触手排泄単語

ショクシュハイセツ
1.1千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

触手排泄とは、人間肛門から、動物分類学上環形動物脊椎動物にあたる生物一方的に、あるいは双方の合意に基づき排し(排され)た時の、快楽もしくは苦痛を伴う表情、羞恥的な体勢を眺める性癖である。

歴史

触手排泄の歴史近代に始まる。このジャンルの始祖にあたる尿好症の人々は、教育によって、排という行為が恥ずかしいものと位置付けられてから、人々の認識が徐々に変わると同時に生まれたとされており、現在その嗜好は多岐に渡るようになった。

その後も尿好症の人々は、近代以降のどの時代にも一定数存在するようになるのだが、世代を下るごとにあるにぶつかるが続出した

近代社会教育によって矯正された衛生観念を内在化した現代人は

他人が頑ってお尻から物をひり出そうと姿には奮できるが、便そのものは見たくない

という倒錯した欲望を抱え込むようになったのだ

このの末に、新たに生み出された性癖疑似である。

と、性的な意識の芽を切り離せないままでいた尿好症の人々は、自身の衛生観念との摺り合わせが上手くいかなくなると、排という性癖から便という要素を取り出し、代わりに透明な、チューブ状のゼリースライムなどの半固形物や中で固まるゼリーディルドなどの固形物に取り換えることによって、現代社会に適応していったのだ。

所謂、これが当記事が説明している触手排泄という性癖の直系の先祖にあたる。

差異

ただし、触手排泄が疑似と異を成してる部分は、排タイミング触手の意志によって決定されるという点、場合によっては人間側が意図せぬタイミングで半ば強制的に排してしまうという部分が決定的に異なる。

従来のものとべ本人の括約筋のにかかる負荷が段違いであり、あくまで最後は自分の意志によって排する疑似が、理性VSであるとすると、触手排泄において便意が頂点に達した際に繰り広げられる戦いは理性VS+外的要因と見なすことができ、そのままならなさ、尊厳が瓦解する様は多くの人間を虜にしている。

今日に至るまで、人間欲望に対する追及は飽くことを知らない。触手排泄はまた新たなるジャンル分岐を成している。肛門ではなく口から出るタイプの排触手そのものとを深めたうえで行為に及ぶ、手枷脚枷で貼り付けにされたまま排等。

関連動画

関連静画

関連商品

最初に"眺める性癖"と記述した通り現代の技術では体験することはできない。いつの日か、テクノロジーが触手排泄に追い付くまでは、それに想いを馳せるしかないのだ。

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%A7%A6%E6%89%8B%E6%8E%92%E6%B3%84
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

触手排泄

1 ななしのよっしん
2022/02/13(日) 13:14:11 ID: AHUSKnzp9G
関連静画全部クじゃないかたまげたなぁ
2 ななしのよっしん
2022/07/02(土) 01:49:59 ID: IQwXVzP5/0
本物でもかまわんぞい
3 ななしのよっしん
2022/07/02(土) 01:57:43 ID: JzsJVu7YV2
お尻からひり出す姿がそんなに好きになったのか、ウルトラマン