蜘蛛の糸単語

クモノイト
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

蜘蛛の糸とは、

  1. そのまんまの意味。蜘蛛が吐き出す糸。
  2. 芥川龍之介の短編小説
  3. 筋肉少女帯による楽曲。

本稿では2.について記述する。

概要

芥川龍之介」による児童向けの短編小説で、1918年に発表された。国語の教科書などにもたびたび掲載されるなど、有名な作品となっている。

これまで様々なメディア化がなされており、例えば2011年には原正俊監督のもとで映画にもなった。

既に著作権の保護期間は終了しているため、無料で読むことができる(本記事下部「関連リンク」参照)。

原作について

地獄変』『鼻』『』『藪の中』『羅生門』など、芥川龍之介の作品にはなんらかの古典説話を元にしているものが少なくないが、本作もまたアメリカに移住したドイツ仏教学者「ポール・ケイラス」(Paul Carus)が1894年に雑誌『The Open Court』で発表した『Karma, A Tale with a Moral』という仏教説話集の中に元になったと見られる話があることが発見されている。

この『Karma, A Tale with a Moral』はくも翌1895年には「長谷川武次郎」により『Karma, A Story of Early Buddhism』と題されて挿絵付き英文書籍(いわゆる「ちりめん本」)として出版された。このとき各節に題が付き、カンダタに関してられる節は『The Spider-web』(すなわち「蜘蛛の糸」)とされた。

そして3年後の1898年には、同じく「長谷川武次郎」の発行として、鈴木太郎鈴木大拙)の翻訳版『因果の小』も発行されており、『The Spider-web』のタイトルは『蜘蛛の糸』と翻訳されたのである。

その5年後の1903年にはアメリカの「The Open court publishing company」から『Karma, a story of Buddhist ethics』とさらに題されて自産の単行本も販売されている。

芥川龍之介は以上のうちいずれかを読んだ上で、前述のような他の古典説話を原作とした作品と同様、翻案する形で短編小説『蜘蛛の糸』を書きあげたのではないか……と思われるわけである。『因果の小』版では原文での盗賊の名前「Kandata」に「犍多」と漢字を当てているが、芥川版でも全く同じ「犍多」という漢字表記となっているため、おそらく『因果の小』が元になっているのだろうという推測が成り立つ。

ちなみにロシアの文「レフ・トルストイ」も雑誌『The Open Court』を購読していて『Karma, A Tale with a Moral』に感銘を抱き、ロシア語翻訳して雑誌に発表したという。これがトルストイ自身の作品であると誤解されてフランス語訳やドイツ語訳もなされたとのことである。

ケイラスはこの事についてトルストイに手紙を送っている。これがきっかけでこの二人が交わした書簡の中で、ケイラスが「『Karma』の物語は、私が様々な典を元にして書籍『Gospel of Buddha』を編纂していたときに、私の精から産まれたものです」と言った内容を記しているため、この記述が正しければ『The Spider-web』も含めた説話集『Karma~』でられた説話のそれぞれは古典説話を集めたものと言うより、典を研究していたケイラスが典の精を抽出して創作したものだと推定されている。

サルヴァーティヴァーダ学典の中に「仏陀が微笑むとが起こり、その地獄にまで届き、そこで苦しんでいた亡者を活気づける」といった説話が見られるとのことで、ケイラスがこういった典を読んでいたことが『The Spider-web』の創作につながったのではないかという話もある。

あらすじ

釈迦がある時、何となく地獄の様子を見てたら、苦しむ罪人たちの中にカンダタ(犍多)という男を見つけた。生前のカンダタ極悪人だったが、一度だけ小さな蜘蛛を踏み殺すのを思いとどまり見逃してやったという善行を働いたことがあった(それは善行と呼ぶのだろうか…)。

そこで釈迦カンダタを何となく極楽に導いてやろうと、一本の蜘蛛の糸を地獄に下ろした。一散に蜘蛛の糸を登り始めるカンダタだが、ふと下を見ると数の罪人たちが自分の下から続いてくる。このままじゃヤバイと思ったカンダタが「てめぇら下りろ!」と言うと、その間糸はプツンと切れて、罪人たちは再び地獄に落ちてしまった。

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%9C%98%E8%9B%9B%E3%81%AE%E7%B3%B8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

蜘蛛の糸

83 ななしのよっしん
2020/06/04(木) 10:27:42 ID: VhXD34FXSN
まあ、仏教の正式な経典ならともかくこんなのはしょせん芥川とかいう昔の三流小説家の書いた駄作にすぎん
おかしな点は芥川アホだからでファイナルアンサーしとけばいい
84 ななしのよっしん
2020/06/04(木) 10:41:55 ID: p9TxKat0+o
を三流扱いはさすがに
格が人間様に優しくしないのは解釈違い()です!ってはっきりお気持ちしようぜ
85 ななしのよっしん
2020/06/30(火) 14:00:34 ID: 1fbyzg3n1A
要するに、他の極悪な亡者が登ってくるのを阻止してないのがおかしいという批判だな
しかし、突然狙った場所で糸を切れる神通があるなら、
極悪な亡者だけ地獄に投げ落とすのは、簡単じゃね
問題はまず先頭の男を救うかどうかだろう
86 ななしのよっしん
2020/07/01(水) 02:57:11 ID: Pm4X7fwQjo
芥川とかいう昔の三流小説家の書いた駄作
いやこれは元々ははてしなく歴史の古い宗教説話だぞ
ラマゾフ兄弟の中にそっくりの話(天使がお婆さんネギを差し出した話)があるだろ
トルストイにもあってロシア民間に広く伝わっていたことがわかる
北欧南欧キリスト教説話にもある

それをアメリカ人が仏教説話化したものを、さらに芥川小説化したものだが
途中の経緯だとか大本の起はいまだにわかっていない
87 ななしのよっしん
2020/07/02(木) 20:53:31 ID: IojU0Es3P/
友達はいないからノートの絵を描く
友達はいないからやせた子猫の絵を描く
88 ななしのよっしん
2020/11/05(木) 16:49:38 ID: uNPvddvFpv
>>sm37755076exit_nicovideo
89 ななしのよっしん
2021/03/23(火) 00:29:26 ID: Pm4X7fwQjo
極悪人カンダタが一度クモを助けただけなんだから
クモの糸くらいチャンスしか与えられなかった、で自分は別に何の不思議も感じたことはないけど

でも宗教説話なんて読んだ人それぞれ
別に様がゲイのサディストだったからとかでもいいんじゃないの
90 ななしのよっしん
2021/04/01(木) 21:09:08 ID: cukKn1XVWF
某所で、「お釈迦様は何も感じたり、考えていない」っていう考察を読んでびっくりした覚えがある
かぐや姫に出てくる人もそうだけど、人外の者に人間らしい心の機微を当て嵌める事自体が筋違いで
原文では「悲しそうな御顔をなさりながら」「浅間しく思召されたのでございましょう」と書かれているが、これはミスリードに近くて
あくまで第三者の主観視点で情描写をしているに過ぎないのよね
事実、「しかし極楽池のは、少しもそんな事には頓着致しません」と書かれるし、そこの情描写は冒頭の描写とほぼ同一
極楽ももう午に近くなったのでございましょう」とあるように、不変の世界なのよな
91 ななしのよっしん
2021/04/10(土) 10:23:51 ID: x77DEx/HdY
何だかお釈迦様を人外扱いしてるけどお釈迦様はれっきとした人間だぞ、そもそも仏教はお釈迦様が生きてる時に出来た宗教なんだけどそこんとこどうなの?
92 ななしのよっしん
2021/04/10(土) 11:04:23 ID: 1fbyzg3n1A
いわゆる法華経系の仏教だと、釈迦と法身あるいは宇宙の真理は同じ存在だから人間としての限界は問題にもならない
他宗でもただの人間とみなす宗は少ないかと

また、仏教真理釈迦以前から存在しており、釈迦宗教創作者ではなく真理の発見者と見做すのが通例