藤枝MYFC単語

フジエダマイエフシー

藤枝MYFCとは、を中心とした静岡県志太榛原地域42町を本拠地とするJ3リーグ所属のサッカークラブである。

なお、42町とはの他に、島田焼津市/牧之原の3吉田町/根本町の2町となっている。

概要

日本サッカークラブ
藤枝MYFC
基本情報
創設年 2009年
運営法人 株式会社藤枝MYFC
所在 静岡県
サッカークラブテンプレート

サッカークラブ育成オンラインコミュニティ「MYFC」を運営体としたサッカークラブである。

ただ、運営しているトップチームについては

という2つの歴史がある

このページでは、その2つの歴史についてりながら、藤枝MYFCがどういう経緯を持ったクラブなのかを述べていく。

サッカークラブ育成オンラインコミュニティ「MYFC」誕生

サッカーブログで有名な株式会社J.プレイヤーズにより企画される。
2008年10月10日β版を立ち上げ、同年10月16日に正式にサービスを開始した。
J.プレイヤーズの社長であり、当クラブの代表者でもある小山によると「どうやったらネット日本サッカーを強くするために使えるのか」という考えから、この企画が持ち上がったのだという。

そのサービス内容は

というものである。

もともとこの形態のサッカーチーム運営は、既にイギリスにて先行例があった。
ただ、J.プレイヤーズはそのままイギリスでの手法を日本でやっても上手くいかないと判断し、日本にあった形で運営するために企画を練り直すことになった。

それから2008年11月7日運営するチームの第一補として静岡県リーグ1部の「ネルソンCFクラブ・デ・フットボール)」が挙がる。しかし、あくまでも補なので、交渉も含めて正式に合意に至るまで、クラブは引き続き並行して運営チーム補を探していくことになる。

この項目の参考文献

F.F.C.(旧・トップチーム)

2009年1月16日、MYFCはネルソンCFトップチームとして静岡県リーグ1部に参加することが正式に決定する

当時は決定されるまで、東北リーグ1部のNECトーキンサッカー部(現:NEC TOKIN FC)や中国リーグのデッツォーラ島根なども運営チーム補に挙がっていたほか、MYFCが一からチームを作って運営していくという意見も多かった。
だが、オーナー投票の結果としてネルソンCFチーム体にすることが決定し、また、新しい監督として釜本邦茂の就任が決定し話題となった(ただ、当の釜本は「実際にはスーパーバイザー的役割」と述べている)。
一方、チームトラアウトも行われ、元・ガンバ大阪の選手だった磯も参加していたことで、こちらも話題となった。

その後、チーム名が「藤枝MYFC」に決まり、ネルソンCFと同じくホームタウンと定めた
からJリーグ入りをクラブが誕生したのは、アビスパ福岡の前身であるブルックス以来となる。

後に、釜本が名上からも正式に監督から降り、後任としてヘッドコーチ兼選手だった斉藤俊秀が選手兼任の形で就任する。新チームとなって臨んだ静岡県リーグ1部では8勝1分1敗、その内5点も獲った試合が4試合exitという圧倒的な成績で1位となり、このままいけば東海リーグ昇格を懸けた東海社会人トーナメント大会もあっさり突破するものだともが思っていた…

が!

そんな思いにを差すような事件が起こってしまった。

4月26日に割り当てられた「本田浜松サッカーvs FCアスルクラロ沼津」の試合の運営当番をすっぽかしてしまったのである。

実は静岡県リーグでのリーグ戦の会場毎の運営は、それぞれカテゴリにおいて所属するチームが当番することになっている。もちろんすっぽかした以上は何らかの厳罰が下る。

最終的にチームへの厳罰として、1位だった最終順位が5位にまで降格することになった。なお、この事件についてクラブは、地元メディア静岡新聞に先に報道されており、その後に報道内容を認める形で表した

当時、藤枝MYFCは2012年Jリーグ入りを掲げていたのだが、この事件によって東海社会人トーナメント大会に出場できなくなり、土壇場のウルトラCでもい限り、その標は潰えたも当然(当時の体制が弱いこともあり、JFA優遇制度を利用した飛び級挑戦も事実不可能であった)。クラブは次の標を掲げることになるのだが…(と記事作成は思った)。

翌年2010年クラブは突如としてある情報を発表した。

それは、2010年の新体制として、東海リーグ1部の静岡FCと合併するというものだった。ただ、合併前の静岡FCは既に志太榛原地域をホームタウンにしようという構想を持っていたこと(2003年静岡市清水が合併したことで清水エスパルス静岡市クラブとなったことが原因と推測される)、また、藤枝MYFCの姿勢や考え方に共感したことから、合併の合意に至ったのだという。あと、静岡FC練習場の拠点のひとつが、フットサルスタジアムであったことも理由として挙げられるようである。

とはいえ、いきなり寝な話ではあるし、合併相手の静岡FCNPO法人静岡市Jリーグチームを作る会」も関わっていたクラブだった。そして何より、最大の懸念として、当時の静岡FCには限りなく黒に近い黒な人物がいたexitのである。ただ、MYFCによると、静岡FC側からの資本関係、役員派遣などはなく、一切を託された形で統合した」とのことである。

その後、東海リーグの総会で、藤枝MYFCと静岡FCの合併が静岡県リーグ1部のチームネルソンCFチーム体である藤枝MYFC旧・トップチームを残すことと登録名に統合の名残として『静岡』を入れること(表記は漢字でなくても良いらしい)の二つを条件として」承認される。

これで、京都府アミティSC京都よろしく、静岡FCチーム体とする新・トップチームネルソンCFチーム体とするセカンドチーム(旧・トップチーム)という新体制がスタートする…と思われたが、クラブ

静岡県リーグ一部チームに関しましては、東海一部チームでの藤枝MYFC表記がありますので、チーム名を変更し、運営(株)藤枝MYFCから変更の方向性で模索していきます。」参考文献exit

とのことだった。

クラブが選んだ体制は当初、アミティSC京都のような体制でもなく、格上のプリマハムFC全に吸収合併した水戸ホーリーホック(旧:FC水戸)のような体制でもなく、クラブ体(の一つ)ともなってくれた旧・トップチームクラブから切るというものだった。

しかし、結局、旧・トップチームクラブから切られることはなくめて新・トップチームの受け皿という役割(=実質セカンドチーム)を任されチーム名を「F.F.C.」に変更した

だが、旧・トップチームは、中々メンバーが集まらなくなったことが原因で2010年シーズンを以って解散となった

この項目の参考文献

藤枝MYFC(新・トップチーム)

日本プロサッカーリーグ
藤枝MYFC
基本情報
創設年 1970年
クラブカラー 色、
ホーム
スタジアム
総合運動公園サッカー場[]
ホームタウン を中心とする静岡県志太地域42町
前身 静岡FC
サッカーチームテンプレート

一方、静岡FCを前身とした新・トップチーム「shizuoka.藤枝MYFC」。
(※ちなみに静岡FCの前身のやまき屋クラブ1970年に創設されたチームである。)

合併元年である2010年シーズン東海リーグ1部に臨む。
JFLから降格してきたFC刈谷が最大の懸念であったが、12勝3分1敗と圧倒的なを魅せつけ優勝する。
しかし、全国地域サッカーリーグ決勝大会(以下、地決)ではグルージャ盛岡PK戦負けしてしまったことと、三洋電機FCに2-5と敗したことで一次リーグ敗退となった。

翌年の2011年シーズンリーグ戦では12勝2分という敗ぶりを魅せつけると、地決では3戦全勝(うち1PK勝ち)し一次リーグを突破、決勝ラウンドへ進出する。決勝ラウンドでは1勝1PK勝ち1PK負けの成績でJFL自動昇格内である2位に入り、昇格を決める。

そして、翌12月の16日に、JFL理事会にてJFL入りが正式に承認された。JFL昇格に伴い、チーム名を「藤枝MYFC」に称する。

JFL初年度となった2012年は序盤は絶不調。第11節終了時点で7敗3分と、くも降格最有補となってしまった。第12節に初勝利を挙げるも、第20節終了時点で4勝13敗3分と予断を許さない状況であった。しかしJFL空気に慣れてきたのか、ここから流れが変わる。第21節から第28節までの成績が5勝3分と上がりに調子を上げていき、その後2連敗するものの残り3試合は2勝1分とし、最終的には11勝14敗7分で10位と、JFL初年度にしてはまずまずの成績となった。ちなみにHonda FCとの静岡ダービーは2連敗という結果となった。

JFL2年は序盤こそは良かったものの、徐々に失速して2ケタ順位に終わってしまった。静岡ダービー天皇杯予選決勝でHondaを倒して静岡県代表の座を勝ち取ったものの、リーグ戦では1分1敗と勝ち得ることはできなかった。なお、この年のJFLを以ってJ3参入が決定したことによりJFLを退会することになる。しかし、J3参入をさない且つプロ契約選手が一人もいないHondaが18チーム中5位だった一方で、枝は13位と前年より低い順位となった。リーグ戦で、天皇杯予選で倒した相手よりも大きく下回った順位であることは正直辛いものである。

J3ではより厳しい制約を課せられた上での戦いとなる。これまでの成績をバネに一つでも飛躍していけるかはクラブ関係者次第である。

この項目の参考文献

関連動画

関連商品

藤枝MYFC公式サイト:ファンゾーン「グッズ販売」exit

関連コミュニティ

関連項目

クラブ公式サイト

藤枝MYFC 公式サイトexit

関連サイト

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%97%A4%E6%9E%9Dmyfc

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

藤枝MYFC

1 記事作成主
2011/12/17(土) 20:27:23 ID: e5fV9uJQP2
もし、間違っていたり、足りなかったりな部分がありましたら、是非、修正及び加筆をしてくださいませ。

さて、どのくらいで添削されるかな…。
2 ななしのよっしん
2012/04/27(金) 11:43:20 ID: E5HOuqLF+3
思ったより充実してるなー
がんばれ!
3 ななしのよっしん
2015/09/11(金) 19:36:54 ID: 7Nk9eOW7kb
ジャイアントキリングおめ
95回天皇杯2回戦
藤枝myfc 4-2 清水エスパルス
4 ななしのよっしん
2019/06/13(木) 22:14:49 ID: hnK5zlI1jW
昇格圏内である順位が見えているけど、サッカー場ってJ2スタジアムの基準を満たしてるの?

急上昇ワード