覇邪の封印単語

ハジャノフウイン
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

覇邪の封印とは、工画堂スタジオが開発したパソコン用のロールプレイングゲームである。
ファミコンMSXセガマークIIIなど様々な媒体に移植されている。
難易度の高さに挫折したプレイヤーの多いゲームで、一般的にクソゲーと呼ばれているが、
実際は細部まで緻密に作りこまれている良ゲーである。
布製のマップメタルフィギュアが付くことで有名。
某有名RPGに登場した破邪ののせいか、「邪の封印」と間違えられることが多い。
堀井雄二氏はこのゲームフィールド仕様に対して批判をしていたらしい。

なんか がいようが あるよ!

舞台は人や妖精魔獣が共存する、魔法が君臨する世界
長らく平和が保たれていたが「バァンドゥラの通路」の封印が解かれたため異次元から邪悪な魔物が侵入してくる。
アルカを治めるアルカス王には
「先史の勇者イアソンが隠されていた異次元の門を塞ぐ方法を入手していた」という古くから の言い伝えがあった。
平和を取り戻すため、長老たちに選ばれた主人公は「覇邪の封印」を手に入れるべくに出る。 
Wikipediaより転載。一部修正しました)

フィールド画面は自分のいるマスしか表示されず、町や洞窟といった建造物もマップ上には表示されない。
ただし、それらはアイテムを入手することで解消されるが、それでも視界は狭い。
なお、ファミコン版では子供プレイヤーに配慮してか、周囲1マス分が表示された状態からスタートする。
に入ると流されてしまうが、の流れは決まっており、これを利用して船なしでマップ右下の町に行くことができる。
山や砂漠特定地には、ゲーム開始当初では到底が立たない魔獣が巣をっており、
ちょっとしたキーミスによる強制戦闘で即死することが多い。

戦闘は最初に戦うキャラクターを選び、攻撃するたびに選択したプレイヤーキャラと敵の体が減っていく形式。
最大4人のパーティ制が取られているが、キャラを交代できるとはいえ、実質一対一のタイマン勝負である。
キャラクターの装備品は敵を攻撃するたびに消耗し、耐久度が0になると壊れてしまう。
鍛冶屋を雇っていれば戦闘後に直してくれるが、雇うには大なゴルダが必要となる。
そのため、序盤は鍛冶屋修理してもらう必要がある。

もちものには通常アイテム魔術品がある。
通常アイテムフィールドで使用するもので、怪の治療に使うを移動するアルゴ船などがあり、
町で雇った鍛冶屋・まじない師もアイテム扱いとなる。
魔術品は戦闘用とフィールド用があるが、いずれも所持するだけでは使用できない。
使うためには所持した状態で町の長老に使い方を教わっておく必要がある。

装備品には店売りの既製品とキャラクターごとの専用装備がある。
トレモス以外の専用武器王様が所持しており、牙の報酬として譲渡してくれる。
トレモス以外の専用防具()は洞窟に隠されており、手に入れるにはそれを守護する魔獣を倒す必要がある。
トレモスの専用装備は別の世界に保管されており、手に入れるには広大砂漠を歩き回る必要がある。

知名度(カルマという数値があり、敵を倒すことで上がっていくが、旅人や商人を殺すると逆に減っていく。
知名度は各地のや村で話をするために重要な数値だが、商人を倒すと大量のゴルダが手に入るため、
意識せずに乱獲していると、知らず知らずに知名度が7000とかになって涙目になることがしばしばあるが、
とあるに行けばの牙と引き換えに知名度を最大にすることができる。

ファミコン版はバックアップではなくパスワード形式が取られているが、
仲間が増える度にパスワードが長くなり、4人パーティーにもなると、パスワード100文字以上になるため、
外部記憶装置であるターボファイルを持っていないと地獄である。

なんか いるよ!

キャーッ!てきのついげきよ!

あっ!かんれんどうがだ!どうする?

 

 

 

 



 おまけ】(覇邪の封印の続編である「アルギース」)

まえの かんれんこうもくから やりなおしね!

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%A6%87%E9%82%AA%E3%81%AE%E5%B0%81%E5%8D%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

覇邪の封印

48 ななしのよっしん
2018/02/08(木) 03:11:24 ID: OQ46s3Qtu/
こんなゲームコメントしてるやつなんてもう40オーバーのいい大人ばっかりだろうに
なんでこんながで持論を展開しないと気がすまないやつばっかりなんだ?
普通雑談ぐらい出来るだろ
49 ななしのよっしん
2018/02/08(木) 03:24:51 ID: ggdyEU385o
>>48
自分もそういう場所にいるから分かるが中高年ネットユーザーは作品の趣向が古いだけで今の若い人よりネットマナー出来てない
こういう匿名掲示板の書き込みもそうだけどTwitterFacebookは本当に酷いものがある
50 ななしのよっしん
2018/07/03(火) 11:33:03 ID: WDfIRW++py
>>46
で当時からし完成された海外RPGって何?
ファミコン向けに遊びやすくなったウィザードリィがそのままパソコンで出てたと思ってるんじゃないだろうね
51 ななしのよっしん
2018/08/03(金) 14:57:25 ID: kerxq4cRpB
>>36
二年前のコメントレスするのもアレだが、あのポンのやつなら完走したよ
最近YouTubeのほうでザコショウとか言う芸人がやってた終始罵倒だけでクッソつまんねえプレイ動画(最初の町にすらたどり着けず数回死んでリタイア)見てしまったんで、アレべたらあのクソクソ嫌い嫌い連呼動画ですらのようにお上品な動画だと思えたわw
52 ななしのよっしん
2019/03/24(日) 04:05:32 ID: sOevwdys6Y
>>51
なんだかんだあのポンは説明書なし+ノーヒントクリアまで到達してる感あるから楽しい。
53 ななしのよっしん
2019/11/08(金) 20:33:17 ID: lIBHKyr7xK
これは厳しすぎるけど、プレステ途中くらいからのぬるいRPGも何か違う気がする。最近のは全滅どころか死ぬ(戦闘不能)ことすら稀だし
ミストオーバー(PTのレベルよりちょっと低いレベルダンジョンに潜るだけで簡単になる)やダーケストダンジョン(辛いのは最初だけ)をまともにプレイ出来る人の方がしくなってるのはちょっとね・・・自称ゲーマーは増えてるのに
54 ななしのよっしん
2020/01/28(火) 21:02:38 ID: n89BaohAmK
最近のやり込みゲーム特にRPGってプレイヤー創意工夫の部分が物凄く多岐に渡ると思うんだけど逆になんか失敗するとまたビルド考え直すのとか、リトライが億劫なんだよなー

と、このゲームやっててちょっと思った
55 ななしのよっしん
2020/02/20(木) 00:48:16 ID: E3BBh9xZnG
ドット絵とか出来がいい部分もあるけど、総合的に見たらやっぱりクソだと思うなぁ
一番きついのは終盤の戦闘が徒労にしかならないところだろ
主人公レベルカンストしてから仲間を増やすのが半ば必須っていうのが製作者側の一番の過ちだろう
経験値の入らない、ただただ為な戦闘エンカウントでやらされるってのは擁護のしようがないだろう
56 ななしのよっしん
2020/03/29(日) 19:55:47 ID: p1QbXy67sQ
雑魚エンカウント全避けのアイテムとかあればな
手に入れるまでが大変だとかでもいいから
リメイク移植するなら難易度は下げなくていいけど
そういう配慮は欲しい
57 ななしのよっしん
2020/11/06(金) 14:37:20 ID: xqWP9HQ4Vn
X1版の覇邪の封印での主人公死亡時の妖精セリフ
アナタハ シンシ"ャッタ!
ミンナカ" キタイシテタノニ
リト ヤクタタス"・・

覇邪の封印 for X1 (1986)
https://www.youtube.com/watch?v=Ad6vMV5jzUwexit
1:34の終わりごろにて見れます。