誉田哲也単語

ホンダテツヤ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

誉田哲也(ほんだ てつや)とは、日本小説家1969年生まれ。

概要

東京都出身。ミュージシャンしてバンド活動をしていたが、30歳を前にそのを諦める。格闘技サイトに観戦記を寄せていたのをきっかけに小説家し、2002年に『ダークサイドエンジェル 妖の』で第2回ムー伝奇ノベル大賞という非常にマイナーな賞を受賞しデビューする。

2003年、『アクセス』で第4回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞して本格的に一般文芸デビュー2005年から刊行した『ジウ』三部作で評判を呼び、その後もコンスタントヒット作を続け人気作家となる。

作品は警察小説青春小説が二本柱。警察小説の代表作は前述の『ジウ』シリーズと、『ストロベリーナイト』に始まるシリーズ2016年には『硝子太陽Rouge/Noir』で両者がコラボした)。青春小説の代表作には映画化された『武士道シックスティーン』に始まる武士道シリーズがある。男性作家だが、女性主人公の作品が多く、有川浩く「誉田哲也は心に少女を飼っている」(『武士道エイティーン』解説より)。

シリーズは『ストロベリーナイト』のタイトルで、竹内結子演で2010年フジテレビ系で単発ドラマ化、2012年に連続ドラマ化、2013年映画化(『感染遊戯』までの長編3冊と短編集2冊、『インデックス』収録の「アンダーカヴァー」までが映像化された)。2019年には『ストロベリーナイト・サーガ』のタイトルキャストスタッフを一新して再ドラマ化(『ブルーマーダー』まで)。
武士道シックスティーン』は2010年映画化。他に『ジウ』『ドルチェ』『ヒトシズカ』『プラージュ』がテレビドラマ化、『世界でいちばん長い写真』が映画化、『ハング』が配信ドラマ化されている。

2006年ストロベリーナイト』で第9回大藪春彦賞補、2008年武士道セブンティーン』で第24回坪田譲治文学賞補、2009年ハング』で第12回大藪春彦賞補、2012年『あなたが愛した記憶』で第3回山田風太郎賞補、2014年ケモノ』で第5回山田風太郎賞補、2020年背中蜘蛛』で第162直木賞補……と文学賞補にはちょくちょく挙がっているが、デビュー時の新人賞以外は今のところ受賞歴はない。

作品リスト

関連動画

関連商品

ジウシリーズ

姫川玲子シリーズ

武士道シリーズ

その他の作品(一部)

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%AA%89%E7%94%B0%E5%93%B2%E4%B9%9F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

誉田哲也

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 誉田哲也についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


おすすめトレンド