角川歴彦単語

カドカワツグヒコ
2.9千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

角川歴彦とは、日本の実業である。1943年生まれ。

概要

株式会社KADOKAWA取締役会長などを務めていた。(2022年10月4日会長職の辞任を表明)

株式会社KADOKAWA日本で有数の出版大手/総合エンターテインメント企業KADOKAWAグループ」(角川グループ)を取りまとめる企業であるため、同グループトップらの一人ということになる。

株式会社KADOKAWAの大の一人でもあり、令和3年度の同社の有価証券報告書によれば、2,920、同社の発行済株式総数(自己株式除く)に対し2.07%保有しており、所有株式数の順位で言えば9位。個人としては川上量生(8,193、5.8%)に次ぐ2位である。

苗字からもわかるように、KADOKAWAグループの創業者一族の出身でもある。同グループ1945年11月10日文学研究者であった角川源義が出版社を創業したことを流にしているが、この角川源義の次男が角川歴彦である。なお、作家の『辺見じゅん』こと真弓がいる。

1966年の会社である角川書店に入社。雑誌部門にて1982年テレビ情報雑誌『ザテレビジョン』、1983年創刊のパソコン/ゲーム雑誌『コンプティーク』、1988年ライトノベルなどの文庫レーベル角川スニーカー文庫』、1990年タウン誌『週刊トウキョー・ウォーカージパング』(後の東京ウォーカー)、1991年TRPG誌「コンプRPG」、1993年スニーカー文庫と連携するライトノベル系雑誌『ザ・スニーカー』など、様々な新雑誌/新レーベルを立ち上げ成功させた。また、子会社「ザテレビジョン」「角川メディアオフィス」の社長も兼任し、同社はこういった雑誌/レーベルの編集なども担当していた。

角川が、文芸、映画に強くトップセールスを行う一方、番頭としての不在時に重役会議宰するなど社内をまとめつつ、これらの雑誌/レーベルを基盤としてメディアミックス戦略を成功させ会社の両輪の一となっていた歴だが、角川書店社長となっていた角川映画メディアミックスに陰りが見え始めたり、角川書店の後継者として入社させたの子息が入社を経て、と徐々に関係が悪化(歴は当時副社長)。歴側の閥だった役員が解任されるなどのトラブルを経て、1992年に歴は退社し、「角川メディアオフィス」の社員らの大半を引き連れて新会社「メディアワークス」を立ち上げた。(ニュータイプも発行していた井上伸一郎はじめ、ザテレビジョン社のスタッフは残留)

メディアワークスでもパソコン雑誌『電撃王』、ライトノベル文庫レーベル電撃文庫』、漫画雑誌コミック電撃大王』など様々な事業を立ち上げ、「角川メディアオフィス」時代のノウハウや作家らなどとの人脈を武器角川書店ライバル/競合的な立場となって古巣の角川書店、そしてと鎬を削った。

だが1993年コカインを密輸していたのがバレ、業務上横領などの罪も含めて逮捕されてしまう。角川書店社長を全役員から解任され、そして歴角川書店に戻って社長の座を受け継ぐことになった。歴社長に復帰した際にはその際メンバーだった見など7名は角川書店を退社し、幻冬舎を立ち上げている。

しばらくメディアワークス角川書店は並列していたが、角川グループ持株会社化、角川グループ各会社のワンカンパニー化を経てメディアワークスKADOKAWAに吸収されることになる。

アスキーエンターブレイン擁するメディアリーブスを投資会社から買収、会社リクルートの都合により競売に掛けられていたメディアファクトリーを買収、経営者から売却の相談を受けていた中経出版グループなどを買収するなど規模拡大を押し進める。

その後のループ再編により、角川書店取締役会長を経て、角川グループホールディングスKADOKAWAと、カドカワ代表取締役会長など代表職が就いたり就かなかったり、社長になったりと紆余曲折あって株式会社KADOKAWA取締役会長となった。角川お家騒動後の経営革として社則などを整備する際に同族企業にしないため角川一族にを手放させ、一族を退社させたこと、歴に子息がいないことから後継者問題が生じていた。

経営者の姿勢としては合理的ではあるが、オタク向けだけでなく、実写映画ドラマにも関心があり、『沈まぬ太陽に関してはトップ自ら調整に出ており、社長就任当初当初はアニメ映画中心だったが90年代後半以降、角川映画復活させ映画リングシリーズメディアミックスについて自らも携わってきた。

また若いときから予算に厳しいとされており、番頭として動いていたこともありの会社を傾かせるような大盤振る舞い予算を使うのとは対照的であるとされる。

アメリカAmazonKindleくから危機感を覚え、デジタルトランスフォーメーションを推し進め、ブックウオーカーNTTドコモとの合弁事業ドコモアニメストアの事業も推し進めていた。出版社のを外したメガコンテンツプロバイダー化をす方針を掲げ、出版拠点、博物館観光拠点の『ところざわサクラタウン』の開設にも熱心であった。

以上のように、日本サブカルチャーオタク分野に多大なを与えている、オタク文化の偉人である。

角川グループ以外でも、日本雑誌協会理事長、日本映像ソフト協会(JVA)会長コンテンツ海外流通促進機構CODA)代表幹事、東京映画チェアマン内閣官房知的財産戦略本部本部員、東京大学大学院情報学環特任教授、財団法人角川文化財団理事長、一般社団法人アニメツーリズム協会理事長など、くような様々な重要ポストを歴任した。

編集者漫画原作者の大塚英志とはしい仲であったが近年は歴について批判立つ。(が、角川書店系にて漫画連載を続けている。)

このように全にを乗り越えたはずの歴だったが、一つにあって歴いものがあった。

そう、逮捕歴である。

だが、2022年9月14日2020年東京オリンピックパラリンピックスポンサー選定をめぐる汚職(大会組織委員会元理事の高橋治之容疑者に対する贈賄)容疑で、東京地検特捜部は歴ほか2人の社員、元社員を逮捕した。このことによって彼ら兄弟は初めて、逮捕歴という同じステージに登ることができたのだ。

ただこれらの話は検察のであり、被疑者否認事件であり2022年10月4日現在、検察により起訴はされたが、歴本人は弁護士を通じ裁判で無罪するとしている(会長は辞任)。よって裁判で有罪とは確定していないことに留意する必要がある。

備考

電撃文庫角川EPUB選書など一部のレーベルの巻末には角川歴彦による刊行の辞が掲載されている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%AD%B4%E5%BD%A6
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

角川歴彦

7 ななしのよっしん
2022/09/15(木) 09:11:49 ID: XOYSTIfIJW
よりは大人しいと思ったら…
8 ななしのよっしん
2022/09/15(木) 11:35:02 ID: QEyB2SiKoD
角川商法とか邪の塊でしかかっただろ
9 ななしのよっしん
2022/09/15(木) 20:56:29 ID: LJnXuhsCt0
戻ってこい
10 ななしのよっしん
2022/09/16(金) 01:16:16 ID: hz3KvHmBvL
あのリオ閉会式見たうえでの東京オリンピックの出来はな最悪や
それに加担しとるんはほんまに情けない
11 ななしのよっしん
2022/09/16(金) 01:26:55 ID: ZiOsv2I9ln
あの素晴らしい閉会式からどうしてああなったんだろうな
野村萬斎椎名林檎MIKIKOプラン完成形を見たかったわ
12 削除しました
削除しました ID: EoKreY8Jkm
削除しました
13 ななしのよっしん
2022/09/16(金) 12:57:59 ID: 2ES2Ui3/PS
>>6
実際どこまでが氏の功績なのかは分からないけど、の印はむしろ逆。
元々多岐にわたってたオタクレーベルの多数を強引に手中に収め、KADOKAWA系という一色にしてしまった人というイメージ
それで電撃は伸びたが、富士見とかはむしろトドメを刺されたイメージさえある。
14 ななしのよっしん
2022/09/16(金) 13:51:51 ID: DvrOhTnxvo
>>13
電撃MFは伸びた感あるな
富士見もだがそれ以上にスニーカーの凋落が酷かった
15 ななしのよっしん
2022/09/16(金) 22:59:13 ID: LJnXuhsCt0
あくまでの心だけど
アニメって言ったらなんでもかんでもKADOKAWAKADOKAWA
KADOKAWA関わってないアニメのほうが少ないんじゃないかってくらいで
判官贔屓なのかあんまKADOKAWAにいいイメージ持ってなかったわ
16 ななしのよっしん
2022/09/16(金) 23:02:09 ID: LJnXuhsCt0
あくまでの心だけど
アニメって言ったら何でもかんでもKADOKAWAKADOKAWA
KADOKAWA関わってないアニメのほうが少ないんじゃなかってくらいで
判官贔屓なのか正直あんまいいイメージ持ってなかったわ