編集  

論理単語

ロンリ

論理(んり/Logic)とは、考えや議論を進めていく上での筋のことである。
論理(ろんりてき/Logical)とは、議論論理に沿っているということである。

概要

論理学の記事も参照されたい。

論理的」とは、冷静で聞こえが良くて正しい、とか、感情がなくて冷たいという意味ではない

善いことかどうか、いじめられないかどうか、法律に違反していないかどうか、話している人が落ち着いているかどうか、話している人が突然殺人犯になったりはしないかどうか、そいつの言っていることはかる話なのかどうか、語尾に「ですぞwww」をつけているかどうかは論理とは関係がない。
下記に詳述するが、一般言において「論理」という言葉は「正しい」「感情でない」にかかわるありとあらゆる言葉と混同されている。したがって、論理とは「何であるか」をる前に、「何でないか」を長々とる必要がある。

一方、人間のにはどう考えても正しいようには見えないが、計算をすると真理値が1になるならば、論理的に正しい。

例えば、「『AならばBである』ならば『BでないならばAではない』」は、AやBにいかなる言葉を入れてもである(対偶)。
よって、以下のようにめちゃくちゃな言葉を入れても論理的には正しい。

ヨメガ・パンサーならばスリジャヤワルダナプラコッテである』ならば『スリジャヤワルダナプラコッテでないならばヨメガ・パンサーではない』

すなわち、論理(形式論理)とはExcel関数のようなものである(Excelに限らない、とか関数じゃなくて写像だという話は「Excel」「数学」「関数」「写像」などの記事に譲る)。
引数を入すれば、論理関数「and」「or」「not」「imply」の定義に従って真理値を返すが、入されている引数がむちゃくちゃかどうかは判定してくれないのである。

みんなが納得してくれるような言葉でも、論理的に正しいとは限らない。

論理的に正しくても、論理以外で正しいかどうかは別である。

しかしながら、「論理的に正しい」というお付きは、その体系の中では絶対に覆らない非常に強な正当性を持つ。ゆえに、人は自分の言葉に「論理的」のお付きをもらうのが大好きである。そして、論敵に「非論理的」のレッテルを貼るのも大好きである。

こうやって散々説明しても「うはwww お前www 論理的じゃないプゲラwwww」というような、非論理的な言葉で論理とは関係ない部分を貶める議論が噴出するだろう。

だから論理論理切なくて。

関連項目

  1. 論理学 - ある論理真理値の決定法を問う学問。
  2. 理性(哲学) - 人の感情とは別に、世界のありようを法則的・統一的に考える
  3. 合理①(Rationality) - 論理に合致すること、という意味の方。下記の合理②との違いに注意。
  4. 妥当(Valid) - その論理体系に沿った判定をしていること。
  5. (true) - 真理値が1であること。

混同されやすい言葉

  1. 正しさ(Rightness) - 正確である、倫理的である、合理的である、正義らない、多くの人の支持を得ている、合法的である、論理的である、など様々な意味を持つ言葉であり、「正しいかどうか」という議論はまずもって泥沼になる。
  2. (true) - 論理体系に照らし合わせて、命題真理値が1であること。であることだけが論理とは限らない。偽である命題も、形式論理の対になっているのなら論理である。
  3. 倫理(んり/Ethic)・道徳(Moral)・理性(一般的な意味)(Reason, Rationality)・正義(Justice, Righteousness) - 善悪・正邪を判断するために、前提となる規準。これらは区別する場合もあるがしばしば混同される。
  4. 常識(Common Sense) - ある社会の中で、正しいとひろく認識されている事柄。
  5. 合法(Legal) - 法律に合致していること。
  6. 適切(proper) - 的・状況にふさわしいこと。この意味での「妥当」も当てはまる。
  7. 理論(Theory) - いくつかの現を統一的に説明できるような法則の体系。
    1. 役割論理 - ポケモンバトルにおける戦術のひとつですなwww 本来なら「理論」とすべきですぞwww
    2. 理論(theoretically) - 理論に基づいて推論すると。しばしば「実践的でない」「机上の空論」の意味合いが含まれる。
  8. 合理②(Rationality) - 「損が少ない、得が大きい」「駄がない」という意味の方。
  9. 冷静(Calmness, Sanity) - 落ち着いていること。逆上しないこと。
  10. (Rhetoric) - 自分の考えが正しい、よいと思わせるような話し方を研究する学問。

論理でないものの例

以下のものは、論理と混同されるが論理ではない。
論理でないものは、であることや偽であることとは関係がない。

また、論理でないということが、それが悪である、誤謬である、不快である、話者が愚かである、不正義であるというような、他のネガティヴな評価に直接つながるものではない。

多くの人が賛同できる主観

以下の文章は、多くの人が納得できるものだろう。

しかし、「暑い」は主観であり、主観真理値を決定できない。
ハワイの年均気温は○○℃以上である」ならば論理だが、「暑い」は論理ではない。

しかし、論理ではないことと、「ハワイが暑い」が"正しい"かどうかは別問題である。

多くの人を説得する論法

論理学を本格的に勉強していない人は、ディベートやプレゼンで使われる話し方を「論理的な話し方」と混同しがちである。

それらは、「多くの人に、自分の考えが正しいと思わせる」ような話し方ではあっても、(ある前提の元に)普遍的に正しいかどうかを議論するものではない。

このような論法の体系はトリック(弁法)と呼ばれ、ロジック(論理学)とは異なる概念である。

ディベートの勝敗、およびプレゼンの成否は、話者の技術によって決まる。
論理は、がどんな話し方をしようと、考え方のつながりが正しければ正しい。

怒らない、興奮しない語り口

話者が冷静であるかどうかと言うことと、論理は関係がない。
怒ろうが泣こうが、正しい論理は正しいし間違っているものは間違っている。

  • 2足す2は4だっつってんだろバカヤローーーー!

は、正しい論理である。「だっつってんだろバカヤローーーー!」は、論理とは関係ない部分なので単に視される。

は、冷静で理知的な話し方だが、「すすめる」は真理値を決定できないので論理ではない。

論理であるものの例

下記の文章はめちゃくちゃだが、論理的に正しい。

すべてが間違っているように見えるが、命題全体はである。これは、前件「桂歌丸ハゲでないならば、ハゲであるならば桂歌丸である」が偽であるため、後件の偽にかかわらず命題となることによる。

このように論理的にである文以外に、下記のように偽である命題論理である

上記は「誤った論理」であるが、「論理でない」わけではない。
これは「2+3=10」が誤った数式ではあっても数式でないということにならないのと同様である。

真理値を法則的に決定するための議論の対になっているのなら、それは論理である。

同様に、上記で「論理でないもの」としたものに類似の例でも、記号化し、そのつながりによって真理値を決定できるのならば、それは論理である。非古典論理で扱われる。

例えば、「暑い」は論理ではないが、「気温がt℃ならば、Arctan(t-15)/π+1/2の真理値で暑い」ならば論理である(ファジィ論理)。

「私はサンタさんがいると信じている」は論理ではないが、「私はサンタさんがいると信じているならば、私はサンタさんが発見されると信じている」は論理である(認知論理)。

帰納法を論理とみなすかどうかは、議論の分かれるところである(「論理学」の記事では論理学に含めて論じられている)。帰納法は演繹法にべて真理性が保されないが、バイアスやイドラといった「人の思い込み」の体系づくりや、その排除方法の開発など、論理性を少しでも担保するべく努が続けられている。

いずれにせよ、論理は「ある前提の元に推論すると、これは正しい」という形でしか正しさを決定できないため、前提が正しいかどうかの判定はできない。前提のない命題偽も判定できない。

論理的」は錦の御旗ではない。
前提を外れれば何のにも立たない、き里の蝙蝠に過ぎないのである。

関連動画

関連商品


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%AB%96%E7%90%86
ページ番号: 5534636 リビジョン番号: 2604841
読み:ロンリ
初版作成日: 18/07/06 01:14 ◆ 最終更新日: 18/07/06 01:14
編集内容についての説明/コメント: 新規作成。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

論理について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2018/07/07(土) 10:12:56 ID: HeVD87guFR
この世で最も意味で、人類が知的生命体だと錯覚させたもの。
これを利用できる人間の方が希少なのに。
2 : ななしのよっしん :2018/07/07(土) 10:22:52 ID: C+9rY74sNd
最も、って表現形式も論理なんだがな
結局人間の思考って論理から逃れられないことに難がある。むしろ論理の方が粗雑すぎるんだわ
3 : ななしのよっしん :2018/07/07(土) 12:09:55 ID: 2KqKbMw3jU
とりあえずお約束だが、「論理」の前に「理論」とは何かを理解した方がよい。

理論」とは、個々の事実を統一的に説明し、未知の物事に対する予測を可にする体系のこと。
(「体系」とは、一貫した原理で組織された知識、という程度の意味)
ちなみに、事実ではなく意味を統一的に説明し予測可にする体系のことは、「意味論」と言う。
理論や意味論の中でも特に、物事を単純化・抽化したものを「モデル」と言う。
また、数理科学ではしばしば、「何のモデルであるか」を捨した「形式体系」のみが研究対になるが、
その「形式体系」は、「公理系」(明を必要としない形式的な「文」の集合)と「推論規則」からなる。
そうしたある形式体系Aが他の形式体系Bのモデルとみなせるとき、AはBの「表現」である、とも言う。
こうした理論や意味論やモデルや形式体系や表現の存在意義は、もとの情報を扱いやすくすることにある。

一方、「論理」とは、推論に関する形式体系。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
4 : ななしのよっしん :2018/07/08(日) 02:17:01 ID: HeVD87guFR
前提とは2+2の様な計算前の式であり、形式的手続きは足し算であり、結論は4の事だよね。
そして推論規則とは、足し算を用いるのが正しいかどうか、あるいは足し算の答えが4になるのかどうか、という理解で良い?

だとすれば「ただし、推論規則が正しいことに対する合意が大前提となる。」と言うのは実感するし、そして同時にそれは不可能だと思う。

ウィキペディアにおいて詭弁と呼ばれる思考法を、正当な物と考える人は本当に多い。それに感情論を是とする意見もある。
どの様な過程を採用するかは側からは主観にしか見えない以上、それは主観でしかない。

そして何より、明が長い程説得がない。
これらの点から、正直論理とかは一般社会生活上まるでゴミの様にだと思う。
5 : ななしのよっしん :2018/07/08(日) 07:19:51 ID: 2KqKbMw3jU
論理が何か正確に理解したいなら、形式体系とかそこらへんから理解すると良いが、
その上で情報も重要なキーワードとなる。
観測、調、観察の結果として情報が得られ記録されて、それはしばしば特定開範囲で
他者と共有される。それを情報と言って、その具体的な表現のことをデータと呼ぶ。

そこで問題となるのが、利用できる情報には限りがあるということだ。
これは観測、調、観察の技術、資、権限、および他者の保有する情報の利用権が関係する。
そうした限られた情報から幅広い応用に資する情報を得るには、大きく分けて、
統計的手法と論理的手法とがある。統計的手法も、近似的情報を導く論理的手法と言えない
こともないし、一種の帰納論理ともみなせるが、ここでは区別しておく。
これら2つの手法は科学的手続きの2つの柱を成しており、特に論理的手法はもとの情報から
確実に導ける情報は何か明らかにする手法として科学的応用にとどまらず利用される。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
6 : ななしのよっしん :2018/07/17(火) 02:48:30 ID: Enth1kzxO8
ラクトースを拾ったんだけど、最近の糖類は音楽を奏でるらしい
7 : ななしのよっしん :2018/08/02(木) 12:05:07 ID: e+IedRTSfc
「論」が柵・グリルで「理」がグリッド・格子でしょ

つまり
論=囲い込み、区割り、エンクロージャ
理=座標割当て、パターニング

こう考えると論理というのは回路構築法の事で理論というのは回路解析法といった具合になるかと
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス