負の性欲単語

フノセイヨク
8.6千文字の記事
  • 15
  • 0pt
掲示板へ
独自研究もイエティの存在も信じる信じないはあなた次第 「負の性欲」は科学的に確かめられていません。科学的に認められているかのように議論を展開することはえせ科学に加担することになります。

負の性欲とは、他者に対して生理的嫌悪感を抱いたり、距離を置くといった形で現れる欲望の傾向のことを、性的魅を感じる相手に対して抱く「性的欲望」(「正の性欲」)と対して、性欲の「負の極」[1]と捉える概念

ただし学術的に裏付けされた論文が出ているような理論ではなく、2019年頃からTwitterなど日本インターネット上で広まった単ネットスラング)である。そのため、統一された定義は存在せず、人によって解釈が異なる言葉になっている。

代表的なネットスラングの内容については「「負の性欲」モデル」の項、発端となったミソジニー女性嫌悪)的な使用法や非科学性については「初出」「」の項、本来の科学的な性欲や性行動についてはそれ以降の項を参照。

性別に関係なく、相手を罵ったり誹謗中傷・挑発するような言動は、自らの発言の品位を汚すのみならず、議論混乱に陥ってしまうため、厳に慎むべきである。

「負の性欲」モデル

「負の性欲」モデルでは、「性的に結合したい」という欲望だけを性欲と捉えるだけでなく、「性的に結合したくない」という欲望も性欲と捉える。前者は「正の性欲」であり、後者は「負の性欲」であるとされる。性における行動と拒絶行動は生殖戦略に動機付けられているという点でどちらも等しく性欲に根があり、その意味は本質的に同一であるというモデルを構築している。

「負の性欲」モデルが依拠しているとされる生物学における性淘汰モデルのうち配偶者選択(後に詳述)においては、オスは自分の遺伝子拡散することにインセンティブを持つ一方で、メスはより強い遺伝子を選別することにインセンティブを持つという動物行動学の通説がある。

この動物行動学の理論を「負の性欲」モデルに当てはめた場合、強い遺伝子の選別を遂行するの大きさ、転じて相手に生理的嫌悪感を抱くの大きさが負の性欲の大きさと正例すると考えられるため、女性による弱い男性に対する生理的嫌悪感が負の性欲と関連付けられている。

逆に「男性による女性に対する負の性欲」も考えられる。男性が自分の子孫を残せそうであると判断しなかった場合、相手に生理的嫌悪感を抱くケースもある。

以下のように異性者の男女で説明した例がある。

この言葉の使用的は、「ミサンドリストを非難するため」「『正の性欲』側の文化も尊重して欲しい」(下記にある「」の項参照)とされている。

初出

インターネット上での初出は2018年のリョーマ氏のブログ「女性専用化社会」の記事exitと思われる。その後、Twitter上では2019年3月末ごろのリョーマ氏のツイートを受け、負の性欲に関して言及するツイートが増加する(参考exit/3月より前まで遡ると普通の性欲について述べるツイートや画像もあるので閲覧注意)。しかし、元になったツイートをしたリョーマ氏のアカウント@ryouma_senyousoc)が凍結されてしまっているため、現在「負の性欲」の元ツイートを見ることはできない。

2019年7月にリョーマ氏が再びTwitter上で負の性欲を話題にすると4桁のリツイート・いいねを獲得し、同年11月にはこの言葉をめぐってTwitter上で議論が起こった。

「負」の意味

「負の性欲」という言葉のうち、「負」の意味をめぐって「価値中立的な言葉」と解釈されるか、「ネガティブな言葉」と解釈されるかが異なる。

  • 「正の数・負の数」という言葉があるように、今までに認識されていた概念を「正の」と付け、それとは方向が逆になっている新しい概念に「負の」をつけるという場合がある。「負の性欲」の場合もそれに倣った中立的表現である。
  • 「負の感情」「負の遺産」のように、「負の」はネガティブな表現である。この意味に沿って解釈した場合、「負の性欲」を望ましくないもの、批判的に使われるものとして捉えられる。

「性欲」と加害性

「負の性欲」モデル論でも性犯罪についてのような通常の性欲を元にした加性は認めている(後述の「「負の性欲」モデル論者」の項)が、同時に「「負の性欲」もまた加性がある」というがなされている。ただし拒絶反応のどこまでが加的なのかという統一的説明はないので、性犯罪告発すること機会自体を奪う可性がある。

また「負の性欲」批判が、選ばない自由=消極的自由まで批判しているとすると、好き嫌いという感情自体への批判なるおそれがある。

「負の性欲」モデル論者の主張

「負の性欲」について言及しているブログでは、以下のようなをしているものがある。

  1. 「正の性欲」に当てはまるような性的表現物などに該当する文化など他者や他者の文化に対する尊重をベースとした関係を築いて欲しい。
  2. 男は正の性欲に、女は負の性欲に支配されている。正の性欲は性犯罪として罰せられる傾向があるが、負の性欲は性欲として認識されていないので罰せられていない。均衡させるためには負の性欲も同様に罰すべきである[2][3]
  3. すべての女性は、「キモい」人のセクハラに感じる “身の毛もよだつような絶望的なキモさ” を実感しているはずなのだから、女性に「キモい」と口に出されて言われた男性たちがどれほど絶望的に傷ついているかということも知った方がいい。これが〈負の性欲〉の加性を自覚するという事[4]

他者を尊重することは「負の性欲」理論を持ち出さずとも当然正当化できる。また「負の性欲も罰すべき」というのは、そもそも性欲が直接的原因となって罰せられる可性があるのは、合意がない相手との性行為(強制性交等罪)といったものである。対して「負の性欲」が仮に存在するとして現在の法制度のもとで罰せられる可性のある事例は、直接相手に悪口を言う侮辱罪などの場合である。「負の性欲」モデル論者女性から男性への生理的嫌悪感を問題視しているが、「キモい」など生理的嫌悪感を持つことは、男性男性に対して持つことや、男性女性に対して持つことも当然あり得るので、男女一対の関係性だけでは必ずしも決まらない。セクシュアルハラスメントへの対応については日本厚生労働省が、本人の性的向や性自認は関係なく、例え同性同士であってもセクシャルハラスメントを受けることがあるので注意するようにとしている[5] 。

生理的嫌悪感」を実体化させる具体的な人物が悪魔化されている前提での議論があるが(スラングとして「※ただしイケメンに限る」)、一部「負の性欲」モデル論者(例示の1番)が問題にしている性犯罪というのは合意の有によって判断され、特定の容姿や属性などによって罪状が変わるわけではない。実際のレイプは身内や知り合いなど顔見知りによる事例が多数報告されており、性犯罪の原因を特定の容姿や属性差別からくる「生理的嫌悪感」だけに集中させて議論することは、レイプの実態を見誤ってしまう可性がある(いわゆる非モテ男性が自らに対する性に関するネガティブな言説を内面化し、「私がセックスが出来ないのは女性のせいである」として女性一般を加害者と見なすものとして「インセル」という概念がある)。動物行動学や進化心理学研究では、動物の容姿だけに着しているのでなく、「養育努」といった行動面も含めた幅広い要因から、性を説明しようとしている(「性淘汰」の項で詳述)。

「負の性欲」モデル論者は、異性だけで「生理的嫌悪感」を説明しようとするが、同性愛トランス傾向、無性愛(アセクシュアル)といった非ストレートな人たちが抱く生理的嫌悪感に対する説明はしばしばなされない。

「負の性欲」モデルが奇妙であると考える人物が摘する意見として、「暴力を振るう側は正の加欲、振るわれる側は負の加欲なのだろうか。被害者側にあるのは生存欲求なのではないか。(他に食欲、犯意の例など)」といったものがある。

あらゆる表や言動を性欲に基づいているとする「性的一元論」の例としては、ジークムント・フロイトによる「診断」などがあるが、科学的実性については確認されていない[6]

批判的継承

「負の性欲」理論は弱者男性側から見て、自身が経験した特定女性からの拒絶的反応の全てを性欲に回収する点が非科学的とされている。同様の批判は、精分析学のうちフロイトへ投げかけられる「性的一元論」批判がある[7]

それに対しては、「レイプハラスメント被害社会ミソジニー潮が原因となっている」、「出会った状況などの文脈依存性」、「政治や思想など価値観の違い」、「何らかの嫌悪をもたらすような言動」といった個別具体的な原因分析をすべきという側面や、「性的嫌悪という(誤った)生物学的理由に還元してしまうことは、嫌悪を向けられた自身へのハラスメント自体を(誤った)生物学を元にして正当化してしまうおそれがある」「個別具体的だったハラスメントの原因が、不当に女性という属性一般に拡散してしまう」「弱者男性自らも男性という属性を特別視することは、豊かな人間関係に発展解消していく可性を閉ざしてしまう」、「負の性欲といった誤った理論によらずともハラスメント被害には異議申し立てしていくべき」[8] といった、弱者男性論からの意見がある。

科学的な理論としての「性欲」(性淘汰)

生物学では、繁殖行動を分析する際に「性淘汰(性選択)」という概念が使われている。これは自然環境に適応した種が生き残るという「自然淘汰」に対して、同一種内での雄雌一対同士がなぜ一見して生き残りに関係のない特徴を発達させているのかを説明する進化理論である。例としてクジャクのオスの尾が長い理由は、メスが健康そうなオスを選んだ結果、その傾向が子孫に受け継がれていくなど。但し、尾の長さは自然淘汰によって一定の長さをえることはない。

ダーウィンが提唱した当時のイギリスではヴィクトリア的と呼ばれる保守的な価値観があったため、「女性の性欲」というのはそれ自体で退廃的と捉えられていたが、現在では精分析や心理学など標準的科学では人間にも性別問わず性欲を持つということが確認されている[9]

また動物行動学や進化心理学による説明では、ヒトは他の哺乳類べて同性間の競争が少ない(動物全体から見ると例外)とされている。つまり哺乳類一般では、雌が養育努をする一方、9割以上の哺乳類の雄は子の養育を担わず、一夫多妻社会を作る(雄は配偶努、雌は養育努と性的役割分業化が著しい)中で、人間哺乳類の中では残り5に入る一夫一妻社会を作る。

一夫一妻社会では、相対的に男性間競争が穏やかであり、男性同士が協する。ここでは配偶努と養育努がトレードオフ関係となっており、雄の配偶努が少なくなるが、その代わり雄の養育努が大きくなる。ヒトは新生児がな状態で産まれるためこういった傾向になるとされている。ただ祖母父親でどちらが養育貢献度が高いかは研究者でも意見が分かれているが、代表的理論において女性男性とのを維持するのは、多くの男性からのハラスメントにさらされる保護者として特定男性と共に暮らす利益があると説明される。

また生物的にも乱婚傾向にあるチンパンジーの精巣とべてヒトの精巣は小さいことから一夫一妻社会が裏付けられている。但し、動物行動学における性選択説通り、男性はより多くの相手との配偶機会をめる短期的配偶戦略傾向にあり、女性はより少ない相手との長期的配偶関係傾向にあることも分かっている。この他に男性体関係について、女性恋愛感情についてより強い嫉妬を抱くことや、ドメスティックバイオレンスストーカー行為は男性から女性に対して向けられることが圧倒的に多いことがあるということから、雄による雌への配偶者ガード行動に通じるものとされている[10]

人間の男女の性行動の違い

基本的に性欲は男女別なく存在するが、性欲が増減する要因として心理的要因(抑うつ、不安、人間関係)、、性ホルモンテストステロン、エストロゲン)などや、年齢によって徐々に減少する傾向があることが確認されている[11]。また女性の場合は出産後の最初の数週間に起こる場合がある性ホルモン突然の減少、両側卵巣摘出、エストロゲン濃度の低下によるり萎縮性炎となった結果、性交に不快感や痛みを伴ったり、性交への関心が薄れる場合などがある[12]

男女で性行動に関しての違いが存在するかどうかについては、以下のような調研究結果がある[13] [14]

これらのことからは、

  1. 若年期において身体的面では女性のが較的生理を迎える一方、性的欲求では男性のがくてより大きく高まる。男性の方が性的欲求が高い傾向は生涯を通じて変わらない。
  2. セックスする際の障として、疲労や倦怠感が寄与している。
  3. 性的被害について、男性無視出来ない数字があるが、全般的に女性の方が被害を受けやすい。

などが言える。

また「非性的なビデオにおいては性的興味を抱く対男女差はないが、性的ビデオにおいては、男性女性の顔や体に対して、女性男性女性の体に加えて背景等性的対以外を見る傾向にある。女性男性向けビデオに対しては関心がないか羞恥心を持つ」[15] という研究がある。

生理的嫌悪感

「負の性欲」モデルが採用している拒絶反応については「生理的嫌悪感」という概念重複する部分があることが、モデル論者自身から言及されている[16]。「生理的嫌悪感」とは、ある行為や対道徳的非難に値することをして使われる概念である。これについて道徳哲学的にはに3つの立場からの説明がある[17]

  1. 反照的均衡(ジョン・ロールズ):抽的な道徳理論と具体的な行為や制度の善し悪しについての実際的な判断とを対置した上で、実際的な判断や道徳的感覚と矛盾する理論は、矛盾がなくなるように訂されるべきである。同時に直観的に妥当と思われる別の理論が出てくれば、実際的な感覚を理論に合わせて変化する可性も除外せず、理論と感覚をすり合わせていき、矛盾が一切なくなる理想的状態=反照的傾向をす。
  2. 共同体主義パトリック・デヴリン):他人の感情をすることは他人への危を構成する。だから人をゾッとさせる行為は道徳的に非難されるべきである。社会の大半の人々が共有している道徳的な価値観を、同じ価値観を共有していない少数の人々にも法を用いて強制すべきである。道徳は、家族教育経済制度の基礎をなしている。多くの人々の不寛容・義憤・嫌悪感を買うような少数の個人の行為が横行すれば、この基礎をダメにしてしまいかねない。
  3. 道徳実在論(リオンカス):前者2つが前提としていた道徳の相対性を部分的に否定する立場。人の行ないの中には、道徳的に悪であることがにでも直感的にわかる類のもの(「近親相姦姦、死体損壊、人レイプ殺人」)が存在する。道徳的な善悪の基準について、理詰めで説明し尽くすことは決して出来ない「深い知恵」がどこかにある。
  4. その他の理由:上記の3つ以外には、道徳的な悪と健康する有機物を察知する感情(腐敗物などへの吐き気)の混同、自分の個人的な感情の尊重をめているという意見の表明など。

関連商品

関連項目

脚注

  1. *「負の性欲」モデル論者からは、負の性欲の「負」とは数学の「負」という意味であるという説明がなされている。
  2. *リョーマ“負の性欲”.女性専用化社会.(2018-09-06(07:00))2019年11月29日閲覧exit
  3. *かえるん (id:kaerun4451)“負の性欲について”.かえるん日記.(2019年9月11日)2019年11月29日閲覧exit
  4. *Ore Chang(エボサイ)@selfcomestomine“そしてすべての女性は、「キモい」人のセクハラに感じる “身の毛もよだつような絶望的なキモさ” を実感しているはずなのだから、女性に「キモい」と口に出されて言われた男性たちがどれほど絶望的に傷ついているかということも知った方がいい。これが〈負の性欲〉の加害性を自覚するという事。”..(2019年11月24日19時21分)2019年11月30日閲覧exit
  5. *厚生労働省“「セクシャルハラスメントとは、職場における性的な言動に対する他の従業員の対応等により当該従業員の労働条件に関して不利益を与えること又は性的な言動により他の従業員の就業環境を害することをいう。また、相手の性的指向又は性自認の状況に関わらないほか、異性に対する言動だけでなく、同性に対する言動も該当する。」”.「妊娠・出産・育児休業等に関するハラスメント及びセクシュアルハラスメントの防止に関する規定」.2019年11月30日閲覧exit
  6. *フロイト自身は、全てを性欲に還元する性的一元論から生の欲動(エロス)と死の欲動(タナトス)を原理とする二元論へと立場を変更している。
  7. *“フロイト批判”.日本トラウマ・サバイバーズ・ユニオン.2019年12月04日閲覧exit
  8. *西井 開 (id:pagonasofa)“「女性に否定的なかかわりをされること」の解像度を上げる ―「負の性欲」言説への批判的応答―”.「フツウをかきまぜる日々」.(2019年12月01日)2019年12月04日閲覧exit
  9. *長谷川雅美“第28話 性選択-ダーウィンの“危険”な思想”.進化の歴史ー時間と空間が織りなす生き物のタペストリー.2019年11月29日閲覧exit
  10. *長谷川寿一“ヒトのセクシャリティの生物学的由来”.『心理学はセックスを理解しているか』.2019年11月29日閲覧exit
  11. *“男性の性欲減退”.MSDマニュアル家庭版.2019年11月29日閲覧exit
  12. *“性欲減退障害”.MSDマニュアル家庭版.2019年11月29日閲覧exit
  13. *“第5回男女の生活と意識に関する調査”.2019年11月29日閲覧exit
  14. *“「若者の性」白書 第8回青少年の性行動全国調査報告”.(2019年8月1日)2019年11月29日閲覧exit
  15. *辻村晃“ヒト性欲障害発現機構の包括的解析”.(平成23年5月2日)2019年11月29日閲覧exit
  16. *Ore Chang(エボサイ)@selfcomestomine“「人間が、キモい虫か何かと同類に見られる(感じられる)」という強い生理的嫌悪感こそが、負の性欲なのではないだろうか。すべての人間が性的嫌悪を昆虫や病原菌にたとえるというのは、これが経験や学習によるものではなく、進化的に備わったシステムであることを示唆している”.(2019年11月30日06時47分)2019年11月30日閲覧exit
  17. *有馬斉“「生理的な嫌悪感」をめぐる混乱”.『医学哲学 医学倫理』25(0), 71-80, 2007.2019年11月29日閲覧exit

【スポンサーリンク】

  • 15
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%B2%A0%E3%81%AE%E6%80%A7%E6%AC%B2
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

負の性欲

762 ななしのよっしん
2021/12/04(土) 02:54:49 ID: oLeqZB4rPQ
深夜のダメ恋図鑑とかか
763 ななしのよっしん
2021/12/04(土) 03:15:37 ID: 3rC5D3R4Tp
>>761

女性嫌悪義の男性が「都合のいい女性だけを選択してしまう本」を持つならそれを「性欲」と呼ぶだろうけど、なら男性嫌悪義の女性が持つ「都合のいい男性だけを選択してしまう本」はなんて呼ぶの?

という問題提起を導入として加えたほうがわかりやすいか


あとは「これら本は性差別行動エスカレートさせる原因になりえる」と摘して社会科学の分野から研究すればいい
例えば性欲による差別行動は必ずしも直接的な性被害に限らず暴力や破壊などを伴う場合もあるわけで、
同様に負の性欲による差別行動も攻撃性(特に最近問題になってたフェミニストによる脅迫名誉棄損行動)に繋がるだろうし
764 ななしのよっしん
2021/12/04(土) 04:46:41 ID: 3rC5D3R4Tp
男性が性欲を持つこと自体は問題じゃない。でも性欲を発散するために暴力などの攻撃性を伴うのが問題なわけだ
だから負の性欲も「女性の持つ攻撃性」を問題提起するための手段とすればいいんじゃないか

>>763でも書いた最近問題視されてるフェミニストによる攻撃性は「負の性欲を発散するための攻撃行動」とすればかなり腑に落ちる部分が多いし、
なら負の性欲を問題視してあげることが女性の攻撃性を弱めることに繋がるのでは
765 ななしのよっしん
2021/12/04(土) 19:35:21 ID: UwbBgbmQTZ
性別関係なく「こいつ理」なんて気持ちは生まれるけど、それが負だろうと性欲扱いになるのが全然わからん。凄く理のある単に見える
766 ななしのよっしん
2021/12/05(日) 02:23:08 ID: 3rC5D3R4Tp
異性に向けた本」だから性欲なんでしょ
>>763で書いように女性の問題行動名前がついてないからつけようというだけで、古い意味での性欲からアップデートしていこうという話じゃないかしら
少なくとも搾取してない性的搾取よりは理のない単だし
767 ななしのよっしん
2021/12/05(日) 03:51:24 ID: 3rC5D3R4Tp
もっと簡単に言えばあれだね
「こういう男はダメ」みたいな男性へのセクハラがあるけど、女性がそのようなセクハラ行為を働いてしまう理由を負の性欲と呼ぶみたいな

「性的ハラスメントを行う欲求」を「性欲」と解釈しては?
768 ななしのよっしん
2021/12/05(日) 13:21:26 ID: xMLa0WXxJg
性欲って生殖行為に対する欲求だから流石にセクハラ欲求ではないでしょ
「こいつと生殖しても碌なの生まれてこねぇだろうな」って相手を本的に嫌悪するのが負の性欲

そもそも異性からの性的な要セクハラと認識する時点で加害者被害者のどちらかが負の性欲を持ってるんだと思う
加害者負の性欲を持って被害者を「ブス」だの「貧乳」だの言うのも最近じゃセクハラだし
被害者負の性欲持ってて加害者が正の性欲を持ってアプローチしてきてもセクハラ扱い
769 ななしのよっしん
2021/12/05(日) 18:54:10 ID: 3rC5D3R4Tp
むしろ性欲というものが問題視されるときは性欲が「他人に対するセクハラを行う欲求」をしてることの方が多いと思う
だって問題視されるときは他人に向けられる性欲が問題視されていて、勝手に盛ってるぶんにはだれも問題視しないでしょ

だから女性による男性へのセクハラ行為を負の性欲と呼ぶ方が社会科学人間科学としては正しいんじゃないかな
高度な社会性を持つ人間の性欲を単純な生殖行為だけに直結させることのほうが難しいだろうし
770 ななしのよっしん
2021/12/07(火) 18:51:47 ID: 9gW9Fn2NLt
たしかに、「生殖行為だけを性欲と呼んでいいの?」っていう話としてみるとちょっとしっくりくるな。広義の性欲とでも言うか。
極端な話を言えば、避妊アリで枯れるまでヤりたいか、快感なしで精子バンクから人工授精でもいいから生殖行為が重要かっていう。もっと言えばその両極自体を疑問視するという言い方もできそう。
771 ななしのよっしん
2021/12/25(土) 21:43:50 ID: SSY6QUYjUl
同性愛者に対する過剰な嫌悪、攻撃性も「負の性欲」でいいし
弱者男性に対する過剰な嫌悪、攻撃性も「負の性欲」でいいでしょ