諸葛亮単語

ショカツリョウ


 

 

 

しょかつりょう
諸葛亮   いわく、

ほかに することは ないのですか?

 

わたしは ちゅうごく さんごくじだいにて しょくかんに つかえた せいじかです。 あざなは こうめい。

くわしくは グーグルか ウィキで おしらべなさい。


まて あわてるな これは こうめいの わなだ?

だ ま ら っ し ゃ い !

なんでも わたしのせいに すればいいという ものでは ありません。

概要

中国時代にてに仕えた政治家。字は孔明

劉備三顧の礼で迎えられ配下となる。劉備の死後は劉禅に仕えた。
その後、丞相として内政に励みながらも自ら軍を率いてを攻める北伐を行った。5度の北伐の最中、五丈原の戦いの中にて病没。北伐の際に奏上した出師の表、後出師の表は名文として有名。
(なお、後出師の表は演義のみの登場であるため、後世の創作である可性もある)
一族にも有名な武将が多くいる。例えば諸葛瑾にて政治軍事の両方で活躍していた。

演義の活躍のため、妖術使いだとか謀の策士とされることが多いが、(実際、コーエー三國志でもそういう扱いを受けている)正史では内政に特に優れていたようである。
戦争揮や戦術眼に関しては孔明と並び称されたこと龐統や、劉璋を裏切り劉備らを迎えた法正らの方がすぐれていたと評されることが多い。(共にの建以前に死亡し、北伐には参加できなかった)
正史での彼は戦争に関して慎重で、むしろ奇策を好まなかった。ほぼ確実に勝てると踏んだ時にしか攻めなかったため、よく魏延と対立した。有名な話としては、北伐の際に魏延が敵の後ろからの奇襲を提案したものの、成功するかどうかは半々だったために孔明が退けたというものがある。このことについて、に劣るが致命的な大敗を免れてきた孔明の戦略眼と見るか、奇襲での勝利以外に逆転のがないにも関わらず奇策を用いれなかった孔明失策と見るかでその手腕の評価は異なる。

陳寿は評において「臨機応変の軍略は得意でなかったのではないか」と疑問を投げかける。ただし、諸葛亮が数で勝る軍を相手に、さしたる損もなく「勝てずとも負けない戦い」を数年に渡って展開し(北伐最大の損馬謖の出した三千前後の損であり、大将級が討ち取られたこともない)、退却時にも王双や対戦線のナンバーツーの名将・張郃を討っている。電石火の急襲を得意とする司馬懿ですら、打ち破られて堅固に守り続けるしかない状態に追い込まれたことは紛れもない事実である。(敵の司馬懿からも「下の奇才」と最大限に評価されている)

外見は多くの場合、着物に先端がくるくるっとした帽子を被り、羽扇を持っており、たまに車椅子に座っている(彼の発明品「四輪」の想像図にちなむ)。

諸葛亮に関する成句

諸葛亮をもとにしたキャラクター

策士・諸葛孔明ジャイアントロボ THE ANIMATION~地球が静止する日~
「だまらっしゃい!」
書籍『世界征服は可か?』において「寒さで部下が次々と凍え死んでいるのに何が『策士孔明プランどおり』か」とダメ出しを喰らっている。
諸葛亮恋姫†無双
はわわ、ご人様、敵が来ちゃいました!」
時々テンパって舌をかむが、軍師としての判断折り紙つき。「」では同僚に「あわわ」ことホウ統が加わる。
諸葛亮孔明一騎当千
諸葛亮孔明(鋼三国志
孔明リ・ガズィBB戦士

関連動画

以下は孔明の個人研究動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%AB%B8%E8%91%9B%E4%BA%AE

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

諸葛亮

573 ななしのよっしん
2019/04/29(月) 13:08:32 ID: AqAxEjhc0j
をまたいでジャーナリストリアルタイムに流してくれる信頼できる情報を見てチャンスを逃さず
スマホ見ながらポチれば3日くらいで装備糧秣練度十分の即戦力部隊が現地に駆けつけ整然と布
なおかつ弱小国の自民は不満・不安を漏らすどころか全で応援してくれる

そのくらいよゆーよゆー
574 ななしのよっしん
2019/04/29(月) 20:46:49 ID: KAK9Qs+RqE
>>573
575 ななしのよっしん
2019/04/29(月) 20:58:28 ID: KAK9Qs+RqE
>>574誤爆です申し訳ありません

スマホ並みとは言い過ぎだけど、どの時代でも教科書に載る
大陸を統一するような)レベルの化け物連中は情報収集・分析が半端ないからなあ
現代でも手段が変わったとはいえ情報戦そのものの重要性は変わりないし
諸葛亮自身の北伐でもを消費していない訳がないから
機を待って全を注げる状況を作れる人材は欲しかったと思う
って言っても仕方がないのだけれど
576 ななしのよっしん
2019/05/03(金) 01:11:19 ID: RlNi28Vbu3
>>570
この時代の戦争は人取り合戦なので、どのも(特にが近いような危険地帯にはロクに人を置いていない。
もちろん多少の戦利品は得られるにせよ、桟を越えた遠征にかかる膨大な補給コストと、被害リスクに見合うようなものであるわけない。
例えばで引ける限界重量は600kgというところだが、は糧秣を一日30kg近く消費するから、10日で歩留まりは50%20日で0%
そして兵站部隊の行軍速度は日に15kmぐらいで、桟のような劣悪なではこれがさらに数倍に悪化する。
繰り返しになるけど、当時の外征にかかる補給コスト、とりわけ膨大な摩擦が発生する桟のそれをなめてると思う。

>>572
それは諸葛亮馬鹿にしすぎ。
「根競べをしてる内に強者側が勝手にこけて、弱者側に機を与える」という戦国時代や楚戦争の前例は、既にこの時代十分にあった。
知者は歴史に学ぶもの。譙周ですら仇国論で述べてるぐらいで、諸葛亮がその歴史を知らなかったわけもない。
577 ななしのよっしん
2019/05/03(金) 01:19:13 ID: fssYCRwPaW
歴史に前例があるから以逸待労すべきなんて進言すれば
まさに生兵法とはお前のことだって諸葛亮から呆れられるだけだな
578 ななしのよっしん
2019/05/03(金) 03:14:00 ID: RlNi28Vbu3
歴史の前例を見れば「弱が単純に軍事によって強を倒す」って前提をさも当然のようにしてる時点でおかしいよ。

そういうのはそれこそ楽毅のように本当に天才的な将帥だけが、かつ情勢に恵まれて可なもので、本来は「以逸待労すべき」じゃなくて「以逸待労(この場合は趁火打劫と言うべきか)するしかない」のが弱という立場なんだから。
579 ななしのよっしん
2019/05/03(金) 07:46:48 ID: KAK9Qs+RqE
>>577
そうは言っても諸葛亮も結局統一できなかった側の人間だからなあ
李世民あたりに突っ込まれるのならもだけど
580 ななしのよっしん
2019/05/18(土) 21:48:16 ID: qjItlr4kpK
曹叡が荊州方面担当の司馬懿たちを対に配置換えしたという事実だけでも諸葛亮の北伐はに脅威を与えたことを示してる
南にはあの陸遜はじめ軍が当時は北上を狙って頻繁に軍と抗争してたのだし
1.孔明は本気でを攻め潰そうとして、彼が率いた軍はが最大級の警をするほどの脅威となった
2.孔明の北伐はその途中経過だけでも雍州州を戦禍の地にすることで防の役に立っていた
狙いは論1の打倒だけど副産物で2の防にもなっていたので、孔明は成果が見込めない時期も北伐を行った、ってところじゃないかな
581 ななしのよっしん
2019/05/18(土) 22:06:37 ID: hgrsh9pzFe
あえてものすごーく単純化して考えると、
もどちらかが倒れたら自動的に詰むから、に嫌がらせし続けなあかんという事情もあるのでは
下三分の計ってある意味均衡状態を維持し続ける地獄マラソンでもあるわけだし
582 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 11:37:21 ID: AqAxEjhc0j
が拡大義を放棄するまでの辛抱やで
嫌がらせ続けたらむしろ「脅威として排除される」のを望んでるってことやで