蜜蜂と遠雷単語

1件
ミツバチトエンライ
1.6千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

蜜蜂と遠雷みつばちとえんらい)とは、恩田陸音楽小説である。

非常によく間違われるが、「蜂蜜はちみつと遠」ではない。「蜜蜂みつばちと遠」である。

概要

際的なピアノコンクールに挑む4人の若者たちをメインや成長などを描いた青春群像小説作者恩田陸は以前から「音楽コンクールの最初から最後までをまるまる小説にする」というアイデアを持ってはいたが、実際には構想から12年という年がかかり、この間に浜松ピアノコンクールを4度も取材したという(ちなみに、同コンクールは3年に1度の開催である)。

幻冬舎のPR誌『峡』で2009年に連載開始し、休刊後は『PONTOON』に移動して2016年まで足かけ8年に渡って連載され、2016年9月に同社から刊行された。2019年幻冬舎文庫にて上下巻で文庫化。

本作の評価は非常に高く、2017年に第156直木賞と第14回本屋大賞ダブル受賞した。恩田陸本屋大賞受賞は『夜のピクニック』以来12年ぶり2度本屋大賞の2度受賞は史上初、同一作品での直木賞本屋大賞の二冠も史上初。恩田陸の数ある作品の中でも代表作のひとつと言えるだろう。

2019年には石川監督により実写映画化もされた。また同年、映画化にあわせてスピンオフ短編集『祝祭と予感』が刊行された。

あらすじ

3年に一度開催される芳ヶ江ピアノコンクールは、若手ピアニストの登竜門として世界的に有名である。2週間にわたる同コンクールの第6回大会には、栄伝亜夜高島明石マサル・カルロスレヴィアナトール、風間を始め多くの若手ピアニストたちが参加していた。第1次予選から2次・3次予選、そして本選へと進む過程で、4人のライバルたちは互いに刺しあい成長していく。

主な登場人物

【】内は2019年開の映画で演じた俳優

なお、作中では登場人物たちがピアノ演奏するシーンがあるが、映画化の際はそれぞれ日本を代表する4人のピアニストが音の部分を担当(栄伝亜夜河村尚子、高島明石…福間洸太朗、マサル・カルロスレヴィアナトール…金子三勇士、風間藤田央)。また第2次予選に登場する楽曲「修羅」は架のものだが、映画化に合わせて倉大がカデンツァ(即)部分も含めて実際に作曲している。

関連動画

関連項目

外部リンク

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

蜜蜂と遠雷

1 ななしのよっしん
2019/10/22(火) 18:22:49 ID: IXemKQQEL/
カキコ&記事作成乙です
この作品は本当に好きだわ。小説は読んでいてピアノの旋をとめどなく流れてくるかのような感覚を味わい、そして映画では正にその光景映像化されたかのような美しい作品。
構想に5年、執筆に7年という根強い根気は本当に「才」だと思う。こんな大作見せられたら、感しないとは言いようがないと思う。
映画では端折られた部分も確かにあったけど、「修羅」も聴けたし、とても良い作品でした。

小説映画で何観るか悩んでいる人がいたら間違いなく薦める作品です。

👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2019/10/22(火) 18:26:22 ID: IXemKQQEL/
>>1
執筆に7年じゃなくて8年でしたね。情けない誤字&連レス失礼。
👍
高評価
0
👎
低評価
0