豊臣秀次単語

トヨトミヒデツグ
2.2千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

豊臣秀次(とよとみ・ひでつぐ 1568 ~ 1595)とは、戦国時代の武将・大名、そして関白豊臣秀吉の甥で養子。

概要

下人の後継者のはずが、秀吉のせいでかわいそうな事になってしまった人である。

豊臣秀吉の子。三好吉房。豊臣秀勝小吉)、豊臣秀保。一時期は三好の養子となっていた。

跡継ぎのいない秀吉の後継者として養子となり、関白の位を継いだ。が、その直後に豊臣秀頼が誕生した事で、秀吉が子可さの前に謀反の罪を着せられてしまい、自害させられる(秀次事件)。この事件が豊臣政権崩壊の引き金の一つであったことは間違いないだろう・・・。

色々ダメな子扱いされる事が多いが、実際には難に政務をこなしていた模様。

生涯

百姓の子から関白へ

秀吉・日秀と、貸しの弥助(のちの三好吉房)の間に生まれた。子宝に恵まれなかった秀吉の数少ない戚(人質要員)として育つ。のち、四国戦略のために三好康長三好笑岩)の元に養子として送り込まれ、三好信吉と名乗る。

本能寺の変、清会議を経て秀吉下人を歩み始めると、一門として重用される。が、小牧・長久手の戦いでは別働隊として三河へと向かうが、途中で察知されて徳軍に惨敗。これの創作では大抵、無能扱いされる。(この作戦を考えたのは秀次ではなかったらしい)

その後は秀吉の配下として各地に出撃したり、豊臣姓をもらったり、追放された織田信雄の領地(尾伊勢)をもらったりしている。羽柴秀次名したのはこの時代。九戸の乱討伐では総大将を務めた。

1591(正19)年、秀吉の実子のが3歳で死去。この時点では秀吉には実の子が1人もいなかったため、同年、秀吉は秀次を養子にし、関白の座と黄金の城、聚楽第を譲った。実権は秀吉が握っていたため、秀次を下人とは呼び難いが、当時の人々が秀次を秀吉の後継者だと思っていたことは間違いないだろう。

粛清(秀次事件)

しかし歴史予想の斜め上へと向かっていった。1593(文2)年、新たに実の子・豊臣秀頼が生まれると秀吉の態度が急変。いったい何を考えたのか、秀吉は秀次よりも秀頼を自分の後継ぎにしようと考えるようになる。やはりが子が可愛いか。

とはいえこの時秀次は既に20代半ばと成人しているのに対して、秀頼は赤ん坊。今すぐ跡を継がせるのは理がある。そこでまずは秀次のと秀頼を婚約させて婿関係とし、秀次の次は秀頼、という形を取ることにした。が、それでもやはり秀吉は安心できなかった。

1595(文4)年7月8日、秀次は「謀反の疑いあり」と秀吉によって高野山に追放され、7月15日切腹させられた。秀次の妻や子、臣、関係の深い者たちも数多く処刑された。最上義光駒姫の悲劇は特に有名。ほか、木村重成とされる木村重茲(木村)、秀吉に長年仕えた功臣・前野長康、狭間で一番をたてた服部一忠といった人々が死罪。浅野幸長小早川秀秋増田盛次らに処分。伊達政宗細川忠興といった面々も詮索されるが何とか罪は逃れた。

事件勃発までの相については様々な説が唱えられている。が、巷には秀次の乱行が原因との説話が広まって「殺生関白という不名誉なダジャレ渾名が付いてしまった。

ともかく、この事件は豊臣下に大きくを及ぼした。この時処分を受けた事で、のちに関ヶ原で東軍に参加する者も多く出ることになる。歴史に「もしも」は禁句だが、せめて秀頼がもっとくに生まれていれば……秀吉や利がもう少し長生きすれば……。結局、秀次事件以降「秀吉死後」の権を巡る争いが本格化し、世は関ヶ原の戦いへと突き進むことになる。

子孫

一族郎党皆殺しとされるが、ごく一部ながら生き延びた人物もいる。

生まれて間もないお菊は許されて生き延び、紀伊で育った後、大坂の陣豊臣方に味方する一に参加するも、捕えられて処刑された。

また助かった経緯は不明だが、真田幸村真田信繁)の側室・清院も秀次のである。幸村らが大坂で討死した後に、忘れ形見として生まれた孫・三好幸信は亀田岩城に仕えた。(三好姓は秀次が名乗っていたことに由来)

ほか、書として名高い僧侶堂昭乗も秀次の落胤との噂があった。

関連動画

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける豊臣秀次(羽柴秀次)の力一覧。

秀次事件は世記・蒼天録・下創世・創造イベントになっている。なかなか再評価してもらえない、やっぱりかわいそうな人。イベント死亡しても戦的に痛手にならないのが悲しすぎる。

軍事 内政
戦国群雄伝 戦闘 政治 野望
武将風雲 戦闘 政治 野望 教養
覇王 采配 74 戦闘 34 智謀 23 政治 51 野望 66
天翔記 戦才 134(A) 智才 68(C) 政才 122(B) 81 野望 80
将星 戦闘 63 智謀 35 政治 59
烈風 采配 47 戦闘 50 智謀 18 政治 49
世記 采配 35 智謀 15 政治 32 野望 88
蒼天 統率 30 知略 14 政治 33
下創世 統率 30 知略 14 政治 29 教養 40
革新 統率 34 武勇 45 知略 16 政治 33
統率 39 武勇 45 知略 16 政治 56
創造 統率 37 武勇 52 知略 27 政治 55

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

豊臣秀次

10 ななしのよっしん
2013/04/30(火) 03:03:04 ID: hpGycshkWi
>>9
が死ななければ、秀吉関白の職を秀次に譲らない可性が高いと思う。
それだったら、秀次は徳前田といった有大名の一人という立場のままじゃね?

ただ、秀吉関白のまま死んじゃうとと秀次の対立が起きそうだけど。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
11 削除しました
削除しました ID: BgqQimy7bN
削除しました
12 ななしのよっしん
2022/09/19(月) 23:43:14 ID: 8cRqtBxwJ6
こんなとこに書くの場違いかもしれんけど、
豊臣秀次及び妻子全員の処刑と千利休の処刑は秀吉のやらかしだと思ってますわ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
13 ななしのよっしん
2022/09/20(火) 08:01:52 ID: RF8p1Rr+HU
秀吉=絶対権関白秀吉=絶対権秀吉でない関白=何の権もない
この図式が確定したのが一番まずい
👍
高評価
0
👎
低評価
0
14 ななしのよっしん
2022/09/20(火) 20:34:14 ID: XITCN+cxsj
左大臣の秀次が自害であれ切腹であれ(近年は自害説が有)死んで右大臣の菊亭季(秀吉関白旋した公家)が流刑になって朝廷の大臣職が太政大臣の秀吉と内大臣の家康だけになってしまったのも割と朝廷としてはまずいことになったり…
👍
高評価
0
👎
低評価
0
15 ななしのよっしん
2022/10/28(金) 22:55:11 ID: YsPZGHaGmN
むしろ自害説はかなり怪しいな・・・なぜなら自害する理由がない。
秀次が生きていてこそ潔が示されるし、なにより秀次死後の豊臣政権は一貫して秀次謀叛という
形で動いている。秀吉への抗議という点なら不可侵の高野山にいった時点で的は達成できている。

むしろこの事件は秀吉側の対応が序盤は相当手ぬるい。
不可侵の高野山に秀次を送るのは、処断を考えると下策も下策。
最初に秀次が出頭した段階で殺した方が格段に楽なのに、秀吉はそうはしなかった。

つまり秀吉は、この段階では秀次を出させて許そうと考えていた可性が高い。
でなければ、出頭した段階で殺してるし、高野山なんて難儀な場所には送らないからだ。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
16 ななしのよっしん
2022/10/28(金) 23:01:33 ID: YsPZGHaGmN
じゃあ秀吉は、いつ秀次を殺そうと考えたのか?という話になる。
それはもう、7月15日(の前日)以外にはありえない。つまり秀次のもとに
秀吉が使者を送った時で、秀次の処断は急転直下で決まった。
なぜ急転直下で決まったか、と考えると、これはもう7月13日
重臣が多数処断されていることを考えても「秀次の謀叛は事実だったから」くらいしか理由がない。

その最も大きな理由として、秀吉による秀次切腹の命を伝えたのが福島正則だからである。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
17 ななしのよっしん
2022/10/28(金) 23:09:05 ID: YsPZGHaGmN
秀次事件に詳しい人ならわかるだろうが、福島正則は秀次事件にも、その対応にも
ここまで全く関わっていない。なぜか秀次事件の直後に大領を貰っているが、
この秀吉切腹通達以外、全く関わりがなかった人物である。
秀次事件はあくまで秀吉と、石田三成ら奉行衆が対応を練っていて、福島はいきなり湧いてきた。

言わずもがな福島正則は智謀に長けた吏僚でもない。じゃあなぜ彼が選ばれたか?
それは福島正則が、豊臣秀吉従兄弟で、奸智に長けず最も信頼できる人物だからだ。

一度高野山に送った人物を処断するのは並大抵のことじゃない。かが裏切って
秀次が還俗したら全に失敗する。足利義昭の還俗の例がそうだ。
秀吉の手となり足となって動き、秀次を絶対にかつ秘密裏に切腹させる必要があった。
それができたのが福島正則であり、命したのが秀吉であり、命した理由が謀叛の露見である。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
18 ななしのよっしん
2022/12/05(月) 20:47:19 ID: Jm0yv9NPsd
秀次の子って男も女も全員処刑されたのかと思ってたが生きのびたのもいたんだな
てかどういう経緯で真田信繁の側室に?そんなことして秀吉に睨まれなかったの?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
19 ななしのよっしん
2023/01/27(金) 16:23:06 ID: dM0HBGXKk/
秀吉は武の生まれでないことを、殊更に気にしないに振る舞ったが
この人は生まれが武でなくても武らしく生きられると振る舞うことで、その手の蔑視を跳ね除けようとしたのかなぁ…という妄想
それが実際にエスカレートしたのか、針小棒大に吹聴されたのかは別として
👍
高評価
0
👎
低評価
0