謎本単語

ナゾボン

謎本とは、アニメ漫画小説等のフィクション作品を現実的な視点考察する本である。

かつて大百科記事がないタグ記事なしアイコン ←このようなアイコンが表示されていたが、そういうのではない。

概要

ウルトラマン」の科学特捜隊について物理学、法学、経済学などの専門に論じた1991年の「ウルトラマン研究序説」(中出版)が40万部を売り上げたのをきっかけにブームが本格化。

200万部を売り上げた「サザエさん考察本「磯野」(飛鳥新社、1992年)、60万部を売り上げた「空想科学読本」(宝島社1996年)など好評によりシリーズ化するものもあれば、「出せば売れる」と量産され、徒花に終わるものも多数。ブーム最盛期は相撲皇室政治、芸人、TV番組など何でもありの状態だった。

磯野」が許可を得られなかったことから原作コマなどを引用せずに出版したが非常にヒットしたこともあり、往々にして非公式に(原作コマ引用せず)出版される事が多い。

テーマとしては普遍的な面さがあるため、ブーム本格化前から同様のコンセプトの書籍がいくつか出版されていたり、現在でも進撃の巨人ワンピースキングダムなどヒット作品の謎本がいろいろと非公式に刊行されていたりする。

」を考察する内容であるため、「意味深に隠された情報が多く、考察の余地が残されている」作品で制作しやすいようだ。1995年から1996年にかけて放映されたテレビアニメ新世紀エヴァンゲリオン」はまさにそういったタイプの作品であり、放映終了後のしばらくの間は「謎本」が複数の出版社から何冊も粗製乱造された。アニメ自体が一代ブームを起こしたことも影してそれらは全てそれなりに売れたとされ、1997年の書籍ベストセラランキングにはエヴァンゲリオンの「謎本」が2冊もランクインしている[1]

磯野」は最初の出版から20数年経った2018年宝島社から最新刊「磯野危機」が出版された。なお最初の仕掛け人であった飛鳥新社の編集者一はのちに「バトル・ロワイアル」「Quick Japan」などを手がけ、サブカルチャーに大きく影を与えた。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *株式会社トーハン 年間ベストセラーアーカイブ 1997年版exitリンク先はPDFファイル

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%AC%8E%E6%9C%AC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

謎本

1 ななしのよっしん
2019/03/26(火) 19:34:51 ID: nbz/BZCHtH
エヴァの解析の本めちゃくちゃあったが
あれも入るのだろうか。