調布飛行場単語

チョウフヒコウジョウ

調布飛行場とは、東京都調布市所在する東京都営の飛行場である。

概要

基礎データ
ICAO RJTF
種類 その他空港
滑走路 800m(17/35
開港日 1941年4月30日
設置場所 東京都調布市

正式名称は「東京都調布飛行場」で、「調布空港」と呼ばれることもある。飛行場の一部敷地は三鷹市府中市にもかかる。

1941年4月30日メイン滑走路と横用滑走路の2本の滑走路を備える共用飛行場として開港。これが現在の調布飛行場の前身である。開港から間もなく太平洋戦争が始まり、戦時中はもっぱら帝国陸軍が使用した。戦時中は未舗装の滑走エリア現在味の素スタジアムや警視庁警察学校付近まで広がっていた。この拡によって、新撰組局長近藤勇の生が取り壊されている。

終戦後、調布飛行場はアメリカ軍に接収され、舗装された滑走路は飛行場として使用。未舗装エリアのうち西側は人堆肥を用いない耕農場とされた。1954年に飛行場の日共同使用が認められ、翌年一部が返還。1973年日本に全面返還された。

1979年、新中央航空伊豆新島行の航路を開設。1984年には伊豆大島行、1992年には神津行がそれぞれ開設された。

実は調布飛行場が正式な飛行場となったのは2001年3月のことと随分最近の話である。アメリカから一部が返還された1955年から2001年までは場外離着陸場という飛行場であって飛行場でない施設だったのだ。

現在伊豆方面への民間航路が発着する他、小プライベート機の運航拠点としても使われている。ただし安全の問題などから遊覧飛行的での利用は認められていない。

主要施設

滑走路

長さ800m、幅30mの滑走路を1本持つ。ILS(計器着陸装置)はない。

旅客ターミナル

ターミナル建物内には新中央航空チェックインカウンター、待合室、自動販売機トイレなどが設置されている。ATM・外貨両替所・レストランはないが、ターミナル外の空港敷地内にレストランプロペラカフェ」がある。このレストラン運営会社の日本エアロテックの社員食堂も兼ねている。

運航路線

全て新中央航空が運航。機材は全てターボプロップ小機である。

アクセス

鉄道

調布飛行場へ直接乗り入れる鉄道路線は存在せず、最寄りからはやや遠い。歩く場合でも全域に渡って地なので歩きやすい。

バス

自動車

事故

調布飛行場ではこれまでに2回離陸直後の飛行機墜落する事故が発生している。

1件1980年8月10日航空測量のため離陸した共立航空撮影所属のエアロコマンダー685が近隣の調布市調布中学校校庭に墜落。搭乗していた機長と撮影係が死亡

2件2015年7月26日、飛行訓練のため離陸した日本エアロテック所属のバイパー PA-46が近隣住宅地に墜落。搭乗していた5人のうち2人が死亡、3人が負傷し墜落したの住民1人が死亡、2人が負傷。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%AA%BF%E5%B8%83%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E5%A0%B4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

調布飛行場

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 調布飛行場についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード