記録単語

キロク
5.0千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

記録とは、

  1. 物事を書き記したもの。または物事や情報を書き記しておく行為。
    1. 「メモを取る」などとも呼ばれる。(記録する行為)
  2. 写真、音映像デジタルデータ
    1. 保存する行為、保存したそのものをす場合もある。
  3. 競技での実績。
  4. 資料、備忘録。
  5. …転じて、情報思い出歴史記憶の類と同じ意味で使われることもある。

である。

本項ではに1・2に関して取り扱う。

概要

私見、感じたもの、使用法、製造法、保管場所、パスワードネタアイデア、会話内容、思い出、万が一にも絶対に忘れては困る事情報などを、見返したり忘れてしまった時や、情報素材として使用する、人に教える(継承させる)際など、後に使う機会が来る時のために備えて作られる場合が多い。
よく使う英単英会話フレーズなど、など、要点を自分なりに分かりやすくまとめたものも広義の記録と言える。…また逆に、後世や後輩の為に他人の残したそれらを言う。

人間記憶は曖昧なものなので、いくら重要な事であっても時間経過などで大半の情報を容易に忘れてしまう。大まかには覚えている事も多いが、なぜ、どうすればそうなる、例外的な処置といった細部を忘れてしまい、事後的に再現しようとした際に苦労する場合も多い。自分自身で一度経験した事ならまだしも、人づてで聞いた人はほとんど暗中模索を余儀なくされる。

近年は記憶媒体の小化によって小さなUSBメモリでも市民大量の個人情報が持ち歩けるなど、便利になった反面紛失・盗難された際のリスク大という問題もある。[1]

  • 単純に備忘録として書き残される事も多い。
  • 職人など、本人が亡くなってしまい技術が全に途切れる事を防ぐためのも用いられる。
  • 機密性の高い「社外秘」「個人情報」などの記録もあり、丁重な取り扱いが望まれる。
  • 日記などは思い出のほか、いつ何をした、購入したなどの情報にもなる。
    • 記録したものにさらに日付を記録しておくと、後で見返す際に非常に便利。
  • 時代や歴史の記録、後世に残すものとして、日々世界中の様々な風景イベントが記録されている。
  • 内容によっては、メモ帳や小さなきれひとつでも「記録」になりうる。
  •  記録したものをインターネット上で広く頒布・開する場合も多い。
    • 個々の知識記録を持ち寄ったニコニコ大百科なども大きな記録の一種とも言える。
  • スパイ、産業スパイなどは相手や相手企業の記録情報を手に入れるのが的。

もちろん記録する物自体が間違っていた(誤字脱字や勘違い)した場合は効果半減どころか逆効果になってしまう場合がある。

記録した情報として、単純に「情報」の事をす場合も多い。
ただし記録する行為とは特性が大きく異なる。(→情報

不正摘発・防犯用途

いじめブラック企業ブラックバイトパワハラ悪質クレーマーモンスターペアレント危険運転詐欺恐喝賄賂や癒着といった、もはや書ききれない各種不正や犯罪、実情を暴き世に知らしめるための重要拠、またそれを予防するための牽制としても活用できるので覚えておいて損はない。 …詳細は各種関連項目参照。その他、不倫浮気拠記録にも使われる。

十分な情報があれば、裁判や捜も非常に有利にスムーズに進む。

たまに大学の悪徳理事長や悪徳業者、経営者、教師教育委員会、役場、政治家不祥事が起きた際、こっそり録音されていた悪の組織でしか聞かないような発言がテレビ開されるのは見たことがあるはず。不審な跡や頻繁なイタズラがあったため小カメラを仕掛けていたらまんまと引っ掛かった映像もよくある。

当然向こう側は隠蔽や拠隠滅を図ってくるため、言葉巧みに預かろうとしても渡してはならない。都合の悪いものは「偶然紛失した」「処分してしまった」「だから問題は存在しません」で済ませるのがこのである。(いじめアンケートなど)後述のバックアップ活用されたし。相手は罪悪感の刺・泣き落としなども行うが、他人の安全や人権を軽視したり多額の利益を横領するような極悪人心を期待してはいけない。(何とでも言える点は"焼き土下座"の項が詳しい)

広く公表してみた

一長一短あるが、SNSYoutubeなどで不正や悪事を広く開すると不正を認めなかった経営者や教育委員会などが逃げ場がないと観念し、一転謝りし始めるケースも多い。(謝罪だけして責任や対策を有耶耶にするパターンもある)

その企業や業界にいる人が裏の実情をバラしまくり、搾取状況をまとめた記録を切丁寧に分かりやすくグラフにまとめて開した結果、業界が「最近は人手不足が加速して困る」と問題解決を棚上げしたまま何か言ってるパターンもある。搾取をやめて労働環境善すればいいのでは。

…逆に他人が摘発する以前にバカッターなど、本人自身が犯罪など問題のある記録を開して自爆炎上してしまう例もある。「限られた人しか見てないと思った」…無知とは怖いものである。

予防・牽制

問い合わせをする際、「この通話は録音(記録)されています」と自動音で軽く流れるが、これがあるだけで悪質なクレーマー減する有効な牽制である。

「監視カメラ作動中」とデカデカと貼り付け、あちこちで死く監視カメラらせていればイタズラ犯罪を起こす気も失せやすい。(悪事が記録されてしまうため)

購入記録であるレシートの確認を怠ってしまい、クレーマーが(500件以上)調子に乗りまくった事例もあるため、小さな切れだからとバカにできない。(→クレーマー

記録機材

身近なものではノートメモ帳パソコンスマホ内のデータとして記録保存される。

写真カメラが高価だったり、現像が必要だった昔とべて現在でもカメラ付き携帯で気軽に撮できるなど、記録に対する敷居は大きく下がっている。大量のフィルムを持ち歩く必要がなく、薄いSDカード一枚でも膨大な量の写真や長時間動画が撮れるようになったのも大きいといえる。

記録する部分(記憶装置など)で言えばレコードフィルムカセットテープビデオテープフロッピーディスクMDSDカードUSBメモリHDD…など非常に多岐にわたる。

記録の寿命

保管状況によって記録媒体や内容は劣化・消滅していく。

書籍などは温度・湿度・紫外線害虫(食)、カビ没で少し劣化しても内容は読めなくはないが、スマホパソコンのデリケートな記憶媒体は読み込みが不可能になる事もしくない。(軽度の場合は業者に依頼することで復元できる場合があるが万ではない)

かなり昔の記憶媒体のものは、別媒体へのバックアップが望まれる。複数へのバックアップや別々の場所に保管するといった対策があればなおよい。(銀行などは時間をかけて毎日行っている)

CDなどはおおむね寿命が10年と言われていたが、保管状況が良かったのか追記編集者CDで試してみたら普通読み込めた。だが今後は読み取りづらくなったり、読取不可能になる可性もある。もちろん記録したノートCDごと火災に遭ったり、災害事故等のトラブルで焼損・破損してしまえば読取はほぼ不可能になるのは言うまでもない。

ピラミッドにある古代の壁画、古代文字ヒエログリフ)など、石を彫り込んだものは非常に劣化しづらいため、現代でもほとんどそのままの形で残っている最強の保存方法である。(ただし大きくかさばり場所を取るといったデメリットはある)

意図的に記録を壊すもの

前述のとおり、大事な記録は残しておくものだが、場合によっては望ましくない場合がある。

パソコン記憶媒体自体を棄する際にはHDDなどを破壊しておかないと、悪意ある人間が持ち去って中のデータを復元する事も可な点に注意されたい。メモ帳などは一旦全部消してから「上書き保存」すると、万が一にデータを復元しても空っぽデータしか読み込めないという裏技もある。(HDDを破壊せずとも、復元による悪用を防ぐ手段としては有効)

自分に万一の事があった場合、時間経過やパスワードミスによってエロ画像やアレ動画満載のHDDの中身を自動で消去してくれるソフトもある。心配な方は活用してみよう。

監視カメラドライブレコーダーなど記憶容量が上限に達した場合、古い記録データを消去して自動で上書きしていく方式が多く取られる。(解像度フレームレート・記憶容量によって異なる)逆を言えば何かあった場合には撮を止めないと、いずれ上書きされてしまうので注意。(異常時の映像のみ別途に取り置いてくれるものもある)

フィクションにおける記録

記録してみる

現代は前述の記録機材の普及によって、何気なく記録を残す事が容易となっている。

の開発、災害や急病、事故などで風景や身近な人の存在が変わってしまう事はしくない。また10年以上前に撮した写真など、久しく見た記録は曖昧な記憶を鮮明に引き戻し、なかなか味のある思い出である。撮時間も記録されるため、時間ごとの現在地を後に割り出すことも容易である。

写真アプリ等の合成・加工で楽しむ人、日記替わりに撮する人やメモ帳の内容を撮して活用する人もいるなど、アイデア次第で汎用性が非常に高い。クリエイターの方々には素材としても役立つ。

トラブルトラブルになりそうな時、困ったら録音厄介な相手は必ず録音といった発想を持っておくと後々に助かる。屋外での頻繁なイタズラなどの記録は「トレイルカメラ」が役立つ。小ICレコーダーは3000円程度から購入できる。

いざという時に備えて、家族や遺族のために保管場所や遺言などを記録しておく手もある。
(遺言、遺品の処分方法、通帳の暗番号友人への連絡、葬式はしなくて良いなど)

こうして書きった記録は将来、かの役に立てば幸いである。

関連動画

関連静画

関連商品

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *2022年には尼崎市で業者が市民全員個人情報が入ったUSBを持ってを飲んで帰ったら、入れていたカバンを紛失した事に気づくといった事例がある。

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

記録

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 記録についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


おすすめトレンド