西村京太郎単語

ニシムラキョウタロウ
  • 15
  • 0pt
掲示板へ

西村 太郎(にしむら きょうたろう、1930年9月6日 - )とは、日本の、推理作家である。トラルミテリーの、十津川警部シリーズで知られる。本名は、矢島八郎(やじま きはちろう)である。

第一章 愛と裏切りの概要

内でも、有数の、売れっ子作家であり、著作は、500冊をえる。累計発行部数は、2億部をえ、長者番付が、表されていた頃には、作家部門で、毎年のように、1位に、君臨していた。

十津川警部が、活躍する、鉄道や、観光地を舞台にした、トラルミテリーで有名。1年に、20冊近く、新刊が出ることもあり、に店を構える『キヨスク』で、よく売られている。また、2時ドラマの、原作としても、お染みである。

1964年、『四つの終止符』で、デビュー。翌年、『天使の傷』で、第11回江戸川乱歩賞を、受賞する。初期は、それほど、売れていなかったが、1978年の、『寝台特急殺人事件』が、大ヒットし、それから、トラルミテリーの、第一人者になる。ミステリー女王と呼ばれた、山村美紗とは、家族ぐるみの、付き合いがあった。そのため、西村原作ドラマには、必ず山村紅葉山村美紗)が、出演している。また、山村の急逝後、未完だった作品を、引き継いで執筆し、完成させている。

日本一有名な、推理作家と、言っていいが、濫作のため、ミステリで、彼の作品が、話題になることは、ほぼい。とはいえ、初期には、社会ミステリや、海洋ミステリ、誘拐ミステリなどで、意欲的な作品を、多数書いている。十津川警部も、最初は、鉄道ではなく、『帆船』、『消えたタンカー』など、海洋ミステリが、中心だった。

おっさん向けの、しょうもない鉄道ミステリー作家だと、思っている人が、多いだろうが、初期の作品は、もっと評価されるべき名作いである。『四つの終止符』、『D機関情報』、『殺しの双曲線』、『消えたタンカー』、『麗なる誘拐』、『七人の人』など、代表的な作品は、今読んでも、面いので、食わず嫌いを、している人も、一度、手に取ってみてほしい。読点も、初期は、今ほどは、多くないので、この文体が、苦手な人も、安心してほしい。

シリーズキャラクターは、十津川警部ばかりが、有名だが、他に、初期作品に、左文字進という、アメリカまれの、私立探偵がいる。長嶋巨人軍が、新幹線から消える、『消えた巨人軍』、日本国全員が、誘拐される、『麗なる誘拐』、地方都市が、何者かに洗脳される、『盗まれた都市』などで、スケールの大きい事件に、挑んでいる。

神奈川県湯河原町に、「西村京太郎記念館」があり、生原稿や、著作などが、展示されている。

年会費2200円を、払えば、でも、西村京太郎ファンクラブに、入会することができる。年に2回、ファンクラブ会報、「十津川エクスプレス」を、発行している。

第二章 伊豆の海に消えた人物

昭和五年、東京原区小山町(現・品川区小山)に二人、一人の四人きょうだいの長男として生まれる。

少年時代運動は、得意でなかったものの、手先が、器用だったので、メンコとベイゴマは強かった。同じ頃、江戸川乱歩の作品と出会う。

電機工業学校を、卒業後、臨時人事委員会(現・人事院)の、職員となる。職場内の、文学同人誌パピルス』に、参加する。この頃は、太宰治が、好きだった。

将来に、不安を感じ、人事院を、退職し、作家を志す。退職、積立を、給料と偽り、図書館で、執筆を続けていた。

退職が、底をついた頃、パン屋で、住み込みの、運転手として働く。その後、私立探偵や、中央競馬会の、警備員などを、経験している。

第三章 危険な経歴

第四章 殺人者は主な作品を見た

2015年12月現在オリジナルの著作は、564冊(長編407冊、短篇集157冊)。

第五章 十津川警部「動画」

第六章 関連商品殺人事件

最終章 関連項目を消せ

【スポンサーリンク】

  • 15
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%A5%BF%E6%9D%91%E4%BA%AC%E5%A4%AA%E9%83%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

西村京太郎

39 ななしのよっしん
2017/01/19(木) 08:02:37 ID: hiu6ZXRvi/
文字もこの人の作品だったのかと今更知った

文字シリーズドラマもっと見たいが
テレ朝下警部頼みの現状だと難しいかなあ
40 ななしのよっしん
2017/04/12(水) 18:37:45 ID: fFoSFnLKCk
名探偵も楽じゃないに出てくるミステリーマニアの人達を見ると
昔から、こう言う人居たんだなって思える

名探偵待望論は面いけど
それだけの知識と情熱を何故、自分で書くという方向に向けられないんだろう
41 ななしのよっしん
2017/05/14(日) 21:22:51 ID: bbH03QeJuC
チラ裏だが「殺しの双曲線」や「七人の人」みたいな作例から察するに西村京太郎って最初は本格ミステリ的な向の作品を書こうとしていたんじゃないかと思う。
鮎川哲也高木彬光という本格ミステリ作家の作品に列車を使ったアリバイ作りを軸に扱った作品があるわけだし。
42 ななしのよっしん
2017/05/30(火) 09:54:07 ID: aH3fmpCmhn
本当は、歴史小説書きたいけど
事務的に、十津川警部を書き続けてる点は、ドイルさんと似てる
たまに歴史ネタを挟んで、そっちの方が面いと、切ない気持ちになる
43 ななしのよっしん
2018/01/31(水) 15:34:40 ID: lMw8TXnCSJ
>>42
最近は、慢できなくなったのか、十津川警部シリーズでも、歴史小説を、書いている。
暗号名は「カナザワ」とか、「ななつ星」極秘作戦などが、それに当たる。
前者は、歴史小説というか、架空戦記に近いが、西村先生が、新たな挑戦をしているのは、間違いないだろう。
44 ななしのよっしん
2018/04/10(火) 22:53:13 ID: q26NS2IwQM
西村作品のワーストを探してるんだが、だれかオススメの駄作紹介してくれ
京都よりを込めてとMの秘密以外でお願いしたい
45 寝台急行あけぼの
2020/03/03(火) 22:04:28 ID: PG79zbEG9W
>>44
「新・寝台特急殺人事件」。
話は面かったのですが「追われている青年長崎まで運ぶ方法」に関して「それは理あるだろ」と思ったところがありました。
これ以上のネタバレはできませんので、お読みでなければ、どうぞ図書館へ。

特急殺人ルート」。
海底の見学コースに申し込まずに海底へ潜り込む方法として「単に隧道入口から歩いて向かったのだろう」程度の推理しか書かれていなかったような気がします。
46 ななしのよっしん
2020/03/03(火) 22:24:09 ID: /UQ32dwHXq
ミステリー列車が消えた」も大概酷かったな
47 ななしのよっしん
2020/04/20(月) 07:21:44 ID: Fi+Cb2kfib
FCスーパーエクスプレス殺人事件より。
北条早苗刑事()
おかえりなさい カメさん
タイトル:おかえりなさい カメさん
Twitterで紹介する

48 ななしのよっしん
2020/10/13(火) 02:13:20 ID: wW16ixaR3v
>>45
初代寝台特急殺人事件が面かったのに、かなり損をしている話だったね>>新・寝台特急殺人事件。
昔のの新装版をちょくちょく読んでいたけれど、西本刑事以下のサブキャラの名前が割とコロコロ変わるのが読んでて楽しかった。日下刑事は多分太郎さんのお気にかもしれないと感じる節がある

急上昇ワード改