虫除け単語

ムシヨケ

虫除けとは、に以下のものをいう。

  1. を寄せ付けないための手段や品のこと。
  2. などを寄せ付けないための呪術や守り札のこと。

本稿では1について解説する。

概要

蚊とミク

蚊取り線香帳、網戸、防剤なども大雑把に言えば虫除けの一種と言えるが、現在は「虫除け」といえば身体に塗ったりスプレーしたりするものや、玄関や網戸のそばにるしたりするものをすことが多い。

ディート

スプレー剤の多くは「ディート」という物質を成分として含む。これはアメリカ陸軍がジャングル戦でダニなどによるマラリアデング熱の蔓延を防止するために開発したもの。

ディートの効果メカニズムについては不明な点も多いが、実はバリアのように跳ね除けるのではなく、センサーを狂わせてそこに居ることを気づかせないようにする、ステルス迷彩のような効果があるとされる。そのため、ムラく塗り伸ばさないと塗り忘れた部分を狙ってバッチリ刺されてしまい、なし芳一のようなに遭う。また効果は数時間で切れるので、長時間効果を得るためには定期的に塗り直す必要がある。

ミストタイプジェルタイプスプレータイプべて塗り広げやすく、成分を吸い込む危険が少ないので、小さな子供のいる庭などにはこちらがおすすめ。

日本国内では規制のため成分量が12%までのものしか販売することができなかったが、2014年内で起こったデング熱騒ぎ、2016年リオ五輪で騒がれたジカ熱などの影もあり、2016年から成分量の規制30に緩和された。日本国内のなら低濃度のディートでも十分に効果があるので、攻撃的ながウヨウヨしている海外や、マダニなど様々なに刺される可性がある山遊びに行く場合に高濃度の製品を選択肢に入れると良い。

ディートは濃度や肌の敏感具合によっては肌を荒らすことがある。そのため近年はディートと似た作用を持ち、肌を荒らしにくい「イカジン」という新しい成分を使った製品も増えてきている。

ディートを使わない虫除けとしては、ハーブの成分を使ったものが流である。ハーブの匂いはそもそも植物自身がに食われないように発しているものであるため、にとって悪臭かガスのように感じられるようだ。

空間虫除け

網戸にスプレーしたり玄関にぶら下げたりする虫除けは「虫除け剤」と呼ばれる。こちらは殺剤の成分が薄く長く蒸散するようになっており、これで虫除けの効果を得ている。・・・はずなのだが2015年には消費者庁が「通しがいいと成分が空気中に留まりにくく、効果の表示根拠としては不十分である」ことから、品表示法違反にあたるとして再発防止の措置命を出している。

また、多くの消費者が勘違いをしているが、こちらはを除けるための製品ではない。パッケージを見れば分かるが、対となるのはユスリカ(川辺などで柱になってうじゃうじゃ飛んでるアレ)、チョウバエなどの「不快」であり、ハエなどの「衛生」ではない。肌にかけるような虫除けスプレーなどとはそもそも性質が異なる製品であると理解しておく必要があるだろう。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%99%AB%E9%99%A4%E3%81%91

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

虫除け

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 虫除けについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!