角川ホラー文庫単語

カドカワホラーブンコ
2.2千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

角川ホラー文庫とは、KADOKAWAから刊行されているホラー専門の文庫レーベル

概要

1993年4月創刊。創刊ラインナップは鈴木リング』、赤川次郎『忘れな』、景山民夫『ボルネオホテル』、ディーン・R・クーンツ『マンハッタン魔の北』など15作(上下巻が2作あるので17冊)。

当時、スティーヴン・キングディーン・R・クーンツといった海外モダンホラー人気作家日本でもヒットしていたものの、ホラーというジャンル自体は人気があるとは言えず、翻訳ホラー書などはことごとく失敗に終わっていた。内でも、現在ホラー小説」と呼ばれるような作品自体はあったものの、それらは「ホラー小説」というジャンルとしてくくられてはいなかった。一例として、鈴木リング』の単行本(1991年刊)のオビには「今、新しいCult-Novelが誕生した!」と書かれており、「ホラー」の文字はどこにもない。『リング』がランクインした『このミステリーがすごい!1992年版』には、「氷河期ホラー小説を救え!」という三橋コラムが掲載されており、当時のホラー小説が商業的に苦戦を強いられていたことが伺える。

そんな中、当時の角川書店社長角川が突如「これからはホラーだ!」と直感し、社長の一で作られた(と言われる)のが角川ホラー文庫と、新人賞の日本ホラー小説大賞である。宍戸編集長のもと、な背表印に、書き下ろしの新作や有名作旧作江戸川乱歩など物故作家の作品、楳図かずお水木しげる手塚治虫漫画まで、とにかくなんでもかんでも「ホラー」とくくって刊行していった。

創刊ラインナップだった『リング』がこれをきっかけに売れ始め、ホラー小説というジャンル下地を作っていったところに、1995年、第2回日本ホラー小説大賞を受賞した瀬名秀明パラサイト・イヴ』と、『リング』の続編となる鈴木『らせん』が単行本で刊行。たちまちどちらも大ベストセラーとなり、ホラー文庫の『リング』も爆発的に売れ、一気に日本ホラー小説ブームが巻き起こることになる。というわけで、90年代後半のホラー小説ブームはこの角川ホラー文庫がければ存在しなかったと言っていい。

21世紀に入るとホラー小説ブームも一段落したが、角川ホラー文庫は角川文庫サブレーベルとして定着。日本ホラー小説大賞受賞作の受け皿を務めつつ、その後もちょくちょくヒット作を出していく。2018年日本ホラー小説大賞横溝正史ミステリ大賞に吸収され消滅したものの、それでホラー文庫が消滅するということはなく、現在も刊行が続いている。

刊行内容などあれこれ

日本ホラー小説大賞受賞作は、大賞受賞作は基本的にハードカバーで出てから角川ホラー文庫入りしていたが、長編賞・短編賞や優秀賞作品はいきなりホラー文庫から出ることも多かった。長編賞や優秀賞でもハードカバーで出た作品もあり、どういう基準で出し分けていたのかはわりと

創刊からしばらくは、年に3回、4月)・8月)・年末(12月)にまとめて冊数をドカッと出すという刊行形態だった。その後だんだんそれが崩れて毎刊行に近くなっていき、現在はほぼ毎新刊が出る形に落ち着いている。

創刊から00年代前半ぐらいまでは、CGを使った抽的なイラストの表が多かった。00年代末になると、ライトノベルと一般文芸の垣根が崩れ始める流れにいちく乗り、ライトノベル的なイラストの作品を出し始め、櫛木理ホーンテッドキャンパス』や藤木稟『バチカン奇跡調査官』などの、現在でいうライト文芸にあたる人気シリーズを生み出すことに成功している。

最初期は翻訳ものも出していたが、創刊から数年でほぼ内作品のみになった。翻訳ものはその後も00年代までは『バイオハザード』や『サイレントヒル』などの映画ノベライズちょこちょこ出ていたが、現在はほぼ全に内作品のみの刊行となっている。

書き下ろしの新作が多いこともあって、一般文芸の文庫レーベルの中でもかなり玉石混交な面があり、このレーベルがなければ出版されなかったのではと思うようなキワモノ変な作品も結構ある。なお角川ホラー文庫から出ていた作品が後に角川文庫に移籍することもたまにある(篠田節子『美解体』とか)。

大百科に記事のある角川ホラー文庫作品

大百科に記事のある、角川ホラー文庫で本を出したことのある人物

ホラー文庫で単著を出したことのある作家アンソロジーのみの収録作家は除く。

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%A7%92%E5%B7%9D%E3%83%9B%E3%83%A9%E3%83%BC%E6%96%87%E5%BA%AB
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

角川ホラー文庫

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 角川ホラー文庫についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!