赤チン単語

アカチン
医学記事 ニコニコ大百科 : 医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

赤チンとは、

  1. として、消毒用に使われていた品「マーキュロクロム液」の通称。
  2. 赤飯歌い手)と歌うキッチン歌い手)のコンビ名。ネットラジオをやる際に、この名前を使うことが多い。

本記事では上記1.について扱う。

概要

日本における正式な商品名は「マーキュロクロム液」。「赤チン」とは俗称である。他によく知られる消毒ヨードチンキ」が色いのに対して「マーキュロクロム液」は赤色をしていたことから、「いチンキ」略して赤チンと呼ばれるようになった。

有効成分の「マーキュロクロム」は「メルブロミン」や「2,7-ジブロモ-4-ヒドロキ水銀フルオレセインナトリウム」とも呼ばれる。そのため「マーキュロクロム液」にも「メルブロミン液」という別称がある。一般的な「マーキュロクロム液」製剤は、原メルブロミンを約2%に希釈したものである。

ヨードチンキとべて傷口に染みない」「一度塗布すると消毒効果がある程度持続する」等の利点から、過去には外傷などへの消毒剤として世界中で広く使用されていた。日本においても例外ではなく医療機関において、また各庭や事業所・学校などの救急などにも常備されていた。

日本での現状

だが、「染色性があるため、い色が皮膚に染み付き、また衣服などに付くと落ちにくい」という欠点があり、透明な消毒剤が普及してくると人気を失っていった。

また上記の別名称「2,7-ジブロモ-4-ヒドロキ水銀フルオレセインナトリウム」からもわかるようにマーキュロクロムには水銀が含まれている。この水銀性を懸念するもあってさらに需要は落ちた。

さらには根本的なことに、現代の医学では「消毒による外傷への消毒」の有効性・必要性自体にも疑問符が呈されている。

しかし以前から赤チンを用していた年配者などを中心に、現在でも使用者は皆無ではない。2015年時点でも内でも少なくとも2社から製造・出荷が継続されている。ただし内では既に原メルブロミンは製造されておらず、2社ともに「中華人民共和国から輸入した原内で希釈する」という手法で製造されている。また、そのうちの1社は既に2020年の製造止を決定している。[1]

関連商品

関連項目

脚注

  1. *経済産業省 水銀条約対応技術的事項検討会(第5回) 配布資料exit 「資料2 製品表示等の情報提供の方法に関する事業者提出資料」より

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%B5%A4%E3%83%81%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

赤チン

1 名無し
2011/09/28(水) 22:17:38 ID: yTYULKTA3G
赤飯さん本人編集wwwwwwww
2 ななしのよっしん
2013/01/19(土) 20:36:33 ID: umFG5+7yMT
赤チン水銀含まれてたのか
今更ながら初めて知った
3 ななしのよっしん
2014/11/23(日) 08:48:37 ID: bo6gvua04u
水銀化合物が「含有」どころか成分だな
皮膚吸収性が低いとされていて、外用の限りでは水銀の報告はないそうだけれど
ただ、製造工程も含めてのトータルでの環境負荷は高そうだから排除されたのも仕方がないか
しみないし、血も止まるし化膿もしないから個人的には好きだった
ヨードチンキは痛いくらいしみてマキロンは血は止まらずその後化膿もしやすかったから
赤チンからなくなった時は文明の後退を見るような思いだった
4 ななしのよっしん
2015/11/15(日) 20:26:54 ID: AQPf7M0050
石田動画にこのタグ付けられてたんだけど何か関係あるの?

急上昇ワード