貧乳回避単語

ヒンニューカイヒ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

貧乳回避とは、胸部の薄さを最大限に活かした攻撃回避方法である。

概要

正面投影面積を減らす事は、生身の人間同士の争いのみならず、兵器開発においても重要な要素である。駄な被弾面積の減少はそれだけ生存性を高め、防御しなければならない面積の軽減による必要装甲量の減少は、ジェネレータの必要推の低減や燃費向上といったメリットが生まれるためである。

人体は正面を向いている時より身体を横にした時の方が正面投影面積を減らす事ができる。武道武術では必要に応じて身体を横向きにして相手から見える面積の低下と共に急所を隠し、銃撃戦を想定した現代戦においても不意の被弾を極減らすために横向きに近い斜めの姿勢を基本とする事が多い。

ただし、胸部が厚めの場合は身体を正面から横にしても胸部に限っては正面投影面積が減りづらく、また攻撃以外の移動時の障回避と言った場面においては、突出した胸部の厚みで通ることができない事もある。

ところが胸部が他者よりも薄い者の場合、通常の胸部であれば当たっていた攻撃が回避できた、等という事が起こりうるのである。そういったを含む動画に対して、ニコニコ動画などでは「胸があったら即死だった」「があったら即死だった」等のコメント投稿されることもある。これは機動戦士ガンダム台詞ヘルメットがなければ即死だった」が元ネタではないかと思われる。

胸の薄さを題材にした攻撃回避の場面描写はこれまでもぽつぽつとあったが、明確に「貧乳回避」と台詞まで叫んだ作品としては「境界線上のホライゾンⅡ」がある。作中のネイト・ミトツダイラF・ウオルシンガムとの戦いにおいて披露した。尚、同作での対義(?)として「巨乳防御」があるそうな。

関連動画

タグが付いた中で最も古い動画たち

明確に「貧乳回避」と叫んだ記念すべき(?)場面

攻撃以外での貧乳回避と胸部装甲の厚みがとなった場面

胸があったら即死だった(2:33頃から)

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%B2%A7%E4%B9%B3%E5%9B%9E%E9%81%BF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

貧乳回避

27 ななしのよっしん
2015/08/09(日) 09:54:55 ID: J5FqmIXfPo
貧乳で良かった~!
28 ななしのよっしん
2016/08/17(水) 20:31:48 ID: yd/r/iGmJ5
台風7号の軌跡を見てたら日本列島が回避しているように見える……頭(北海道)は直撃したけど。
29 ななしのよっしん
2016/08/27(土) 06:35:38 ID: sIyYuw3FJd
確かに緊急回避みたいなイントネーションで言うとかっこいいですね。


巨乳防御とかいうワケのわからない防御方法ほんすこ 絵面がイメージ出来ない
30 ななしのよっしん
2016/09/01(木) 23:10:17 ID: 8mOUaqCqUN
>>29
ウルトラマン大胸筋バリアーみたいなものだと思ってますけど巨乳だとどうなるんでしょうね

バルルルルルルンッ みたいな?
31 ななしのよっしん
2016/10/01(土) 17:37:19 ID: i45ScUep9G
>>29
使い手?が(身体とか技量が)非常識な存在なので、ホントに弾く
こう、トランポリンみたいにぽーんと
32 ななしのよっしん
2018/09/17(月) 15:43:23 ID: dMHBVVaNZk
防御の方は極めると攻防一体の技となって意中の相手の正気を(物理的に)乱し、同性キャラ戦意喪失させる
ディーふらぐチャックボーンとか
33 ななしのよっしん
2018/09/28(金) 18:20:54 ID: byi2mW4Tlt
まあ賢姉さまの巨乳防御は実際にはものすごい加護だったわけだが
34 ななしのよっしん
2020/08/03(月) 16:24:01 ID: 3y9dl0J0SA
ナルトの綱手がカブト戦で偶然巨乳防御やってたな
内部破壊攻撃で肺だか心臓だか狙ったけど胸の脂肪が厚くて届かなかったとかいう
35 ななしのよっしん
2020/08/03(月) 16:28:12 ID: NsY0Du7VRZ
>>34
その場合は胸部装甲と言うべきか
BTOOOM爆弾巨乳で弾いた彼女とかも
36 ななしのよっしん
2021/07/25(日) 12:49:50 ID: jUSNWwfRpj
貧乳回避→「当たらなければどうということはない理論
巨乳防御→「さすがゴッグだ、なんともないぜ!理論

よってゴッグ巨乳。Q.E.D