賭博罪単語

トバクザイ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

賭博罪とは、

  1. 刑法に規定された犯罪の一つ「賭博及び富くじに関する罪」の通称。(広義)
  2. 俗に謂う単純賭博罪刑法185条本文)のこと。(狭義)

概要

「賭博」の法律上の定義は「偶然の勝敗により、財物・財産上の利益の得喪を争うこと」とされ、「財物」には非銭的なものも含まれる。

刑法185条から第187リンクexit)は、賭博及び富くじに関する罰則が規定されており、「賭博法」と俗称される。以下引用

第二十三章 賭博及び富くじに関する罪

(賭博)

八十五条  賭博をした者は、五十万円以下の罰又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

(常習賭博及び賭博場開等図利)

八十六条 常習として賭博をした者は、三年以下の懲役に処する。

 賭博場を開し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

(富くじ発売等)

八十七条 富くじを発売した者は、二年以下の懲役又は五十万円以下の罰に処する。

 富くじ発売の取次ぎをした者は、一年以下の懲役又は万円以下の罰に処する。

 前二項に規定するもののほか、富くじを授受した者は、二十万円以下の罰又は科料に処する。

賭博罪(単純賭博罪、刑法185条本文)、常習賭博罪(刑法186条第1項)、賭博場開図利罪・博徒結合図利罪(刑法186条第2項)、及び富くじ罪(刑法187条)とに大別される。

競馬は賭博ではないのか?」「富くじは宝くじではないのか?」と思うかもしれない。ただ、2020年時点では公営競技宝くじスポーツくじ、懸賞などについては、日本では他の法律に規定がある。刑法よりもそちらの個別の法律が優先され、その法律の範囲内で行っている分については合法とされている。それ以外の認されていないものは違法となる。

パチンコの場合は営法に規定があるため、それにのっとった営業をしていれば罪には問われないことが多い。現時点では日本政府も「賭博ではない」とする立場をとっており[1]、現状ほとんど摘発されていない。ただし、三店方式により実質的に換が可となっているため「本来は違法」とする意見もある。他方、刑法185条但書「一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。」により、三店方式パチンコは「賭博ではあるが違法ではない」とする意見もある[2]

関連動画

関連商品

関連コミュニティ・チャンネル

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *pachinko village「政府答弁、パチンコは刑法 第185条の賭博に該当しないと回答」(2018/03/01)exit
  2. *木曽崇「パチンコは「グレー」ではないし「違法」でもない」(2020/04/27)exit

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%B3%AD%E5%8D%9A%E7%BD%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

賭博罪

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 賭博罪についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


おすすめトレンド