見附島単語

10件
ミツケジマ
1.4千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

見附島とは、石川県珠洲市にある無人島及び観光名所である。

概要

穴水ボラ待ちやぐら、ヤセの断崖、大沢の間垣の里、白米千枚田剛崎などとともに、能登地方観光名所として全的に知られている。

の高さは約28m、ほとんどが珪藻土でできたであり、側面が珪藻土特有の浅褐色を帯びた岩が露出している。また、形状が本土に向かってった三角形の形をしており、その貌が軍艦に見えることから、別名「軍艦島」とも呼ばれている。

見附島はその昔、弘法大師空海佐渡から能登路で渡った際、偶然発見されたであると伝わる。現地の案内によると、このような言い伝えがあると記されている。

見附島と空海

弘法大師空海が唐のに渡り、恵果阿闍梨のもとで修業され三伝来の伝承者と認められ胎両部の頂(かんじょう)をうけ、密教伝来の三杵(さんしょ)を授けられた。
唐の僧達はその三杵を奪え返さんと日本に帰ろうとする空海海岸まで追いつめて来た。その時、空海東方を望まれ、「密教有縁の所に行きてを待つべし」と三杵を大空高く投げられた。
された空海は三杵をめて佐渡より能登を通られた時、波の音ともに法華経を誦するが聞こえてきたのでを頼りに着された。
そこで村人達の案内より山のに探しめていた三杵の一つ、五鈷杵が白夜法華経を唱えていた。空海は深くお喜びになり、ここに一字を創建され吼木山法住寺と名づけられた。そして三鈷杵は高野山の松の樹に、独鈷杵は佐渡の小比叡山のに掛かっていた。
それよりを見附島と呼び、縁結びの祭り難の守りとともに小社を安置4月18日を祭日とし舟を繰り出し上に登り祝詞を奉じて来た。
しかし今は歳による風化に加え能登地震台風被害により、に往時をぶ雄姿はなく、上の社も崩壊したまま今日に到っています。

(現地案内より原文ママ)

このように、の上には縁結びの神様神社が建立していたことが示されている。また、上にはその神社のものと思われる鳥居が立っている。

また、上記の通り縁結びの神社があったことから、軍艦島のある海岸は「えんむすびーち」の称が付いており、人の聖地として全各地から人気を呼んでいる。ちなみに海岸には「縁結びの鐘」と呼ばれる鐘が設置されており、自由に鳴らすことができる。

さらにへは飛び石が手前まで整備されており、途中で途切れているため上陸することは出来ないが、近くまで接近することできる。なお、飛び石はとても滑りやすい所があったり、飛び石の間が離れていて飛んだ際にバランスを崩してへ転落する危険があるため、通行する際は充分注意してほしい。

地震

令和6年能登半島地震により、見附島は甚大な被害を受けた。土の大半が崩壊し、原を留めないまでに姿を変えてしまった。この地域では令和4年6月令和5年5月奥能登地震)にも震度6クラス地震があり、見附島はその度に土が少しずつ崩れるなどして被災していたが、ついに令和6年1月の巨大地震が決定打となって大規模に崩壊してしまったのである。

関連動画

関連コミュニティ・チャンネル

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

見附島

1 ななしのよっしん
2024/01/26(金) 15:25:00 ID: P874VW0g74
軍艦島」と呼ばれる名勝・見附島地震で崩落 変わり果てた姿に住民落胆
https://news.livedoor.com/topics/detail/25767869/exit
👍
高評価
0
👎
低評価
0