編集  

豊臣秀次単語

トヨトミヒデツグ

豊臣秀次(とよとみ・ひでつぐ 1568 ~ 1595)とは、戦国時代の武将・大名、そして関豊臣秀吉の甥で養子。

概要

下人の後継者のはずが、秀吉のせいでかわいそうな事になってしまった人である。

豊臣秀吉の子。三好吉房。豊臣秀勝小吉)、豊臣秀保。一時期は三好の養子となっていた。

跡継ぎのいない秀吉の後継者として養子となり、関の位を継いだ。が、その直後に豊臣秀頼が誕生した事で、秀吉が子可さの前に謀反の罪を着せられてしまい、自害させられる(秀次事件)。この事件が豊臣政権崩壊の引き金の一つであったことは間違いないだろう・・・。

色々ダメな子扱いされる事が多いが、実際には難に政務をこなしていた模様。

生涯

百姓の子から関白へ

秀吉・日秀と、貸しの弥助(のちの三好吉房)の間に生まれた。子宝に恵まれなかった秀吉の数少ない親戚(人質要員)として育つ。のち、四国戦略のために三好康長三好笑岩)の元に養子として送り込まれ、三好信吉と名乗る。

本能寺の変、清会議を経て秀吉下人を歩み始めると、一門として重用される。が、小牧・長久手の戦いでは別働隊として三河へと向かうが、途中で察知されて徳軍に惨敗。これの影で創作では大抵、無能扱いされる。(この作戦を考えたのは秀次ではなかったらしい)

その後は秀吉の配下として各地に出撃したり、豊臣姓をもらったり、追放された織田信雄の領地(尾伊勢)をもらったりしている。羽柴秀次名したのはこの時代。九戸の乱討伐では総大将を務めた。

1591(正19)年、秀吉の実子のが3歳で死去。この時点では秀吉には実の子が1人もいなかったため、同年、秀吉は秀次を養子にし、関の座と黄金の城、聚楽第を譲った。実権は秀吉が握っていたため、秀次を下人とは呼び難いが、当時の人々が秀次を秀吉の後継者だと思っていたことは間違いないだろう。

粛清(秀次事件)

しかし歴史予想の斜め上へと向かっていった。1593(文2)年、新たに実の子・豊臣秀頼が生まれると秀吉の態度が急変。いったい何を考えたのか、秀吉は秀次よりも秀頼を自分の後継ぎにしようと考えるようになる。やはりが子が可愛いか。

とはいえこの時秀次は既に20代半ばと成人しているのに対して、秀頼は赤ん坊。今すぐ跡を継がせるのは理がある。そこでまずは秀次のと秀頼を婚約させて婿関係とし、秀次の次は秀頼、という形を取ることにした。が、それでもやはり秀吉は安心できなかった。

1595(文4)年7月8日、秀次は「謀反の疑いあり」と秀吉によって高野山に追放され、7月15日切腹させられた。秀次の妻や子、臣、関係の深い者たちも数多く処刑された。最上義光駒姫の悲劇は特に有名。ほか、木村重成とされる木村重茲(木村)、秀吉に長年仕えた功臣・前野長康、桶狭間で一番をたてた服部一忠といった人々が死罪。浅野幸長、小早川秀秋増田盛次らに処分。伊達政宗細川忠興といった面々も詮索されるが何とか罪は逃れた。

事件勃発までの相については様々な説が唱えられている。が、巷には秀次の乱行が原因との説話が広まって「殺生関という不名誉なダジャレ渾名が付いてしまった。

ともかく、この事件は豊臣下に大きく影を及ぼした。この時処分を受けた事で、のちに関ヶ原で東軍に参加する者も多く出ることになる。歴史に「もしも」は禁句だが、せめて秀頼がもっとくに生まれていれば……秀吉や利がもう少し長生きすれば……。結局、秀次事件以降「秀吉死後」の権を巡る争いが本格化し、世は関ヶ原の戦いへと突き進むことになる。

子孫

一族郎党皆殺しとされるが、ごく一部ながら生き延びた人物もいる。

生まれて間もないお菊は許されて生き延び、紀で育った後、大坂豊臣方に味方する一に参加するも、捕えられて処刑された。

また助かった経緯は不明だが、真田幸村真田信繁)の側室・清院も秀次のである。幸村らが大坂で討死した後に、忘れ形見として生まれた孫・三好幸信は亀田岩城に仕えた。(三好姓は秀次が名乗っていたことに由来)

ほか、書として名高い僧侶堂昭乗も秀次の落胤との噂があった。

関連動画

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける豊臣秀次羽柴秀次)の力一覧。

秀次事件は世記・録・下創世・創造でイベントになっている。なかなか再評価してもらえない、やっぱりかわいそうな人。イベント死亡しても戦的に痛手にならないのが悲しすぎる。

軍事 内政
群雄伝 戦闘 政治 野望
武将風雲 戦闘 政治 野望 教養
覇王 采配 74 戦闘 34 智謀 23 政治 51 野望 66
天翔記 戦才 134(A) 智才 68(C) 政才 122(B) 81 野望 80
将星 戦闘 63 智謀 35 政治 59
烈風 采配 47 戦闘 50 智謀 18 政治 49
世記 采配 35 智謀 15 政治 32 野望 88
統率 30 知略 14 政治 33
下創世 統率 30 知略 14 政治 29 教養 40
革新 統率 34 武勇 45 知略 16 政治 33
統率 39 武勇 45 知略 16 政治 56
創造 統率 37 武勇 52 知略 27 政治 55

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%B1%8A%E8%87%A3%E7%A7%80%E6%AC%A1
ページ番号: 4834729 リビジョン番号: 2640263
読み:トヨトミヒデツグ
初版作成日: 12/02/28 22:52 ◆ 最終更新日: 18/11/09 10:34
編集内容についての説明/コメント: 関連商品編集
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

豊臣秀次について語るスレ

2 : ななしのよっしん :2012/03/16(金) 16:46:53 ID: 2pU2WCgLnh
ぶっちゃけ秀頼が生まれていなければ、秀次が後継いで豊臣安泰だったよな。
3 : ななしのよっしん :2012/04/27(金) 00:47:10 ID: vqqZPCG4bF
もしくは、秀頼を秀次の養子にして次代の関にさせることを誓わせるとか
4 : ななしのよっしん :2012/05/03(木) 16:56:49 ID: Tr953ys9Q3
それぞれの臣の未来もかかってるし、簡単には譲れないだろう
後継者付きの臣たちが別の閥作ってしまうのはどこのでもあったことだし
例:家康による信康粛清。従来は信長の命令とされていたが、最近の研究では徳川内部の臣団の閥争いが原因だと明らかにされつつある。信康自害の際、信康付きの臣たちが大量粛清された。

でも秀次は、秀吉が提案した婚姻(秀次のを秀頼にがせること)を承諾しての方と手紙で相談してる
秀吉が病で寝込んだ時は心配して手紙を出したり駆けつけたりもしてるし
5 : ななしのよっしん :2012/05/16(水) 20:23:14 ID: iNUmn2Uh7A
秀長さえ生きていれば…せめて兄貴が死ぬまで長生きしてればこんなことには
6 : ななしのよっしん :2012/12/02(日) 06:29:39 ID: FUUsXQAqNT
結局のところ秀吉によるが子可さと
自分の残りの寿命に対する危惧から出た暴走なんだろうな。

よく、奉行達が積極的に導したと言われるけど
秀次には増田長盛の息子石田三成も仕えていたわけで
そういう面から考えても彼らが導したとは考えにくいな。
7 : ななしのよっしん :2012/12/12(水) 13:57:30 ID: KxaEjvAHoh
関ヶ原の敗因になる豊臣内部の対立は何も家康が仕込んだわけじゃなく豊臣政権の構造的欠陥から来てるものだし
秀次が継いでても家康がいなかったとしても厳しかった気がするな
8 : ななしのよっしん :2013/01/18(金) 00:22:37 ID: +Uhb01RQgY
そもそもが死んでなければ、全て丸く収まったんじゃね?
9 : ななしのよっしん :2013/03/30(土) 12:18:59 ID: 2pE6HTS8eU
>>8
どうかなあ。
寿命の短い秀吉、幼い、既に成人した秀次…。
この中でが成長するまでか秀吉が死ぬまで、秀次への疑心暗鬼が生じずにいられたかどうか…。
10 : ななしのよっしん :2013/04/30(火) 03:03:04 ID: hpGycshkWi
>>9
が死ななければ、秀吉が関の職を秀次に譲らない可性が高いと思う。
それだったら、秀次は徳前田といった有大名の一人という立場のままじゃね?

ただ、秀吉が関のまま死んじゃうとと秀次の対立が起きそうだけど。
11 : 削除しました :削除しました ID: BgqQimy7bN
削除しました
この掲示板には規制がかかっていて、投稿できない状態です。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス