藪の中単語

ヤブノナカ
2.5千文字の記事
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

藪の中(やぶのなか)とは、芥川龍之介の短編小説である。1922年(大正11年)発表。

曖昧さ回避

概要

山科の藪の中で、ひとりの男の刺殺体が発見される。その事件を巡って、検非違使が集めた関係者の言がられるのだが、捕らえられた多襄丸という盗人、清水寺で懺悔する男の妻、そして巫女の口を借りてる男の死霊、三者の言がそれぞれ、「多襄丸による他殺」「妻による心中未遂」「男の自殺」と食い違い、相は明らかにされない、という形式の短編。

相は藪の中」という言葉のにもなった、芥川龍之介の代表作のひとつ。下敷きとなっているのは『今昔物語集』に収められている「具妻行丹波大江山被縛」の説話。また作品の構成に『悪魔の辞典』で有名なアンローズ・ビアスの短編「明かりの」の摘されている。

中村光夫と福田存による論争をきっかけとして、これまでに多数の謎解きが試みられているが、結論は今のところはっきりしていない(後述)。

著作権が切れているので、青空文庫でも読むことが出来るexit

主な収録文庫

登場人物


 最初の言者で、男の死体の発見者。現場の状況について検非違使に説明する。

法師
 殺直前の男の撃者。男が女を連れて歩いていたことを言する。

放免
 多襄丸を捕らえた人物。法師の言と多襄丸の所持品の一致から、犯人は多襄丸であろうと進言する。


 男の妻である砂の。男とその妻の身元について言する。

多襄丸
 中に名高い盗人。田口で落して呻いていたところを放免に捕らえられ、取り調べを受ける。
「女を自分のものにしようと、け話で誘い出し、男を縛って女を強姦した。その後女に『このままでは生きていかれぬから、どちらかひとり死んでくれ』と言われ、女を手に入れるために男を解放決闘し、男を殺したが女には逃げられた」という言をする。
 ちなみに「多襄丸」という盗人は同じ芥川の中編『偸盗』にも登場している。


 被害者である金沢の妻。清水寺に保護されており、懺悔という形で事件をる。
「多襄丸に強姦された後、それを見ていた夫の眼が自分を蔑んでいるのに絶望し、心中を企てて夫を殺した。しかし自分は死にきれず、こうしておめおめと生きながらえている」という言をする。

金沢
 事件の被害者で、若狭の府のであり、砂の夫。死霊となり、巫女の口を借りて事件をる。
「多襄丸は強姦したあと、妻を連れて行こうと口説き始めた。妻はそれにいたばかりか、『夫を殺してくれ』と多襄丸に頼んだ。しかし多襄丸もこれには色を失い、妻を蹴倒し『あの女を殺すか』と自分に問うた。しかし妻は藪の逃げ出し、多襄丸は自分の持ち物を盗んで去っていった。残された自分は妻の落とした小自殺したが、小かが持ち去って行った」という言をする。

検非違使
 事件を調べている人物だが、作中に直接は姿を現さず、常に聞き手に回っている。

真相に関する論争

焦点は「多襄丸、砂、武の三人のうち、真実っているのか」、「三人ともをついているなら言が最も真実に近いのか」である。三人の言はそれぞれ現場の状況との矛盾摘することが可であり、またひとりが犯人だとすれば、残るふたりが何故「自分が殺した」と言するのか、というが残る。

この作品の相については、まず「真実は不可知であり、それを探ることに意味はい」とする福田存、海老名井英次、志村など)と、「芥川相を用意していたはずであり、真実は解き明かせる」とするに別れる。

相は存在する」においても、多襄丸犯人説(中村光夫、佐々木恩田陸など)、犯人説(大里恭三郎高宮壇など)、武自殺説(大久保田太郎熊倉千之、上野など)に別れ、統一見解は出ていない。

変わり種の説としては、現役国語教師ホームページ鬼火exit)において、「「藪の中」殺人事件公判記録exit」と題して、裁判形式で相を探ろうとするものがある。また同サイトには管理人の担当した生徒による推理も掲載されており、いずれも上記の三種の説とは異なる結論を導き出しているため、併せて参照されたい。

映画

1950年黒澤明によって『羅生門』のタイトル映画化され、ヴェネチア映画グランプリを受賞したことで黒澤明の名を世界的に高める作品となった。演は三船敏郎マチ子、之、志村喬など。芥川の「羅生門」からも一部の要素が取り入れられているが、原作はあくまで「藪の中」である。

ストーリーは細かい現場の状況の差異などを除けば概ね原作に沿っているが、映画では最後に杣売り(原作での木り)が全てを撃していたとして、事件の相がられるという形式になっている。

他にも「藪の中」を原作とする映画内・海外にいくつかあるが、一番有名なのはやはり『羅生門』である。また多襄丸を役としたオリジナルストーリー映画『TAJOMARU』が2009年制作された。

関連作品

関連商品

「藪の中」の収録されている文庫

こちらは映画

現在新品で入手できる「藪の中」推理の載った本。その他の本は図書館などで。

関連動画

朗読動画で聞いて楽しむもよし、読書のお供にするもよし。

映画の『羅生門』はこちら。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%97%AA%E3%81%AE%E4%B8%AD
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

藪の中

40 ななしのよっしん
2018/02/14(水) 06:00:52 ID: OeF0BDGDzu
今から3年前にこんな記事で一人で大暴れしていたガイジがいることに人間の業の深さを感じるわ
41 ななしのよっしん
2019/01/16(水) 13:18:00 ID: Vmfk6aRuTa
相は藪の中とか言ってるやつ頭悪すぎwwww藪じゃダサすぎるだろ闇だよ気づけよwww
とか大に言ってるようなを見ると あぁ、学がいってのはこういう事を言うんだなぁと悲しい気持ちになる
42 削除しました
削除しました ID: CcMd/k7Msv
削除しました
43 ななしのよっしん
2019/06/20(木) 23:59:04 ID: n3s2qPK8C5
>>41
そういえば藪の中」でGoogle検索すると、そういう感じのどや顔で書いてあるアメブロがかなり上の方に出てきてたなぁと思って試しにまたググってみたけど、今は2ページまで下がってるな
よかったよかった。そのまま電子のへ消えてくれちゃっていいぞ
44 ななしのよっしん
2019/07/11(木) 00:04:43 ID: xgrDpDYORG
平安時代版、嘘松強姦殺人事件
45 ななしのよっしん
2020/06/16(火) 00:53:52 ID: gM/yiNQk4E
この作品の本質犯人なのかではないと思うのよ
登場人物各々がる決して美しくも立でもない物語に隠された、未知の相への恐怖だと思う
最初は相が知りたくて読み進めていくんだけど、登場人物の物語はどれも自分の罪やカッコ悪さを露で覆い隠していて、それでもなお醜い。
これですらまだで覆い隠されているだけマシと言えるのなら、相はどれほど酷いものなのだろう、と心に思い浮かんだ間、のあたりまで底の見えないに浸かっていたような気分になる。
数あるサイト映画羅生門のような安易な『答え』を出してしまうのは言っちゃ悪いがに思える。
相は未知より怖くないから、知らないままの方がホラーとして面い。
46 ななしのよっしん
2021/05/02(日) 11:23:35 ID: fv+8zrzdUR
いけどそれだとすっきりしないからなぁ

とある推理小説で言ってたが
作品である以上客に満足してもらう必要があるから答えが必要
推理作品としては客が延々と推理できるよう答えを出さないのが一番素晴らしいがそれは商業的な作品としては駄になる
47 ななしのよっしん
2021/06/11(金) 12:27:59 ID: GtY5vXUZSy
>>43
気になって見てみたら、そもそも事実関係を調べるための情報が足りない・得られないみたいな状況に対して藪の中と言うのはなんか違くね?ってに読めた。この場合は闇の中でもたいして間違ってないと思うぞ
48 ななしのよっしん
2021/12/12(日) 13:39:41 ID: EQkwNf5HQY
>>46
これは推理小説じゃないぞ

映画だと杣売りが相を話す形式だけど、面いのはその杣売りですら自分にとって後ろめたいある事を隠そうとして話さなかったんだよな(聞き手からそれを摘される)
49 ななしのよっしん
2022/02/14(月) 16:43:22 ID: rNdzDpBP1g
盗賊の話でうわあ…ってなったけど、妻の話で!?ってなって夫の話で何だこれwwwってなった
思うに大正辺りに流行ってた私小説というか暴露小説への当てこすりのように感じる、絶望的な暴露話でも、視点を変えてみればただただ醜いだけの話でしたよ、みたいな

急上昇ワード改