蛮野天十郎単語

ゴルドドライブ

蛮野天十郎(ばんの てんじゅうろう)とは、特撮ドラマ仮面ライダードライブ」に登場する科学者である。
演:森田成一

ついに手に入れたぞ・・・。究極の概要を・・・!

ブレンロイミュードの所持していたタブレットに存在していた意識体。そして詩島霧子詩島剛の実の父親でもある。
剛は彼をロイミュードから奪うために一時期ロイミュード側に潜伏していた。
機械に意識が保存されているという事実は、ベルトさんの現状と似通っており、それをベルトさんドライブドライバーの技術を盗んだ」と断じている。
ロイミュードの全てが分かる究極の頭」と言われており、その言葉通りロイミュードの生みの親。生前の彼は自らの生んだロイミュードによって処刑されている。
先述の通り一時期剛と行動を共にしており、ベルトさんとの共闘を拒む彼の姿勢を尊重してか剛は未だ特状課と距離を置いていた。
しかし39話にて、遂に自ら特状課に潜入。ベルトさんの剥き出しな敵意を他所に、特状課に自らの正体を明かし、協を要請するが・・・。

蛮野天十郎の真意とはなに

39話にて、突如としてライドブースターコントロールを強奪。
ドライブピット荒らしまわって逃走、仮面ライダーたちに急襲を仕掛けドライブ変身解除に追い込んだ上で、自らの手先であるロイミュードベルトさんを強奪させる。
その的はベルトさんドライブドライバーの複製。自らのアジトに持ち帰ったドライブドライバーを複製し自らの意識を移しただけでなく、進ノ介がベルトさんを奪い返した時にはドライブドライバーは既に蛮野に改造されていて・・・

その後も、メディックの進化を手助けするとき、実際は進化を果たした際メディックに施した細工により自らの操り人形に堕としてしまうなど、そのやり口は人類のみならずロイミュードにすら受け入れられないものである。
メディックの進化により約束の数がったと断言する蛮野だが、遂にハートは蛮野に対し本格的な手段に出る・・・

生前の蛮野はどのような人物だったのか

かつて存命時はクリム・スタインベルトの親友であった。
機械生命体ロイミュードを開発しており、クリムの研究成果である駆動機関コアドライビア』を搭載させてもらえないかとクリムに懇願し、結果ロイミュード完成させてしまう。
しかし、蛮野はその仲を決裂させる決定的な事態を引き起こしてしまう。

15年前、とある青年実業は蛮野の研究への出資の話を断った。
それにを立てた蛮野は、その青年実業の姿をロイミュードに複製させ、そのロイミュードに対して実験という名の拷問、八つ当たりをしていた。
その蛮行を撃したクリムは蛮野を見限り突き放す。が、蛮野の暴走は止まらず、ロイミュードに悪の心を植え付け、結果的にロイミュード進化させてしまう。
なお、この時に青年実業の姿を複製させられたのがハートロイミュードである。

その性格は傲慢で独善的。他人を然と見下し、自分を受け入れない人間復讐を働こうとしている。
機械に己の魂を移した後でもそれは変わらず、人類・ロイミュード双方の大敵である。
蛮野に手を貸してしまったことを未だに悔いて、その死後も事態解決のために奔走しているクリムとは違い、彼は自分の行いに何一つ罪悪感など感じていない。

なお、担当声優森田成一氏は生前の蛮野も顔出しで演じている。
これはクリム・スタインベルトを担当したクリス・ペプラーと同じである。

彼の野望を砕いたものとはなに

ベルトに自らの意識を移し、ロイミュードの身体を手に入れ、後述のゴルドドライブとなった蛮野。
その的は、クリムのコピーであったロイミュード004に製作させたシグマサーキュラー」CV藤村歩)による第二のグロバルフリーズ。だが蛮野の的は全世界の静止に留まらない。その的は、シグマサーキュラーに搭載されたもう一つの「人類のデータ化」である。
後述の通り、実際彼は人類をデータ化することができる。この技術を用いてロイミュード同様に全人類をデータ化、さらに体を与えるかどうかすら己が管理することにより、事実上自らの理想世界を構築する世界征服を行おうとした。

第一段階として、「約束の地」と称した場所で進化ロイミュード4体のシグマサーキュラーに注ぐ。このとき発生する余剰エネルギーメディック一人に逆流させ爆散させることで、自身へのロイミュードの反逆を根絶するという、蛮野からすれば一石二の蛮行であった。メディックを自らの傀儡としたのもこれが的であったが、その論見を看破したブレンの捨て身の作戦により失敗に終わる。
この時ロイミュード004も余波で爆発四散したが、シグマサーキュラーの段階が進んだことで有頂天になっていた蛮野は意に介さず、約束の地へと向かった。最初の場所は単に周囲を出し抜くためのダミーに過ぎなかった。

実際の約束の地とは、グロバルフリーズ跡地に建てられた特防センタービル。
同ビルを占拠、その最上階にシグマサーキュラーを配置し、センタービルのエネルギーを吸わせることでシグマサーキュラーを全に覚醒させようとする。
その前に立ち塞がった仮面ライダーハートメディック両名は共同戦線をる。そのうち蛮野の相手を買って出た剛に対し、仮にも自らの息子であるにも関わらず「自分の生み出したものの中で一番の不出来だった」と断言している。
蛮野の電磁フィールドから他の者達を救うために負傷し、それを押して出撃していた剛は蛮野を止められるような状態ではなかった。
しかし、剛をい蛮野に特攻したチェイス・・・その想いが剛に宿った時、蛮野が想像し得なかった事態が発生した。
本来仮面ライダーマッハでは有りえないイレギュラー変身を果たした剛は仮面ライダーチェイサーマッハという未知の形態に変化。
チェイスの死にざまを駄死に」と侮辱していた蛮野は、皮にもその死が剛にもたらした奇跡により圧倒されていき、重加速もバイルコアのがれ、必殺技の撃ち合いは剛にっ向から破られて遂にロイミュードのボディは爆発四散した。
全てを失ってなお、ドライバーは稼動しており、グロバルフリーズのどさくさに紛れて機を回復させようとした蛮野だったが、その前には「重加速に対応したシフトデッドヒートを所持していた」剛の姿、そして彼の手にはフルスロットルに達したシンゴウアックス―――

《イッテイーヨ!》

振り上げられたシンゴウアックス
傲慢な態度のままで醜く命乞いをする蛮野だったが、最剛には聞く理由は欠片もなく、無慈悲に振り下ろされたによりベルトは大破。こうして他者を見下し、他者を利用し、他者を弄んだ蛮野は、その弄んだ者たちの感情―――、友情、そしてそれらを弄ばれたことによる正しき怒りのもと、断罪されたのだった。

以上のように、蛮野は「仮面ライダードライブ」という作品の中で、ロイミュードではないにも関わらず死亡退場という末路を迎える存在となった。
しかし、そもそも蛮野という男は先述の通り一度死亡しており、残っていた存在もデータとして移植された意識のみであり、純人間として該当させられるかは疑わしい。その辿った経緯、人の身を捨てた存在ということもあってか最法の裁きで収まる存在ではなく、人類の大敵という組みに入ってしまっている。
これまで「仮面ライダードライブ」という作品に登場していた悪人は、あくまで死亡退場させず逮捕という形で決着をつけ、もが犯した罪を法の下に裁かれ、罪を償わされている。これは警察官として「罪を犯した人間逮捕する」という泊進ノ介の意思が非常に大きい。
蛮野はその「法の裁きを受けるべき人間」という領分をえてしまったため、剛の手によって死亡退場という末路を迎えたのだろう。

ちなみに、ドライブドライバー劇場版シンゴウアックスにより砕かれている。
そのコピーであるバンノドライバーもシンゴウアックスにより砕かれており、シンゴウアックスは妙にベルト破壊に縁がある。

 (0\R/0)<これからはゴルドドライブと呼べ!        \蛮野ォ!!/

蛮野は40話でベルトさんを複製して作り上げたドライブドライバー=バンノドライバーに意識を宿しており、ロイミュードに装着させることでそのロイミュード乗っ取り操ることができる。
ロイミュード006コアを破壊し、自らがロイミュードを操ることで変身させた色のドライブが「ゴルドドライブ」。
仮面ライダードライブの特徴であるタイヤが基本状態では存在せず、機械的なパーツに置き換えられている。メインカラー色、複眼は

色の身体はロイミュード進化態を想起させるものであり、実際ゴルドドライブは進化態に匹敵するされ、進化態の「約束の数」に数えられている。
タブレットに意識を移している間にもできたことだが、ベルトの状態で触腕を伸ばすことが可であり、ベルト状態でロイミュード数体を時に殲滅している。
また、仮面ライダーマッハゼンリンシューターをその触腕で奪い、即座に自らの手元に召喚しているが、これはデータ化と復元により分解・再構成していることが明かされている。ドライブではタイヤを装着していた部分に装備されている「ゴルドコンバージョン」にこの働きがある模様。参考までに、タブレットの状態で被害者の少女データ化からの再構成により素を抜き取り一命を取り留めさせたを見せたこともあった。

ゴルドドライブにもドライブ同様のシフトレスが存在し、変身には必要としないが、仮面ライダー側のシフトカーシグナルバイクを強奪し、それを自身のに転用することもできる。そのため、シフトカーを借りて戦うドライブや、シフトカーシグナルバイクへの依存度が低くても武器を使って戦うマッハチェイサー相手には常に優位に立っていた。
武器を奪わずとも、ドライブシステムを利用した高速の格闘術にベルトからの触腕、エネルギー波遠近隙のない攻撃手段を所持しており、恐るべきを持つ。また、ドライブの必殺キックに酷似した必殺技を持っている。

本作のクレジット公式サイトでは「ゴルドドライブ」の名で記載されており、仮面ライダー」の名は冠していない。これは全なる悪が仮面ライダーのガワだけを複製して製作した偽物であることが少なからず関係しているだろう。
また、見出しの通りその姿を現した時には「これからはゴルドドライブと呼べ!」としたが、劇中の登場人物ほぼ全員から「蛮野」呼ばわりをされ、希望通りにゴルドドライブと呼ばれた事はほとんどなかった。せめてお前らだけでもちゃんとゴルドドライブと呼んであげよう。

前々作「仮面ライダーウィザード」の「黙ると死ぬベルト」に倣い、ベルトが本体の蛮野は「黙って死ねベルト」と言われている。

おや、関連動画じゃないか

「いっていい・・・ってさ」 待ってくれ!剛!待て!待つんだ!落ち着け!止めろ!止めろ!剛!あ!ああ!あああぁぁぁ!あああああああぁぁぁぁ!

なお、彼の本体ともいえるバンノドライバーはプレ蛮プレミアムバンダイ限定販売である。
詳しくはこちらexitご丁寧にもおすすめ商品にシンゴウアックスが選ばれている。
イッテイーヨ!ごっこに熱が入り過ぎてリアルドライバーを壊してしまわないように注意。

理解したろう関連項目? 関連商品は無駄死にした。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%9B%AE%E9%87%8E%E5%A4%A9%E5%8D%81%E9%83%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

蛮野天十郎

405 ななしのよっしん
2018/07/14(土) 00:24:11 ID: fRzR9QgR/G
そして森田成一さんの演技すげえわ、後半に成るとハートの蕨野さんや剛役の稲葉さん、論進兄さん竹内さんがヒートアップしていくのにも関わらずこの人も外道ムーブかますから、どれに注したら良いか訳分からん状態でした。
406 ななしのよっしん
2018/09/01(土) 03:04:34 ID: UzTTbvjP4T
⊂[<((‾⊥‾))>]⊃<遂にガンバライジングへの参戦が決定したぞ剛!

イッテイーヨされまくりそうな未来が見えるけど嬉しい
407 ななしのよっしん
2018/09/02(日) 23:09:11 ID: x9FRgZUN4I
                   ◇ <イッテイーヨ!
                   /
               〇ノノ <逝っていいってさ
                |
               <\ 
待つのだ剛!> ⌒
408 ななしのよっしん
2018/09/26(水) 21:30:02 ID: YXGDBj6QA5
何だかんだいい悪役だった
409 ななしのよっしん
2018/10/04(木) 22:24:30 ID: TH3T4YPDBX
どうして色なのに「汚い」「下品」と思う感じに見えるんだろう
キャラ的にはそう思わせるのは大成功なんだが
410 ななしのよっしん
2018/10/17(水) 21:03:30 ID: j0kd3/ZNEP
ゴルドドライブ=悪い方のバンブルビー
411 ななしのよっしん
2018/11/19(月) 22:34:29 ID: KxynqdlKzt
上手く言えないけど色は美しさや気高さ、戦隊追加戦士的にも特別な存在感を表してるって感じだけどゴルドドライブは自己徴みたいな

鎧武メッキと言い、中身っぽなのにやたらでかくてドスい殻を隠すための自身が一番優れてるからこそ色が相応しいと思い込んでるって感じ




412 ななしのよっしん
2018/12/23(日) 17:38:39 ID: 9CVCu0+DuH
関係だけど漆器を思い出した
い漆の上に箔を貼る→箔の下は漆黒色でどすい本性を隠し飾る
413 ななしのよっしん
2019/02/15(金) 10:35:24 ID: Dl0qIPNCOy
ゴルドドライブ救世主
ロイミュードを生んだことで自ら変身する元を作られることになった
ロイミュードのお陰でメガヘクスを壊滅さした
薄汚いロイミュードは自らの手で始末する
お父さんに頑ってる父親ライダーの鑑のような存在
息子にも優しくアドバイスする父親の鑑
自らの発明だけではなく他人のも採用する度量
人類を管理することで最低最悪の魔王阻止しようとした

やっぱ救世主だわ
414 ななしのよっしん
2019/03/21(木) 09:59:32 ID: KAIqoiwC6X
私のビジュアルをパクるとは許せんよなご

急上昇ワード