赤川次郎単語

アカガワジロウ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

赤川次郎(あかがわ じろう)とは、日本小説家である。ミステリー小説を中心に執筆している。

概要

1948年福岡生まれ。1976年、短編「幽霊列車」で第15回オール推理小説新人賞を受賞しデビュー。2年後『三毛猫ホームズの推理』がベストセラーとなり一躍有名作になる。

以後、ユーモアミステリーを中心に驚異的なペースで作品を量産し、トラルミテリー西村京太郎とともに80年代90年代ノベルズブームを牽引する人気作家として活躍。長者番付が表されていた頃には、作家部門で毎年のように西村京太郎1位を争っていた。

多作なノベルズ作家ということもあり、文学賞の類いとはほとんど縁がない作家だったが、2006年に第9回日本ミステリー文学大賞を受賞。2016年には『東京年』で第50吉川英治文学賞を受賞した。

探偵の『三毛猫ホームズシリーズ』、人間界に落とされた天使と悪魔が、事件を解決する『天使と悪魔シリーズ』、長男殺し屋、次男が弁護士、三男が警察官、長女が詐欺師が泥棒という一家が事件に巻き込まれる『早川一家シリーズ』などの一変わった登場人物の話が多く存在する。個性的な登場人物がドタバタを繰り広げるユーモラスな作品が多いため、ユーモアミステリー作家というイメージが強いが、その一方で非常に後味の悪いダークな作品も結構書いており、ユーモアミステリーと見なされているシリーズにもヘビーな結末の話が少なからずあったりする。

ドラマ映画化された作品も多く、有名なものだと『セーラー服と機関銃』『三毛猫ホームズの推理』などが赤川次郎原作である。

いくつかの作品がゲーム化しており、原作にはない結末なども用意されているが、ゲーム化されて幾分かホラー色が強めな作品になっているものもある。

パソコンなどで執筆することが流となった現在でも執筆は手書きで行っている。前述の通り、西村京太郎と並んで人的な多作で知られ、最盛期には年に20冊以上新刊を出すこともザラであった(もちろん文庫化などを含めての数字ではなく、全部新作でのカウントである)。2008年には著作が500冊を、2017年には600冊を突破している。

主な作品

シリーズものの巻数は2020年10月現在

長期シリーズ(10巻以上)

その他のシリーズ(10巻未満)

主な単発作品・短編集

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%B5%A4%E5%B7%9D%E6%AC%A1%E9%83%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

赤川次郎

4 ななしのよっしん
2014/08/20(水) 18:46:31 ID: s01u3SL46o
吸血鬼シリーズ回想電車もこの人だよね
5 ななしのよっしん
2015/01/12(月) 13:23:25 ID: IXCy8+/EZQ
この人の短編だと「日替わりメニュー」が一番好き
6 ななしのよっしん
2015/04/06(月) 16:20:48 ID: XrQa42zNrt
80年代角川映画映像化されまくってたよな
テレビで矢CM流してたよ
7 ななしのよっしん
2015/09/21(月) 13:41:47 ID: 027VVuH91r
別にこの人に限らず多作な作家全般に言えることかもしれんが、
同じ名前の人物が別の作品に出てくると「もしやこの人、同一人物なんじゃ……それとも来世の生まれ変わりなんじゃ……」とか変なことを考えてしまう
ひどい時は同じ本(短編集)に出てきて「あれ?過去の話なんかな?」と混乱することもあるし

最近読んだ10冊程度の本の中で、ルミ、という名前の人物に3度出会したのはただの偶然だったのだろうか
8 ななしのよっしん
2017/06/06(火) 05:28:58 ID: UrHbbiJC5S
「夫は泥棒、妻は刑事シリーズが「キャッツ・アイ」に
与えたという説が…
文庫本の後書きに「赤川次郎の作に似てますね」と読者からお便りが
北条司のもとに届いたと書かれていまして。
9 ななしのよっしん
2017/06/15(木) 15:51:24 ID: qNWFMnf5iD
良い意味で難しい表現や堅苦しい表現が少なくて、オチ犯人)が分かりやすい内容の物が多いから、
あまり本を読まない人や小学校高学年位の子の入門書的な立ち位置としてもお勧め。
10 ななしのよっしん
2017/09/12(火) 00:46:01 ID: 4YsGE1Pitl
>>9
それでいて、子供だましではないから、面白いんだよね
昔の作品もいっぱいあってどこの図書館にも大体あるから、ハマると大変なことになる

ただ、絶版になっているものもあるから、手元にそろえたくてもえられない悲しみよ
11 ななしのよっしん
2017/09/22(金) 10:27:10 ID: lV5eiE/u+e
全盛期赤川次郎は「犯人を決めずに書き始める」とか「犯人を途中で変える」とかの荒業をおそらく頻繁にやってたふしがあるんですけど、それでも作品の魅が変わらなかったというまさしく天才なんですよね。ミステリ作家としてそれはどうなのかというのはまた別の話。
12 ななしのよっしん
2018/05/15(火) 00:09:08 ID: Gn5sf7cf73
漫画ばっかり読んでいた自分が、小説を読むのが好きになったきっかけの人。読みやすくて、1つのシリーズを読んだら他のシリーズ読みたくなる。小説売らなきゃよかったなぁ。
13 ななしのよっしん
2020/08/08(土) 06:40:06 ID: fFy1H26hd3
中学生の頃に通ってた塾で、塾長に好きな小説家は?
って聞かれたから赤川次郎って言ったら
食いぎみであんなもん小説じゃないってキレられたことがある