諸葛誕単語

ショカツタン

諸葛誕とは、中国時代のに仕えた政治家・軍人である。

時代について書かれた歴史書である「三国志」やそれを物語として脚色した「三国志演義」にも登場する。

魏の狗

字は休。琅邪陽都県(現在の山東)の出身。その姓が示す通り諸葛瑾諸葛亮の同族で従弟にあたる。彼らの末にあたるという説もある。『世説新』では彼ら二人と諸葛誕を較し「を得て、は虎を得て、は狗を得た」という評を載せている(ここで言う所の狗とは功狗、即ち高い功績を上げた人物を讃えた言葉であり畜生の如き卑しい者という意味ではない)。

彼は従兄たちに劣らぬ優れた才を持っていた。仕官したでも順調に出世し、「四聡八達」グループの一人として侯玄等と共に名を得ていたが、曹叡には疎まれ「彼らの評価は画餅絵に描いた餅)にすぎない」と免職させられている。

曹叡の死後に復権し、やがての権を握った司馬氏にも重用されているどころか、縁戚関係を結んだりして同士の付き合いが深かった。同じく縁戚関係のあった王淩が揚州で謀反を起こしたときはこれを討伐している。諸葛恪の虎、諸葛瑾の子)と戦った時は破れているが、揚州で毌丘倹文欽が反乱を起こしたときはこれを鎮圧して、揚州の守備を任されることとなった。

決起

しかし諸葛誕は内心不安を覚えており、親しかった侯玄や、揚州に拠っていた王淩や毌丘倹司馬氏に滅ぼされたことから、やがて自分も同じ立場になるのではと疑心暗鬼にかられていた。そのため施しを行い民心を掴んだり自分のための私兵を養い、朝廷に対し10万の軍勢を要請している。司馬氏の当司馬昭も諸葛誕の動静を疑っており、賈充の策を容れてめに謀反を起こさせるように仕向けようとした。

西暦257年、諸葛誕は朝廷から司空への着任と知らせを受ける。これを自分を排除するための策とみた諸葛誕はついに反乱を起こし、揚州刺史楽綝(楽進の子)をって、末子の諸葛靚と配下の綱をに送り援軍を要請する。は、文欽唐咨詮ら3万の将兵を派遣する。
司馬昭はただちにの曹髦を親征させ、26万の大軍を諸葛誕の篭る寿に送り包囲させる。諸葛誕らは何度も包囲を破ろうとするが軍に撃退され、援軍に駆け付けた朱異率いる数万の軍もの包囲を破るには至らず二度にわたり撃退された揚句、却って全端・全懌らの将軍鍾会の策に引っかかりに寝返ったりしてしまう。

諸葛公のためなら死ねる

258年、劣勢を打開すべく文欽と共に出撃し寿から脱出を図るも撃退された。かねてより寿内は兵糧不足に陥っており軍への投降者が続出していた。この時諸葛誕は元々仲が悪かった文欽を殺してしまう(文欽が「兵糧がいから、北から来た連中はみんな追い出せ」と言ったためである)。結果、文欽の子の文鴦文虎軍に投降、司馬昭が彼らを使って寿内に降伏を呼びかけ、諸葛誕の軍の士気は大いに低下。諸葛誕は最後の出撃を試みるも胡奮の軍に撃破され、諸葛誕は討死、唐咨らは降伏。こうして諸葛誕の乱は幕を閉じた。

将の詮は降伏せずに軍に突撃して壮な最期を遂げる。また諸葛誕の配下数人は降伏せずにられたが、みな「諸葛のためなら死ねる、恨むところはない」と言い合って死んだという。
諸葛誕の三族は皆殺しになったが、司馬懿の子の司馬伷司馬師司馬昭の異)と結婚していた諸葛太妃とにいた末子の諸葛靚は生き残り、後世に血脈を伝えた。

諸葛誕の一族

家族

各メディアにおける諸葛誕

コーエー三國志

IIから登場。的にはそれなり使える将軍という印がある。
諸葛亮の親戚だからか、の忠臣としてやむを得ず決起したという見方をしているのか、VIパワーアップキット版やVII等では彼が役のシナリオがある。

真・三國無双シリーズ

初登場の2作と3作で、衛兵の中に彼の名が確認できる。4作では護衛兵システムが護衛武将システムに変更され一旦姿を消すも、6作もが予期していなかったまさかの無双武将化を果たし驚きを与えた。
声優桐本琢也が担当しており、得意武器は諸葛一族らしく羽扇を装備。(無双6、8では「羽扇」、無双7では「短鉄鞭exit」)

公式サイトの紹介の中にキーワードガチガチの堅物と記されている通り、オールバックできっちりと着込んだザビ軍服のような装と手袋のお陰もあって神経質そうな外見をしている。モデル鳥肌実との説もあるが定かではない。公式設定資料集で身長168cmしかい事が明かされ、ウマが合わない司馬昭と対するかのように小柄な体をしている。

本来はの人物なのだが本作では後期に関わる人物を一勢めたかったようで所属扱いになっている。更に美化される事が多い無双においてはしくシナリオでは最初から最後まで司馬昭噛ませ狗といった扱いをされた不遇のキャラである。一応、クロニクルモードの列伝で救済がされているのだが…。生下の者にさえも謙虚な本来の姿を知る事が出来るクロニクルモードが本領発揮といえるキャラだろう。

諸葛一族の端くれであり本人もその事を気にしているのか自虐的な性格で自分をよく狗にたとえる。特に敗北時のセリフ私には、尻尾を巻いて逃げるのが似合いだ」は無双の諸葛誕の性格を体現していると言える。
尚、同族の諸葛亮を一族のと称えて尊敬しており、専用セリフはまさに尻尾を振るわんこのように生き生きしている。肝心の諸葛亮は諸葛誕の存在を知らなかったらしいが。

自分を狗にたとえたがる卑屈さが一部に受けてニコニコ動画では「(U^ω^)わんわんお!」をもじった「たんたんお!」というコメがよく流れる。あとEX発動時のセリフ粛清!」や「鳥肌実」も少々。

ちなみにオンラインゲーム真・三國無双Online」においては、前身の真・三國無双BBの頃からNPCに「諸葛タン」という女の子が出ているが、当然諸葛誕とは全然関係ない(たぶん)。

三国志大戦シリーズ

Ver2.1から登場。カードイラストの顔立ちが似ていることから通称でムスカと呼ばれている。絵師本人の弁によると碇ゲンドウモデルにしていたらしいが。

2の計略名は「反逆の狼煙」で兵な上にコスト2に見合わないスペックであまり使用されておらず、ネタカード扱いされていた。

3では一旦排出停止された後にVer3.59で復活し、兵のままだがコストが1.5に下がり「賢弱の乱」に計略も変更された。

大戦においても謀反を起こした事が付けに反映されているようだ。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%AB%B8%E8%91%9B%E8%AA%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

諸葛誕

41 ななしのよっしん
2013/02/22(金) 15:12:46 ID: DrzR4jYuRW
自演とか言われても困るわ、諸葛誕の乱って下の3点でおかしくね?と思ったこと書いてるだけなのに…

①なんで叛いたのか
侯玄ら「曹爽と親密だったから不安になった」が原因だとすると時期が遅い。準備期間に3年以上要したってなら、その間に反乱の気配を王基あたりに嗅ぎつけられる可性を危惧しなかったのか?ってのが疑問。
②なんで司馬氏に滅ぼされなきゃならないのか
諸葛誕に反乱起こさせるのが司馬からしたら計画通り!ってなら、なんで諸葛誕をハメるような真似をするのか。曹爽死後も重用され続けてるのに。
③なんで招集に応じなかったのか
素直に中央の招集に応じたらちゃんと叙任された侯玄という前例があるのに、なんで殺されるなんて思い込むのか。

反乱の原因があまりにも理由を後付けしたように読めてしまって、諸葛誕が本当は何がしたくて滅んだのか、わからないんだよ。もし司馬昭が個人的に諸葛誕を嫌ってたから賈充の策でハメたとしたら、まんまと引っかかった諸葛誕はあまりにも闊すぎない?
もし諸葛誕司馬昭に殺さ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
42 ななしのよっしん
2013/02/22(金) 18:44:55 ID: DekP6X2sK3
侯玄をちゃんと叙任された例として挙げるとか馬鹿か?
43 ななしのよっしん
2013/02/23(土) 00:10:23 ID: xgk/5GfKc0
すまん>>40の言う通りこいつの相手をしたが悪かった。
>>30といい>>41といい史書と違うことばかり気で言ってるし、
いざ教えてやっても>>39視するあたり本当に都合の悪いことは見ないんだな。
1と3なんか三国志読むだけでおかしいって分かる内容だというのに……
知ったかぶりする前に本読めよ。こりゃ確かに相手にするだけ駄だわ。
44 ななしのよっしん
2013/02/24(日) 17:48:04 ID: ek3yBjcOAN
結局前の二つの反乱と同じく司馬氏の名を上げるだけに終わっちゃったけど、どうすりゃ諸葛誕は生き残れたのかねぇ。
ぶっちゃけ文叔・文虎唐咨も助命されてるし、諸葛靚も助かってるんだから、どこかキリの良いところで降伏してりゃあ助かったんじゃないかと…でも首謀者だから王同様に自害が関の山かな。

ところで諸葛誕の反乱、司馬氏の専制に対する義挙説と自衛のための暴挙説、皆さんはどっち
45 ななしのよっしん
2013/02/24(日) 23:43:09 ID: UqXLJSIzx1
前者の方は後付けっぽいから後者かね
46 ななしのよっしん
2013/07/02(火) 19:00:18 ID: 6TpZDMUz1O
どちらも理由なんじゃね。挙兵の理由が一つだけとは限らない
司馬氏の専制が始まらなければ諸葛誕は安泰だったんだし
大義と保身という私利が一致して、挙兵のタイミングは良いとはいえないが待てば待つほど状況は悪化するのだし
諸葛誕死後の僅か二年後に皇帝謀な賭けに出るほど追い詰められてるし、諸葛誕が生きてた頃から色々あったんだろう
司馬氏打倒を訴えても味方が集まらず勝ちが薄いことは、毌丘倹の乱の鎮圧に参加した諸葛誕なら理解してただろうけど
それぞれの君に尽くした従兄たちの生き様が影したのかもしれん
47 ななしのよっしん
2013/08/10(土) 03:22:17 ID: bEAOWRTAaD
いつの間にか書き込み制限されてるのな
上でかれてたはどれだけ自演してたんだ
48 ななしのよっしん
2014/09/15(月) 16:52:00 ID: s74B/6Jkcp
無双諸葛誕鍾会、直接の繋がりはいんだけれど面いくらいに性格が逆だよな。
前者は自分に全く自信がなく卑屈、上どころか下にもが低い。
後者は自分に過剰な自信、下どころか上にも不遜。
最期はどっちも司馬一族に反逆し死ぬのが共通点なんだが、鍾会は己の野心で事を起こしたのに対して諸葛誕は嵌められた感が強いな。
49 ななしのよっしん
2016/03/16(水) 13:00:32 ID: mkjjMdqVfq
今更だけど画餅エピソード佐野研二郎を思い出す
50 ななしのよっしん
2016/05/29(日) 21:34:49 ID: rmTeqbTwtD
不思議な人だよね
直の部下からはのように慕われているのに、他のすべてから嫌われている
それだけ守備範囲が狭かったという事か、守備範囲が狭かったからこそ範囲内の人間には慕われたという事か

この掲示板は、プレミアム会員のみが書き込めるように設定されています。

急上昇ワード