賈充単語

カジュウ

賈充とは、三国志に登場する人物である。

概要

字は閭。河東襄陵(現在の山西)の出身。の名臣である賈逵の子。

12歳の時にを亡くし、爵位を継ぐ。やがて出仕し、司馬懿の子司馬師に従事するようになる。毌丘倹文欽の乱の時は司馬師の参軍となり、司馬師の死後にその軍を取りまとめた。司馬師司馬昭に命じられて揚州に駐屯していた諸葛誕の動向を探り、諸葛誕の叛意を報告し、諸葛誕が反乱を起こすよう仕向けている。
260年、皇帝曹髦が司馬昭打倒のための兵を挙げると、配下の成済に曹髦を刺殺させる。さすがの司馬昭もこれには驚き、陳泰司馬昭に賈充をって下に詫びよと直言したが、結局は成済の三族を皆殺しにするだけで後処理を済ませている。

司馬昭息子司馬炎譲によってを建すると、筆頭の功臣として賞される。その一方で「泰始」と呼ばれる中国最初の法典制定に携わったり、この頃から本格的に北方荒らし回っていた異民族の反乱に赴くなどしている。

に対しては終始討伐消極論を唱え、羊祜杜預張華などの批判して、279年にを討伐する大軍の総司令官を任されても度々撤退をしていた。しかし最終的には滅ぼされ(280年)天下統一は成り、賈充は司馬炎に謝罪したが、これが原因で賈充の勢は削がれることはなかった。

282年、66歳で逝去。魯に封ぜられていたため、魯武と諡される。賈充自身はの忠臣であったが、賈南風(後妻の)を強引に司馬炎の子で皇太子司馬衷にがせる一方、別のの賈褒(先妻の)は司馬炎司馬攸いでいる。結果として賈充の子や孫の世代が大きく関わった八王の乱という内紛で、は滅亡のを急速に突き進み、賈充の一族をも巻き添えにしていく。

評価

に仕えながらを殺したり、では己の権を確かなものにするためにを強引に皇太子妃にしたり次々と政敵を排除するなどが滅亡する遠因を作っており後世の評判は悪い。
ただ、泰始の制定にみるようにその政治は確かなものがあった。また、の討伐に反対したのも、建間もないの基盤を固め異民族への対処を重視すべきと考えていた、婿司馬攸喪期間中であり司馬攸を総大将にして討伐を飾らせようと思っていた(司馬攸司馬炎から冷遇され憤死するのは賈充の死後)、などの説もある。

賈充の一族

後述するように、彼の周囲にいる女性はやたら癖が強い。

夫人(李婉と郭槐)

賈充の先妻は李豊である婉である。婉は李豊侯玄らと司馬氏排除の陰謀を企てたことが発覚して一族皆殺しになった際、婉も離縁されて(シャレではない)流罪となった。その後、直後に恩赦があり、婉も許されたが、賈充は既に郭淮の姪である槐を後妻として結婚していた。
司馬炎は賈充にこの二人の夫人を正妻として置くことを許したが、婉は賈充のには戻ろうとしなかった。

ある日、賈充の後妻の槐は賈充に、婉がどんな女性か見に行きたいとねだった。賈充は「あれは強情で才気があるから行かないに越したことはない」と行ったが槐はそのまま出かけた。
しかし、奢な支度をした槐を迎えようと婉がから出てきた途端、槐はその姿を見るや足からが抜けて跪き、再拝してしまった。帰ってこのことを賈充に話すと賈充は「だから言ったじゃないか」と答えたという。
(『世説新』より)

この一方で槐にはこんな話も伝えられている。ある日賈充がに帰ってきた時、夫が別の側室との間に作った男の子の賈民をが抱えていて、賈充が賈民をあやしていたのを賈充がとデキていると思い、槐はそのを殺した。賈民は泣き止まず他人のを飲まずにとうとう死んでしまった。
もう一人賈充には男の子がいたが、同じように嫉妬心からその子のを殺して結果的にその子を死に追いやったため、賈充が死んだ時男子はおらず、槐は次女賈午の子である孫の謐を理やり賈充の跡継ぎにして賈謐と姓させた。

母親

賈充の母親氏といい、古今の事柄に通じ節義を重んじる人だった。当然皇室に関する想いも強く、曹髦を殺した犯者(ということに司馬昭がした)である成済をしょっちゅう罵っていた。氏の発言は者の間で密かに笑いものになっていたという記述もあるため、相を知らなかったのは母親だけのようである。
母親の臨終の際、賈充は最期に言っておきたいことを聞いた。帰ってきた答えは「婉のこと以外に言い残すことがあるのか」というものだった。

書には母親の罵倒に賈充がどのように思っていたかまでは記載されていない。もっともわざわざ最期に確認したことを載せる辺り、察しろと言っているようなものだろう。

娘と孫(賈午と賈謐)

賈充と槐の次女である賈午は、ある日宴席の場でというイケメンに一惚れし、の元使用人だった女中に取り持ってもらい密通するようになった。
やがて賈充は、の体から、自分が司馬炎から拝領した特別な香の匂いがするのに気づき、の密通を知って、と賈午を結婚させた。
この時代、自由恋愛というものはほとんどなく、親の都合で縁談が決まるケースばかりだったため、後世にこのことが恋愛譚として伝えられること自体が特殊だったといえる。
と賈午の子が、賈充の養子となった賈謐である。賈謐は司馬炎死後、伯母皇后賈南風らと共に権勢を振るうが、司馬倫のクーデターの際に賈南風、賈午、賈謐らは一族皆殺しになった。

各メディアにおける賈充

三国志大戦

三国志大戦にはの賈逵や賈南風が参戦しているが、他の賈充一族はまだ出ていない。Ver3.59でUC賈充としてようやく登場。

捜神記

孫策于吉に呪い殺されたとかの小説が載っている『捜記』にはこんな話が収録されている。

賈充がの討伐戦に従軍していた時、突然行方不明になった。部下の周勤が寝していた時、賈充が大勢の兵士に捕らえられに連れ込まれる夢をみて、が覚めると賈充が行方不明になったと大騒ぎになったので、探しに行くことになった。
夢でみたを周勤が見つけ辿っていくと、どこかの役所で長官が賈充を取り調べていた。「を乱すお前と荀勗(荀彧の族孫)だ、息子だけでなく孫にも迷惑かけるのか。他のに追放させようとしたり一括させても駄だし、今度の戦いでを征討してもお前張華をヌッコロセと言う、いい加減にしろ」
賈充が頭を地面に打ちつけて許しを乞うと長官は「今までのお前の出世の功は認めるが、お前の後継ぎ(賈謐)は鐘撞き堂の柱の間で死に、上の子(賈南風)がを飲んで死に、下の子(賈午)が枯れ木に痛めつけられ(てあぼーんす)るはずだ」と言い、帰れと命じた。賈充はなんとか軍営に帰り着いたが錯乱状態で、幾日してやっと回復したという。この長官は言動からし司馬昭らしいが不明である。

洛陽の姉妹

安西篤子『陽の姉妹』は賈充の二人の、賈暉(司馬攸夫人なので賈褒がモデルか)と賈南風主人公に描いている短編小説だが、の賈充についても触れられている。これによると、賈充は本当は暉ので先妻の婉を愛していたと描かれている。

ニコニコ動画における賈充

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%B3%88%E5%85%85

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

賈充

73 ななしのよっしん
2018/10/20(土) 08:46:27 ID: bnoSlSA+zM
ほんとに忠臣だったら、アホを君の座に置いておくとどのみち不幸が待っていることくらい察するもんだよ
献帝のように上手く位を捨てて生きていけるに導いてやるのが忠臣の態度
74 ななしのよっしん
2018/11/04(日) 19:29:00 ID: i0++emxcyq
オロチ3の果汁しつこすぎる
75 ななしのよっしん
2018/11/23(金) 20:31:18 ID: F4HEIapacU
道徳々を抜きにしても実際やったことは政治ヤクザ御用の汚れ仕事しかなかったのがどうも評価しきれん
76 ななしのよっしん
2018/12/02(日) 13:56:54 ID: 6In0BQDImT
有能とか忠臣佞臣というより
上手く時流に乗った人といった印だわ
77 ななしのよっしん
2019/03/04(月) 04:31:49 ID: xH4jr60udA
>>53
書』によるとそうでもい。
鮮卑のが反乱を起こし、西が鎮圧に手間取った段階で、賈充の政敵である任愷が、賈充に鎮圧に行かせようとした(271年、泰始七年の政変)。

賈充に失敗させよう、あわよくば死んで貰おうという策略だろうが、この時に荀勗と共に、羊祜が反対して司馬炎に撤回させている。
賈充羊祜に、「はじめて君が長者たる事を知りました」と礼を述べたというから、確執はあったにしろ、羊祜賈充を西に必要な人材と評価していたようだ。

なお、任愷は賈充の報復で讒言され、左遷されたことはいうまでもない。
78 ななしのよっしん
2019/03/04(月) 04:48:20 ID: xH4jr60udA
>>75
『泰始』編纂の中心人物だから、表向きの政治の業績も大きい。編集には羊祜杜預も荀勗も荀顗も王業も加わっていて、杜預は実務の注釈を作った。

司馬昭生前の意向を受けて、刑罰をより軽くし、重複した命を整理した。
刑法典である「」と、それ以外の「」に法令をまとめ上げ、いわゆるの最初となった。他の編集メンバーもあるにせよ、実務は高かったのだろう。
79 ななしのよっしん
2019/03/04(月) 17:30:28 ID: vxnslrMKv0
・泰始編纂の実績あり
・西で盛んだった清談の逸話はなし(むしろ孫皓討論で言い負かされる逸話あり)
・同じく西で盛んだった贅沢自慢の逸話もなし
・別れた前妻婉にもを用意する

などの逸話を見ると「遊びも贅沢もせず、とっさの機転も利かないが政務は確実にこなすな官僚」みたいな印があるな
80 ななしのよっしん
2019/03/04(月) 17:46:53 ID: vxnslrMKv0
『玉台新詠』に、賈充と、政争に巻き込まれて別れることになってしまった先妻婉がやり取りした連歌が掲載されている
(訳文はネットで拾ったもの)

室中是  正悲 (賈)
何為  但恐大義虧 (夫人)
部屋の中にいるのはであろうか 悲しくため息をついている(賈充
なぜため息をつくかなど あなたの心を失うのではないかと恐れるからです(婉)

大義同漆  匪石心不移 (賈)
不慮終  日有合離 (夫人)
の心は流される石とは違い 漆やのように固く離れることはない(賈充
どうしてそんなことが言えましょう あの太陽でさえ会っては離れてゆくというのに(婉)
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
81 ななしのよっしん
2019/03/06(水) 01:56:44 ID: xH4jr60udA
書』庾純伝より

任愷の庾純は、賈充が幅を利かせる現状に不満を溜めていたが、ある日賈充宴に出席しなければならなくなった。わざと遅れていった庾純は、賈充と口論になり……

賈充「(辞職して)父親の世話もせずにいる君が、何を言っているのかね」(注:泰始の規定によると、庾純は他の兄弟が辞職して世話をしていたので問題なかった)
庾純「賈充! 下が乱れているのは、あなた一人のせいだ」
賈充「充は二代にわたって下をお助けして、定した。何の罪があって乱れたというのだ」
庾純「高はどこにいるのか!?

ここで周囲に制止されてお開きになり、庾純は後に謝罪して辞職した。
庾純が自発的に辞職したために、それ以上の処分はなかったのだが、高(曹髦)を殺したという発言がスルーされたのは、そういうことなんだろう。
82 ななしのよっしん
2019/04/28(日) 17:51:40 ID: /9zcYnnCQT
司馬昭皇帝殺した時にこいつを切り捨てておくべきだった

急上昇ワード