社会で活躍する卒業生」のページ
藤本タツキが『地獄楽』キャラをぶった切る!│ ジャンププラスexit 2019/06/10 交が深い賀来ゆうじ『地獄楽』についてのインタビュー週刊少年ジャンプ2019年28号で『地獄楽』が出張掲載された際にはに別のインタビューも掲載。
賀来ゆうじが先生が『チェンソーマン』に秘められた魅力を斬る!!│ ジャンププラスexit 2019/06/10 ↑のインタビューの逆バージョン
集英社の林さんに聞く、編集者から見た今の時代の作品の作り方exit 2019/11/01 平氏に対するインタビュー。『チェンソーマン』にも触れられている。
電話インタビュー 2019/12/21 ジャンプフェスタ2020内のチェンソーマンステージにて。読者から寄せられた質問への回答など。聞き手は諏訪部順一
JUMP新世界漫画賞講座アーカイブス【第33回】審査員:藤本タツキ先生 公安4課に緊急要請! 悪魔的読切術をハントせよ!exit 2020/01/04 週刊少年ジャンプ2020年1号4号に連続掲載。
【第66回】担当作家 藤本タツキ先生Q&A!exit 2020/07/02 編集による、藤本先生に対するQ&A漫画家す人向けの記事。
COMIC NEWS 7月号exit 2020/07/27 店員向けのメディアCOMIC NEWS」から、編集によるツイートアシスタント事情など。
「チェンソーマン」300万部突破、藤本タツキからのコメント&イラストもexit 2020/08/04 チェンソーマンは「邪悪なフリクリ」「ポップアバラ」をして描いており、その他にも自分の好きな作品を詰め込んでできているとのこと。
『チェンソーマン』と現代のヒーロー像 「少年ジャンプ+」編集者・林士平インタビュー Vo.1exit 2020/10/12 編集に対するインタビューの前編。全文は有料。
バズはHP、MPは増えない 「少年ジャンプ+」編集者・林士平インタビュー Vo.2exit 2020/10/19 ↑のインタビューの後編。全文は有料。
JUMP新世界漫画賞講座アーカイブス【第43回】審査員:藤本タツキ先生 掴め!操れ!兇暴技術!! 画面構成の悪魔と契約せよ!!exit 2020/11/02 週刊少年ジャンプ2020年44号~47号に連続掲載。
小説『涼宮ハルヒの直感』発売記念企画 SOS団の100人応援コメント第5弾exit 2020/11/19 谷川流小説涼宮ハルヒの直感』発売記念企画にて寄稿されたコメント
スペシャルインタビュー(「このマンガがすごい!」2021) 2020/12/14 このマンガがすごい!」2021に掲載。同誌では、これに加えて現在しているマンガなどについてのアンケートにも回答している。
ビデオメッセージ 2020/12/19 ジャンプフェスタ2021のジャンプスタジオにて。アーカイブし。
『チェンソーマン』ファンアートコンテスト結果発表exit 2021/02/25 ファンアートコンテストの結果発表。各イラストコメントが付けられている。
日経エンタテインメント!2021年4月号:特集「広がる『少年ジャンプ』ワールド」exit 2021/03/04 少年ジャンプ特集に際して実施された1ページインタビュー
ダ・ヴィンチ 2021年4月号:『チェンソーマン』藤本タツキインタビューexit 2021/03/05 チェンソーマン』第一部完結記念のインタビュー。4ページに渡り、着想のきっかけ、物語の構成、キャラクター造形などについてられている。
故郷から学んだこと|幼少期の思い出exit 2021/03/23 秋田市文化創造館の開館に際して寄稿されたエッセイ。秋田県にかほで過ごした幼少期を述懐する。
『描きたい!!を信じる 少年ジャンプがどうしても伝えたいマンガの描き方』ジャンプ作家アンケートexit 2021/04/05 ジャンプ編集部による作家へのQ&Aアンケートに対する回答。回答の一部exit
Interview: Chainsaw Man Creator Tatsuki Fujimotoexit 2021/04/21 Anime News Networkによるインタビュー。全文英語。『チェンソーマン』連載準備時の状況・第ニ部の展望・アニメ化への想いなど。
地獄楽 解体新書(賀来 ゆうじ)exit 2021/04/30 地獄楽』の公式ファンブック。賀来ゆうじ先生と藤本タツキ先生の対談が掲載されている。
『チェンソーマン』第2回キャラクター人気投票結果発表!!exit 2021/04/30 人気投票結果発表。結果へのコメントと描き下ろし漫画1Pが掲載。
アフタヌーン 2021 7月号
特別寄稿『チェンソーマン』藤本タツキ氏、『青野くんに触りたいから死にたい』のススメ
exit
2021/05/25 椎名うみ『青野くんに触りたいから死にたい』8巻発売記念企画にて寄稿されたもの。2ページ。ピンナップも同時掲載。
MAPPA STAGE 2021exit 2021/06/27 アニメ第一弾PVの発表、事前Twitterで募集した質問への解答など
藤本タツキ×林士平が語る、漫画家と編集者がタッグを組む意味 「ひとりで描いてるようで、そうではない」exit 2021/08/15 漫画家発掘バトルオーディション番組「MILLION TAG」に絡めたインタビュー編集者漫画家の関係について。
チェンソーマン 破壊と再生(Rolling Stone Japan vol.16 特集)exit 2021/09/25 チェンソーマン』を中心に藤本タツキ作品を24ページにわたって特集。藤本へのインタビュー(8P)、編集へのインタビュー(6P)、POP LIFE : THE PODCASTメンバー談(8P)。
スペシャルインタビュー(「このマンガがすごい!」2022) 2021/12/09 インタビューに加えて描き下ろしイラストなども掲載。

出演情報

関連動画

長門」名義でニコニコ動画投稿していた頃の動画先生なにやってんすか

YouTubeにも動画がいくつか存在する(→チャンネルexit)。

公式動画

関連生放送

2017年6月2日21:00開始の地獄のミサワ「いいよね!米澤先生」連載終了記念生放送電話出演した。自身でアップした動画を除いてのの出演はこれが初めてだと思われる。

関連商品

単行本

ノベライズ

・挿絵を提供している。

カバー絵

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 27
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%97%A4%E6%9C%AC%E3%82%BF%E3%83%84%E3%82%AD
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

藤本タツキ

313 ななしのよっしん
2022/04/22(金) 18:36:40 ID: bl+RGh8f/X
ツイッターバカ読者の「作品使って大喜利してるスゲー」感は異常
314 ななしのよっしん
2022/04/23(土) 01:14:19 ID: CG8ZUsr175
Twitterで高尚な議論なんて期待しても駄だよなあ
この作者の作品の醍醐味は読んで自分がどんな感情になったかがすべてだと思うんだよね
感想の共有とか確認なんて全く意味を成さない
ツイカスどもがやってることは極まりない
あつらはサブカル
315 ななしのよっしん
2022/04/24(日) 21:20:52 ID: XzTxibl0iW
あそこは「藤本タツキ天才!それにべて小な自分は...」の歓喜を共通意志として数の命が一つの命のようにうごめきのたまってるらだし...
多分漫画どころか情報すら読んでないぞ
316 ななしのよっしん
2022/04/28(木) 15:57:08 ID: jXSRRg7gof
>>lv336676842exit_nicolive

317 ななしのよっしん
2022/05/01(日) 03:45:38 ID: 26K0SB8q5S
チェンソーマン2、やるとしてもアニメ放送中くらいかな
318 ななしのよっしん
2022/07/04(月) 12:20:21 ID: BWU3B3x7Q3
「フツーに聞いてくれ」で一部の考察がキレ散らかしてるのなんだ
先生意は分からないが、こういう作品を輩出してくれるから藤本タツキ先生は推せる
319 ななしのよっしん
2022/07/04(月) 12:53:09 ID: CG8ZUsr175
 キレてるは普段から間違った漫画読みかたしてるだけだよ
 考察って作者の本当に言いたいことなんて知ろうともせずに自分だけ気持ちよくなってるようならばっかりだから
320 ななしのよっしん
2022/07/04(月) 12:59:54 ID: TdTs+KNsVL
あのレベルの「考察」ってもはや陰謀論みたいなもんだしな
あと何気ない日常を描いた作品を深読みして陰な方向へ持っていこうとするタイプも結構いるよね
321 ななしのよっしん
2022/07/04(月) 13:16:16 ID: XzTxibl0iW
フツーに聞いていたのは告白した女だけだった、って現代社会におけるレッテル張りへのアンチテーゼオチだったのは良くも悪くも「らしい」けど、作画側がなんとか藤本タツキに寄せすぎてインフレレベルに見づらくなってるのがなんとも
322 ななしのよっしん
2022/07/04(月) 13:27:19 ID: sGKp2Vo0dl
何も考えずに読んだら絵がタツキに寄せまくってることなんて関係ないのに
そこで読みづらいとか感じてんのもまんまとフツーに読めてないよ
タツキがいいなら絵を寄せようが寄せまいが作画自由だろ

おすすめトレンド