貴樹の飛ばされた手紙単語

タカキノトバサレタテガミ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

貴樹の飛ばされた手紙とは、栃木県小山駅自動販売機で飲み物を買おうとした際、ポケットから落ち強宇都宮線方向に飛ばされた手紙である。

だから、あれほど立ち食い蕎麦を食えと言ったのに・・・

手紙の内容

大人になるということが具体的にはどういうことなのか、
にはまだよくわかりません。

でも、いつかずっと先にどこかで偶然に明里に会ったとしても、
恥ずかしくないような人間になっていたいとは思います。

そのことをは明里に約束したいです。

明里のことが、ずっと好きでした。

どうか どうか元気で。

さようなら

 

新海誠 著 小説秒速5センチメートル 第三話「秒速5センチメートル」後編より~

 

 

~オサーソ解説~

明里にべて短い内容だが、中学2年生の男子なら普通だと思う。

 

奇しくも、手紙も、感謝と別離の心中を記載している明里と同じ内容になっている。

岩舟での再会を前に、二人とも「離れてしまう事によるある種の諦め」と「いま抱いている相手への気持ち」が同じだった。

この、どちらかの手紙が相手の手に渡っていたら、また違う結末になったのかも知れない。

しかし、この後、ホームで判れる時には、微妙に気持ちのズレが生じている、と言う意見が多い。

つまり、手紙を書い時の気持ちが変わり「また明里を守って行きたい」と思い、

明里は手紙の書いた時の気持ちと、基本は変わってなく、手紙に書いた言葉「くんはきっと大丈夫。」と言う言葉を使っている。

 

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%B2%B4%E6%A8%B9%E3%81%AE%E9%A3%9B%E3%81%B0%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%89%8B%E7%B4%99

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

貴樹の飛ばされた手紙

1 もどれイラネ03
2009/08/01(土) 07:25:31 ID: VyTdzPJcLm
 オサーソGJです

まさか〝〟から〝速〟に出会えるとは…
ぶっちゃけ、この歳になって出会う〝切なさ〟は
なんともいえない気分にさせられました。

手紙について、思うことは色々ありますが、
ここに書くのはと感じましたので
応援メッセと言う事で…(

オサーソマイリス、全部見たz
忙しいと思うけど、これからもお頼み申す
いつかマチすることを願いつつ  
2 (・┏┓・)
2009/08/03(月) 21:24:23 ID: UBaxplO5qG
ありがとうノシ
3 ななしのよっしん
2020/05/16(土) 02:11:25 ID: QMiX8S9EjO
ここを含めてネットの様々なところで、「手紙が短い」と言われていますが、これは「便箋に八枚ほども書いた」うちの「最後の一枚」ですよ。「便箋に八枚ほども書いた」は桜花抄より、「最後の一枚」は秒速5センチメートルの章の手紙の内容が出てくる直前からの引用です。

桜花抄にて、モノローグとして、
約束の日まではまだ二週間もあったから、は時間をかけて明里に渡すための長い手紙を書いた。それはが生まれて初めて書いた、たぶん、ラブレターだった。
自分が憧れている未来のこと、好きな本や音楽のこと、そして、明里が自分にとってどれほど大切な存在であるかを――それはまだ稚拙で幼い感情表現であったかもしれないけど――なるべく正直に書きった。
具体的な内容は今ではよく覚えていないけれど、便箋に八枚ほども書いたと思う。その頃のには、明里に伝えたいこと、知って欲しいことが本当にたくさんあったのだ。」
と書かれています。