西郷どん単語

セゴドン

西郷どん(せごどん/さいごうどん)とは、

  1. 幕末明治時代前期の政治家・軍人、西郷隆盛称。
  2. (せごどん)西郷隆盛主人公にした真理子の歴史小説「西郷どん!」。
  3. (せごどん)2.を原作とする、2018年NHK大河ドラマ

本項では、に3.について解説する。

概要

2018年1月7日から放送されている、第57NHK大河ドラマ西郷隆盛主人公大河ドラマは「翔ぶが如く」以来18年ぶり、幕末薩摩から描かれた大河ドラマとしては、「篤姫」以来10年ぶりとなる。

演は、「変態仮面」「俺物語!!」など役柄に応じて改造をはじめ変幻自在にこなしカメレオン俳優として知られる鈴木亮平。脚本は鈴木の出世作ともなった連続テレビ小説花子とアン」の中園ミホ、音楽連続テレビ小説マッサン」の富美が担当。

原作者・脚本家両名く、西郷の様々な「」を描くとっているが、その中にボーイズラブも匂わせていることが波紋を呼んでいる。また、真理子は元々歴史小説家ではなく歴史小説執筆の経験が浅く、中園ミホもこれまで手掛けたドラマラインナップとその評判などから、3年前の幕末大河最大の失敗作である「花燃ゆ」の二の舞を危惧するがあがっている。

また、ドラマ放送前からキャスティングトラブルが相次ぎ、幾役の予定だった斉藤由貴不倫スキャンダルで降(代役は南野陽子)、ナレーション市原悦子も体調不良のためやはり降(代役は西田敏行)。また、島津斉彬役の渡辺謙も、不倫問題と妻・南果歩(皮にも、翔ぶが如く西郷隆盛の最初の妻役を演じている)との離婚騒動が現在進行中と、配役でも前途多難な問題が続いている。

オープニング曲は、幕末大河にしては明るく伸びやかな音楽映像が特徴で、翔ぶが如くとは逆の印を受ける。

現在ニコニコ静画にて漫画版を配信中。

キャスト

要人物の配役の篤姫2008年放送)と、翔ぶが如く1990年放送)との較付き。

西郷どん 篤姫 翔ぶが如く
西郷隆盛(吉之助) 鈴木亮平 小澤征悦 西田敏行
大久保利通(正助・一蔵) 瑛太 原田泰造 鹿賀丈史
西郷(岩山)糸 黒木華 (未登場) 田中裕子
西郷(信 錦戸亮 水谷 緒形直人
西郷満佐 坂慶子 高岡 富士奈美
西郷兵衛 風間 五王四郎 坂上二郎
西郷右衛門 大村 小泉 村純
西郷きみ 水野久美 (未登場) 大路三千緒
西郷市来)琴 桜庭ななみ 室伏由紀江 酒井法子
西郷二郎 渡部 (未登場)
西郷 柏木由紀 (未登場) 星野博美
西郷兵衛 上川周作 (未登場) 金山
西郷伊集院須賀 橋本愛 森脇由紀 南果歩
加那(とぅま) 二階堂ふみ (未登場) 石田えり
佐民 柄本明 (未登場) 益富信孝
川口 石橋 (未登場)
塚地武雅 (未登場) 車だん吉
大久保満寿 ムラ (未登場) 賀来千香子
大久保次右衛門(利世) 平田 大和田伸也 北村和夫
大久保 利子 響子 八木
ゆう 内田有紀 (未登場) 貴子
島津斉彬 渡辺謙 高橋英樹 加山雄三
島津 青木崇高 山口一郎 高橋英樹
島津 鹿賀丈史 長門裕之 江見俊太郎
由羅 小柳ルミ子 涼風真世 光子
喜久 戸田菜穂 恵里沙 田中好子
島津忠義 青木崇高 中川 名康浩
島津忠剛 すわ親治 長塚 瀬下和久
沢村一樹 (未登場) 西岡徳馬
調所広郷 幹二朗 高品格
小松帯刀 町田啓太 瑛太 大橋
中山 天野義久 (未登場) 三章
大山綱良(格之助) 北村有起哉 蟹江敬三
海江田信義(有村俊斎) 高橋光臣 平山浩行 佐野史郎
有馬新七 増田修一朗 的場 内藤剛志
村田新八 堀井新太 (未登場)
野利 ??? (未登場) 杉本哲太
路利良 (未登場) 正幸
中原尚雄 田上 (未登場) 渡辺いっけい
土持政照 斎藤 (未登場) 石研
又吉直樹 堺雅人 上杉祥三
勧修寺保都 松田翔太 若菜孝史
徳川慶喜 松田翔太 岳大 三田村
篤姫一・天璋院 北川景子 宮崎あおい 純子
南野陽子 坂慶子 木希
本寿院 ピン子 高畑 耐子
斉昭 伊武雅刀 江守徹 金子信雄
津田寛治 矢島健一 磯部勉
容保 柏原収史 志村 若松武史
阿部 藤木直人 草刈正雄 若林
井伊直弼 佐野史郎 中村 神山
長野主膳 神保悟志 大林丈史 伊藤孝雄
遠藤憲一 北大路欣也
ジョン万次郎 劇団ひとり 勝地涼 中西良太
木戸孝允桂小五郎 玉山鉄二 スズキジュンペイ 田中健
大村益次郎村田蔵六 林家正蔵 (未登場) 平田
伊藤博文俊輔 浜野謙太 岡本高英 小倉久寛
坂本龍馬 小栗旬 玉木宏 佐藤浩市
お龍 水川あさみ 市川実日子 洞口依子
中岡慎太郎 山口 天原まさみ 古山忠良
橋本左内 風間俊介 中山麻聖 篠井英介
江藤 迫田孝也 (未登場) 隆大介
孝明天皇 中村太郎 東儀秀樹 (未登場)
岩倉具視 笑福亭鶴瓶 片岡鶴太郎 小林
三条実美 ??? 正寛 卓造
近衛忠凞 国広富之 春風亭小 柳生博
尾上菊之助 高橋長英 野村万之
およし(ふき) 高梨臨 (未登場) 水島かおり
西田敏行 奈良朋子 草野大悟、田中裕子

本作のみ登場するキャスト

スタッフ

関連動画

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%A5%BF%E9%83%B7%E3%81%A9%E3%82%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

西郷どん

1223 ななしのよっしん
2019/02/19(火) 10:52:34 ID: o2QA58A1WJ
やっぱこれっ当な脚本家付けなかったのは悪手だった
翌年に次の時代で西南戦争や勝舟の存在が触れられるのにぞんざいに扱っちゃ駄でしょ
1224 ななしのよっしん
2019/02/19(火) 23:12:32 ID: jMs2RYqJLD
ただいま絶賛炎上中のけものフレンズ2がまさにアニメ界の西郷どんと化して草不可避
あちらも魅の全く主人公を持ち上げるために、周りのキャラがその具と化し、
お互いに罵り合うだけのギスギスとして殺伐した世界に成り果てている
その犠牲になったのは、名作であった前作のキャラも含まれており、キャラ悪も甚だしい
まさに、同じ題材にしている翔ぶが如く篤姫
ここ最近の大河恒例行事となってる次回作へ繋げる真田丸・直虎などが築き上げてきたものを、
全てめちゃめちゃにして台しにしているのと一緒である
大河をこれらのアニメに例えるなら、
直虎・・・無印けものフレンズ(最初は全く注されなかったが、緻密な伏線回収などもあって、右肩上がりに面くなっていく)
西郷どん・・・けものフレンズ2(先代までの努・功績が全て台し。紛れもなく
いだてん・・・ケムリクサ(見てる人が非常に少ないが、見た人の大半が高評価)
1225 ななしのよっしん
2019/02/23(土) 20:59:55 ID: WXzWI9YaHM
>>1224
お前頼むからもう二度と大河ドラマについてらないでくれ。
今年は面いのに汚点がつく。
1226 ななしのよっしん
2019/03/13(水) 21:30:26 ID: AehWvfDmhE
・・・・・・で、これの問題点って結局なんだったの?まとめると。
1227 ななしのよっしん
2019/03/16(土) 06:17:57 ID: nvigA5rsvf
問題点か・・・。正直多すぎてまとめられないな
というかそれをまとめようとする意欲がある人がいない
はもうほとんど忘れているし。記憶から消しました
1228 ななしのよっしん
2019/03/19(火) 09:15:56 ID: uYZnRPR9Pw
>>1226
文字で要約できる。 「つまらない」
1229 ななしのよっしん
2019/05/12(日) 20:58:33 ID: tSGrUqIHma
>>1225
西郷どんを上回るどころか清盛花燃ゆとの視聴率ワースト争いで汚点が付いたぞ
1230 ななしのよっしん
2019/05/14(火) 18:01:39 ID: aQ1o9tw1HI
>>1222
みてみた
西郷はまだしも
大久保三行
斉彬一行
三行ってすげえな
人気ドラマアニメキャラ紹介なんてWikipediaにふさわしくないっていわれるのが常なくらい過剰に独自意見交えて執筆されているのに。
1231 ななしのよっしん
2019/06/01(土) 05:27:11 ID: eNmf0B0qBu
>>1226
まず史実々については大河ドラマだからあんなもん
史実をぶち壊すレベルのことはしてないからセーフの範囲内
(あれでアウトだと思う人はもう大河ドラマ自体を見ない方がいい)

問題は大河ドラマとしてじゃなくてそもそもドラマとして問題点があること
フラグ回収……どころかそもそもフラグが少ない
主人公を持ち上げすぎるために話が今一つつながらない
西郷大久保外の人物描写が薄すぎてなんでそういう展開になったんだよというシーンが多い
西郷に関わるはずの大事な史実が(変じゃなく)すっとばされたために西郷の行動にも説明のつかない部分が出た

って感じかなぁ(すべて個人の感想)
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1232 ななしのよっしん
2019/06/16(日) 23:48:51 ID: AYpH5EJLQt
>>1224
おんな城主 直虎
88%ユーザーがこのテレビ番組を高く評価しました
西郷どん
86%ユーザーがこのテレビ番組を高く評価しました
いだてん〜東京オリムピック噺〜
86%ユーザーがこのテレビ番組を高く評価しました
by Google先生
ほぼ1:1:1ですねぇ
はえ~と高評価って同義だったんすねぇ
因みにスレチになるが参考程度に同氏が例に使ってる3Dアニメーション作品に関して手元にあった某中華動画サイトでの評価は9.7:2.3:9.8
1の位で切り上げしたら丁度1:1:1ですね(白目
統計学への侮辱か何かで?