貴闘力単語

タカトウリキ

貴闘力(1967年9月28日-)とは、元大相撲力士プロレスラーである。現役力士時代は藤島部屋→二子山部屋に所属していた。本名は忠茂。最高位は関脇相撲の得意技は突き、押し、り手、いなし、引き、叩き

概要

小学生の頃から力士を志していたが、中学校では2年生から柔道をしていた。柔道部の一年先輩佐々木健介がいる。中学校卒業後の1983年3月場所に初土俵。

1989年3月場所後十両昇進、新入幕の1990年9月場所に11勝4敗で敢闘賞を獲得。

小結で迎えた1991年5月場所、3日横綱在位59年の千代の富士をとったりで破り引導を渡した。9勝6敗で敢闘賞を受賞し翌7月場所新関脇に昇進。

1994年3月場所に前頭12枚で12勝3敗の好成績を収め、横綱大関貴ノ浪との優勝決定線に進出。しかし貴ノ浪の立ち合い変化に沈み、貴ノ浪に敗れたために回ってきた戦も敗れる。賜杯はあまりにも遠すぎた。

1996年7月場所から三役で連続二桁勝利を挙げ、大関昇進のチャンスを迎えるが11月場所に尿管結石で入院した影もあり、負け越して失敗に終わる。

32歳で迎えた2000年3月場所は幕となる前頭14枚まで下がってしまい、十両陥落濃厚との見方も出ていた。ところが場所が始まると12連勝で単独トップ、13日から横綱武蔵丸に連敗したが、千秋楽関脇雅山に逆転勝ちして13勝2敗で史上初の優勝、当時最長の初土俵から102場所での幕内初優勝を果たした。

2001年以降は十両に甘んじる場所が増えた。2002年9月場所、12日ベテラン寺尾に敗れ幕下陥落が決定的となったため現役を引退。年寄・大嶽を襲名し、大鵬師匠を務める大鵬部屋の部屋付き親方となった。2004年1月に部屋を継承し名称が大嶽部屋に変わっている。

しかし2010年6月野球賭博問題への関与が報じられ、7月大関琴光喜とともに解雇処分となった。直後に大鵬三女離婚、大嶽部屋は元十両の二子山親方が名跡を変更して継承した。

エピソード

  • 仕切りでは制限時間前の立ち合いや睨み合いを度々見せた。また取組がり手や突っりの応酬になることもよくあった。
  • 敢闘賞は史上最多の10回受賞している(三賞全体では14回)。しかし前頭筆頭で11勝した1997年1月場所は賞をもらえず「このくらい勝って当たり前の力士と判断されたのだから光栄です」と発言したが、実際は前に出て勝った相撲が少ないのが理由であった。
  • に強く本場所の本割で通算15勝(28敗)、金星を7個挙げた。同一相手からの金星獲得個数では、輪島からの高見山と並ぶ最多記録。
  • 柔道経験者らしく、「二丁投げ」の決まり手で3回勝っている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

貴闘力に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%B2%B4%E9%97%98%E5%8A%9B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

貴闘力

1 ななしのよっしん
2019/01/26(土) 22:15:24 ID: dj/sQy/J5H
先鋒:貴闘力
次鋒:安芸乃島
中堅貴ノ浪
副将:若乃花
大将貴乃花

全盛期藤島部屋のイメージは大体こんな感じで合ってると思う。貴闘力安芸乃島は、若の本尊を守護する仁王像みたいな感じだった。
相撲って仕切り前に立ってもいいんだ」というのを教えてくれた力士でした。最初から立つ気満々の仕切りは、見ていてほんと楽しかった。博打さえやらなければなあ…