西太后単語

セイタイコウモシクハセイタイコウ

西太后(1835~1908)とは、中国清王朝、咸豊の妃である。
太后と呼ぶこともあるが、宮廷の西側に住んでいたので、東側に住んでいた咸豊皇后「東太后」と区別して西太后という通称が一般的になっている。

出自

幼名は児。満州旗人で葉赫那拉(エホナラ)氏の恵徴のは赴任先の安徽で太天国の乱に巻き込まれ、1853年に病死している。

その前年1852年、後の西太后はで行われる皇帝や皇子の妃補を決める面接試験を通り、翌年に清王朝9代皇帝咸豊の後宮に入った。当初の称号人で、1856年に咸豊との間に男子(載)を産み、称号が懿妃となった。

垂簾聴政

アロー戦争(第二次アヘン戦争)で、イギリスフランスの軍勢に首都北京侵略され、郊外の熱河(河北承徳)に逃げていた咸豊1861年に同地で崩御。懿妃(西太后)との間に生まれていた載が清の10代皇帝に即位することになり、懿妃と生前に咸豊から後見の遺命を受けていた粛順、端、載垣らの大臣との政争が顕著になった。

ここで懿妃は、咸豊皇后(東太后)と、咸豊の恭親王奕訢を味方にして、クーデターで粛順らを粛清する(辛政変)。かくして載は同治として正式に即位、西太后は東太后と共に垂簾聴政(皇帝に代わり政治を執る)を行うこととなった。

天国の乱が鎮圧されていたこともあり、西太后や恭親王らは洋務運動と呼ばれる技術革新を図り、斜陽清王朝の中をある程度実現する。そんな中、1874年同治が19歳の若さで後嗣なく崩御する。

日清戦争と戊戌の政変

清朝では、皇帝男子なく崩御した時は一世代あと(甥)が皇位を継承する事になっていた。しかし西太后は咸豊である醇親王奕譞の次男、載湉をとして即位させる。載湉は西太后のの子でもあった。

引き続き西太后は垂簾聴政で清朝政治リードしていく。1881年に東太后が死去し、1884年に恭親王奕訢が清戦争敗北責任を取らされ失脚すると彼女を抑える者はいなくなる。それでも成年に達すると徐々に実権をに渡し、その皇后には西太后の姪()を推挙している。

1894年に始まった日清戦争は翌年に敗北という結末となり、清朝革は体制的な変革を経るべきだという意見が強まり、1898年支持のもと康有為、梁啓といったメンバーが「の変法」を進めていく。しかし急な変革への批判や内部対立により、同年西太后は反変の支持のもとクーデターを実施、閉し変法メンバーは亡命、粛清などで壊滅させられ、再び西太后が政権を握る(の政変)。

このクーデターは袁世凱の密告で引き起こされたものとされるが相は不明。また、位しその甥の溥儁が一時保慶して擁立されたが、3日でが復辟している。

義和団事件

眠れる獅子、清朝が諸外の半植民地化しているのを防ぐため「扶清滅洋」をスローガンに挙げる義和団という政治結社が、領内の外国人キリスト教徒を襲い暴徒化すると、諸外は連合軍を派遣してその保護に乗り出す。ここへ来て西太后は義和団の行動を支持し、諸外宣戦布告する。1900年のことである。

しかし諸外の軍勢が北京に迫ると西太后らは西安に脱出。妃である妃が井戸に投げ込まれて殺されたのはこの時である。

結局、鴻章らの尽により清朝は諸外に多額の賠償と義和団事件の後始末を約束することで西太后は為政者として復帰した。西太后は従来の体制では清朝を維持できないことを悟り緒新政といわれる抜本的な政治革を断行、立君主制へのを用意した。

その死

1908年11月14日が38歳で崩御。その翌15日、後を追うかのように西太后も72歳で崩御した。の後継者にはである醇親王載灃と寵臣である栄との間に出来た3歳の子、溥儀を名していた。

清朝1911年の辛革命の勃発により、袁世凱の手で終焉を迎えた。

1928年に蒋介石革命軍に所属していた孫殿英の手で、や西太后が眠る東陵が大略奪を受ける。これを聞いた、既にを追い出され天津に住んでいた溥儀は激怒復讐を誓った。後に彼が満州国皇帝を引き受ける経緯となったとされる。

系図

※ ⑧、⑨…は清の皇帝即位順

                   ⑧宣宗(旻寧)
                          │
   ┌────┬─────────┴────────┬────────┐
   │      │                            │            │
   │   恭親王奕訢       恵徴              │      親王奕誴(咸豊)            
   │        ┌──────┼──┐          │            │
醇親王奕譞─┬─婉貞       祥 西太后─┬─⑨文宗咸豊(奕詝)  端王載漪
   │     │             │        .│                   │
   │ ⑪徳宗(載湉)──裕太后 ⑩穆宗同治(載)         保慶(溥儁)
   │
醇親王載灃─┬─幼(栄)
         │
   ┌───┤
  溥傑 ⑫宣統(溥儀)

西太后の逸話

小説映画等の影もあり、西太后は稀代の悪女ドラゴンレディとして今も悪名をかしている。だが、全ての悪行が彼女によるものでは決してく、時代に翻弄された、あるいは彼女なりに抗った結果が今日までの評価を決めつけているかもしれない。
また、西太后にまつわる料理グッズなどが今でも数多く伝えられるなど、清王朝る上で西太后は切っても切れない重要なキーとなっているといえる。

  • 幼名は児だが、実は正式な名前は伝わっていない。2007年に西太后の祥の曾孫(自称)が西太后の本名は貞、裕太后の本名は静芬という説を提唱したが、疑問も多い。
  • よく西太后と結び付けられてられる話が
    * 西太后は下級官吏の貧しい出自で、円明園の宮女だった時にたまたま歌っていたところを咸豊に見初められた
    * 「葉赫那拉氏の呪い」(清が建時に葉赫那拉氏は最後まで反抗したため滅ぼされたが、族長が死ぬ前に等は女一人だけ残っても新覚羅氏(清の姓)を滅ぼすという呪いをかけたため清では葉赫那拉氏の女を妃にしない決まりだったが、咸豊がそれを破って葉赫那拉氏の西太后を妃にしてしまった)
    * 咸豊妃だった麗妃の手足を切り取って瓶の中に入れた
    などなどである。しかし実際はこれらの逸話はどれも根拠が民間伝承に過ぎない(たとえば麗妃は1890年に54歳で寿を全うしている)。
  • 頤和園の造営に軍の予算を流用したため、日清戦争の敗因となったという説がある。少なくとも日清戦争前に清が軍の増強を行なっていなかったのは確かである。
  • 西太后の若い頃の肖像は残っていないが、緒新政のあたりから、西洋の画に肖像画を描かせたり写真を積極的に撮らせるようになった。
  • 西太后の死の前日にが死んでいるため、二人の死に関しては様々な憶測が飛び交っている。殺の拠がはっきりしているとされているが、相は闇の中である。

西太后の関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%A5%BF%E5%A4%AA%E5%90%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

西太后

12 ななしのよっしん
2016/07/02(土) 05:00:54 ID: 14QCSH0tpd
西太后て義和団事件の時外国人皆殺しの命発したらしいけど
これ実行されていたら(許澄、袁昶という官僚が握りつぶした)中国どうなってたんだろうなあ
13 ななしのよっしん
2017/03/10(金) 10:32:34 ID: bl8W7Oguib
戦うべき敵と戦わず、戦ってはいけない敵と戦い、とどのつまりの遺言が……
「女に政治を持たせるな。災いの元である」

……この人の人生そのものが手の込んだ冗談としか思えない。
14 ななしのよっしん
2017/07/01(土) 13:03:39 ID: iiJI0a3duZ
※4
やってたことのgdgdっぷりみるに、とてもそうは思えない件について
西太后が居ても居なくても、遅かれかれ清は滅亡してただろけどな
15 ななしのよっしん
2017/12/08(金) 14:10:38 ID: z+PUGHWB8M
不夜城のアサシンなどあやつから見ればも恥じらう乙女といった所かのお」。
16 ななしのよっしん
2018/04/08(日) 13:30:30 ID: oMnqz5jZ8n
>>15
そらそうだろ、呂后ともども西太后が残虐行為を行ったって風評被害の元となった側だし
17 ななしのよっしん
2018/10/20(土) 15:38:03 ID: 6RQa1BC31S
西太后って実は積極的に残虐行為をやったことはないんだよね…
彼女の場合、問題は西洋人皆殺しと言った数年後には西洋趣味になるなどの、
政策の一貫性のなさと移り気にある。

18 ななしのよっしん
2018/10/22(月) 09:25:51 ID: z+PUGHWB8M
逸話内の『葉赫那拉氏の呪い』は、「西太后以前にも多数の后妃を輩出した」という歴史事実で否定出来ますので、例示事項に加えるべきでしょう。
方や、麗妃(荘静皇妃)への虐待は「何を瓶の中に入れたか」が不明確なので、「瓶の中で事実上の拘禁状態に置いた」等とすべきです。
しかしなお、「後に拘禁状態から解放されて、肢体障者ながら静かな余生を送った」とも解釈出来ます。
「清史稿には非記載」「晩年の五体満足写真が現存」といった、もう少し具体的な記述が欲しい所です。
ドラゴンレディ』も「(南・東アジア人のステレオタイプ秘的な女傑)」といった説明が必要でしょう。
そもそも、「西太后の死後に確立されて遡及された概念であり、後世からの風評被害の一端」という点も重要です。
以上、雑多ですが修正を提案します。

>>16>>17
「権握し政敵を殺した女傑」といった理由で、呂后や武則天といった嗜虐性さええる先達と同一視されているのは問題ですね。
しかし、ネタばら
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
19 ななしのよっしん
2019/02/20(水) 10:54:55 ID: s3p1tLQLWX
そもそも万人に通じるものでないフィクションの名前を持ち込んでる時点でもうアレ
20 ななしのよっしん
2019/03/12(火) 19:23:23 ID: Sb8c3+Nomb
平和な時代に生まれていれば気の強いオカンで終わってただろうにねえ
21 ななしのよっしん
2019/09/18(水) 01:36:27 ID: z9kp5BYKKS
遺言が「二度と女を政治にかかわらせるな」っていうのが最高に笑える
なんのブラックジョークかよ

急上昇ワード

2019/10/15(火)08時更新