諸葛亮単語

ショカツリョウ


 

 

 

しょかつりょう
諸葛亮   いわく、

ほかに することは ないのですか?

 

わたしは ちゅうごく さんごくじだいにて しょくかんに つかえた せいじかです。 あざなは こうめい。

くわしくは グーグルか ウィキで おしらべなさい。


まて あわてるな これは こうめいの わなだ?

だ ま ら っ し ゃ い !

なんでも わたしのせいに すればいいという ものでは ありません。

概要

中国時代にてに仕えた政治家。字は孔明

劉備三顧の礼で迎えられ配下となる。劉備の死後は劉禅に仕えた。
その後、丞相として内政に励みながらも自ら軍を率いてを攻める北伐を行った。5度の北伐の最中、五丈原の戦いの中にて病没。北伐の際に奏上した出師の表、後出師の表は名文として有名。
(なお、後出師の表は演義のみの登場であるため、後世の創作である可性もある)
一族にも有名な武将が多くいる。例えば諸葛瑾にて政治軍事の両方で活躍していた。

演義の活躍のため、妖術使いだとか謀の策士とされることが多いが、(実際、コーエー三國志でもそういう扱いを受けている)正史では内政に特に優れていたようである。
戦争揮や戦術眼に関しては孔明と並び称されたこと龐統や、劉璋を裏切り劉備らを迎えた法正らの方がすぐれていたと評されることが多い。(共にの建以前に死亡し、北伐には参加できなかった)
正史での彼は戦争に関して慎重で、むしろ奇策を好まなかった。ほぼ確実に勝てると踏んだ時にしか攻めなかったため、よく魏延と対立した。有名な話としては、北伐の際に魏延が敵の後ろからの奇襲を提案したものの、成功するかどうかは半々だったために孔明が退けたというものがある。このことについて、に劣るが致命的な大敗を免れてきた孔明の戦略眼と見るか、奇襲での勝利以外に逆転のがないにも関わらず奇策を用いれなかった孔明失策と見るかでその手腕の評価は異なる。

陳寿は評において「臨機応変の軍略は得意でなかったのではないか」と疑問を投げかける。ただし、諸葛亮が数で勝る軍を相手に、さしたる損もなく「勝てずとも負けない戦い」を数年に渡って展開し(北伐最大の損馬謖の出した三千前後の損であり、大将級が討ち取られたこともない)、退却時にも王双や対戦線のナンバーツーの名将・張郃を討っている。電石火の急襲を得意とする司馬懿ですら、打ち破られて堅固に守り続けるしかない状態に追い込まれたことは紛れもない事実である。(敵の司馬懿からも「下の奇才」と最大限に評価されている)

外見は多くの場合、着物に先端がくるくるっとした帽子を被り、羽扇を持っており、たまに車椅子に座っている(彼の発明品「四輪」の想像図にちなむ)。

諸葛亮に関する成句

諸葛亮をもとにしたキャラクター

策士・諸葛孔明(ジャイアントロボ THE ANIMATION~地球が静止する日~
「だまらっしゃい!」
書籍『世界征服は可か?』において「寒さで部下が次々と凍え死んでいるのに何が『策士孔明プランどおり』か」とダメ出しを喰らっている。
諸葛亮(恋姫†無双
はわわ、ご人様、敵が来ちゃいました!」
時々テンパって舌をかむが、軍師としての判断折り紙つき。「」では同僚に「あわわ」ことホウ統が加わる。
諸葛亮孔明一騎当千
諸葛亮孔明(鋼三国志
孔明リ・ガズィBB戦士

関連動画

以下は孔明の個人研究動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%AB%B8%E8%91%9B%E4%BA%AE

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

諸葛亮

584 ななしのよっしん
2019/06/12(水) 23:07:10 ID: +z7bxdBdvj
>>578
楽毅の場合、斉が他の諸侯を全部敵に回す&ビン王のせいで有能な人材が斉からどんどん逃げていく&代という有能スパイが斉にいるという
割と有利な状況が生まれてたからな

こういう状況になったのはの君臣達の努だけでなく
斉が失策を重ね続けたという幸運も大きい
585 ななしのよっしん
2019/06/13(木) 03:59:29 ID: aPTKX2Y9wx
>>582
の後継っていうのが大事な大義名分の一つだから(から見れば)勝手に室を名乗ってるの存在は許す訳にはいかないのでは?
を放っとこうっていうのは今のアメリカ合衆国大統領が、テロ攻撃を受けた後に
テロリストは放っておきましょう」と民に宣言するみたいなものなのかも
586 ななしのよっしん
2019/06/13(木) 04:15:39 ID: aPTKX2Y9wx
レスすまん
大義名分が必要なのはも同じで
室に圧をかけて簒奪したというのがだから(献帝も本音言うなら室続けたかったろうし…)
から見てもテロリストになるんじゃないだろうか?
なんていうか…互いにいつまでもなあなあで済ませられる関係じゃないかもしれない
587 ななしのよっしん
2019/07/10(水) 01:36:45 ID: A9/mCQM6vE
そもそもにとってはの後継というポジションに穢されてるだけじゃなく
統一王としてのポジションすらも穢されてるから放置は絶対不可能
結局からの譲を可にしたのも後の司馬昭らが征をやりとげた
(正確には鄧艾鍾会らの手柄が大きいが、上手く司馬昭が策を弄して自滅に追い込む)
事が大きい。テロリストなんてチャチなもんじゃなく日本南北朝時代みたいな
両方が天皇で正統性を持っているようなもんだぞ
588 ななしのよっしん
2019/07/10(水) 21:27:42 ID: AqAxEjhc0j
むしろあんだけ巨大な統一王400年も続いたのが異常なんだよ
589 ななしのよっしん
2019/07/12(金) 14:49:36 ID: Ft13ZeHYHE
破倭話(はわわ)…古代中国、三時代において、の軍師諸葛亮の二と対立していた。
諸葛亮の智謀に苦戦したの明はるかかなたの夷狄の・倭と同盟を結び、倭軍を前面に押し立ててに侵攻した。
女王卑弥呼は妖術を使い軍を苦しめたものの、最後は諸葛亮との妖術合戦に敗れ撤退。逆に軍に追いまくられ、沖縄の地を奪われる結果になった。
から沖縄を奪った諸葛亮は、この地に朱里(しゅりじょう)と呼ばれるを築き、、倭両に対する守りの要とした。
この諸葛亮による倭討伐の記録が書破倭話として知られる、倭人伝と並び称される古代日本を知るための古典の一つである。

民明書房刊『はわわ、ご人様、狄(てき)が来ちゃいました』より
590 ななしのよっしん
2019/07/23(火) 22:22:43 ID: 6WVfn5o6Dp
『勝てずとも負けない戦い』
この一言にすべてが詰まっている
三国志を知るにつれ、諸葛亮の評価は面いくらいに変わっていくな

孔明ってすげー 
 ->なんだ、孔明ってそこまですごくないじゃん
  ->やっぱ孔明ってすげー
591 ななしのよっしん
2019/08/09(金) 22:15:49 ID: B+M6sQDNJh
魏延楊儀はじめ一癖も二癖もありそうな部下連中をおだてたながら数少ない人材で何とかやり繰りしていく
過労もだがストレスも半端じゃなさそう
元はただの書生だったこの人をここまでやる気にさせた劉備は凄い
592 ななしのよっしん
2019/08/28(水) 23:05:56 ID: 3b8GnZ8oOh
末期諸葛仲方が歴史上出てくる最後の諸葛一族かな
多分諸葛誕の子孫
593 ななしのよっしん
2019/09/20(金) 12:40:49 ID: YPwHkRN/Xc
「定軍山にある諸葛の墓はその徳を慕い毎年参拝客が絶えぬが、宣司馬仲達)の墓に詣でる者はもいないだろう」
という感じのものを長江落日賦で読んだ記憶がある

急上昇ワード