赤魔道士単語

アカマドウシ

赤魔道士とは、ファイナルファンタジーシリーズ及びその生作品に登場するジョブである。略称魔。

赤魔道士

概要

魔法』と『黒魔法』を使いこなし、ある程度の武器攻撃をも得意とするジョブ。ただしいずれも専門には劣る。一部の作品では「魔道師」「赤魔導士」と表記される。

基本的な外見は、上にられたお絵カキコの通り、羽根付き帽子マント姿。天野喜孝氏がイラストを手掛ける『吸血鬼ハンターD』の主人公『D』がモデルとのこと。

古参ジョブの割には出演作が少ない。

登場作品ごとの扱い

FF1

初登場作品。魔術士がクラスチェンジした上位ジョブであり、より高いクラス魔法を習得できる。ただしおなじみの姿は魔術士のものであり、赤魔道士グラフィックは別のものであった。本作では較的高めの準でバランスがまとまっている。具体的に言うと白魔道士黒魔道士の2ジョブの必須魔法どを赤魔道士も習得可であったり(ダテレポ・ヘイスト等)、一部の騎士やガントレットと言った重装よりの装備も可でアタッカーとして振る舞えるポジションにいたりと非常に頼もしいジョブであった。他機種でのリメイク版でもその傾向は色強く残されている。

FF2

取説で「なんでもできる赤魔道士的なキャラすと苦労する」的なことが書かれている。

FF3

表記。

本作でおなじみの姿となる。序盤ではアンデッド退治にワイトスレイヤーが活躍し、魔法も使えるため便利。……だが、どれも以後はパッとしないため、後半まで使っていくのは厳しい。

リメイク版では強化され、プレイスタイルにより十分後半での使用にも耐えるようになった。

FF5

クリスタルの元で獲得できるジョブジョブの上位・下位が撤され、個性が重要視されるようになった本作では、バランスで特化した部分のない赤魔道士器用貧乏と見なされがちである。

しかし、マスターすると習得できるアビリティの「連続魔」は魔法を2連射できる(ついでに黒魔Lv3が使用できる)というなもので、FF11FFTAにおいても赤魔道士の特徴として採用される。

FF9

黒魔魔は仲間キャラにいるのに、魔は仲間キャラになり損ねた。NPCとしてのみ登場する。

FF11

キャラ作成時から選択可スタンダードジョブとして登場。本作でもバランスであるために、パーティを組む際に「特化した専門ジョブの方を誘う」状況になってしまっていた。後に「敵を弱体・味方を強化する魔法に長ける」という調整が行われた。ファトキャスト(魔法術・呪歌種類を問わず素詠唱できる)と言うジョブ特性を持っており、またそれらを後押しする装備品にも恵まれ、魔法による支援魔法回しの手さは赤魔道士が最適かつ最速であった。ヘイスト定した味方の攻撃速度を速くする)やリフレシュ(定した味方のMPを徐々に回復する)と言ったかゆいところに手が届く支援魔法にも長けており、狩り局地戦においては赤魔道士がいないのでは効率が泥の差が出る、と言われる程の地位を得ることに成功した。実際赤魔道士のPTサポート貢献度はずば抜けたものを持っており、レベル上げPT等で赤魔道士がいない構成だと用事を思い出して抜けるプレイヤーも出た(=それは建前で、非効率PTで活動したくない)程の弊を生み出すほどであった。
弱体魔法スキルは全ジョブトップスキル値を有しており、一部の優れた腕を持つプレイヤーによっては大所帯でやっと倒す様な難敵を、足止め魔法や鈍足魔法を駆使してスリップダメージ魔法(=対等の状態異常漬けにして徐々に体を奪う魔法)のみで、時間は掛かるがソロで倒してしまったりと言うある種の事件を巻き起こしたのも赤魔道士が初めてだと言われている。

中でも赤魔道士の潜在を開させたのがと呼ばれる戦術・文化である。
FF11には空蝉の術と言う物理攻撃に対して幻影を展開させることで全回避する事ができる術があり、名前の通り本来は忍者が得意とするものである。但しFF11サポートジョブと言うメインジョブの半分のLVまで同等のを得るシステムがあり、本来術を行使出来ない赤魔道士サポートジョブ忍者にする事でこの鉄壁の防御手段を得ることが可であった…
ここまでなら他のジョブでも同じ恩恵を与る事ができるのだが、赤魔道士の持つジョブ特性ファトキャスト」により、この空蝉の術を本職である忍者当人より高速かつ安全に展開させ続ける事が(PT支援前提もあるが)可であり、同時に低燃費の弱体魔法スリプルやブラインと言った弱体魔法は累積ヘイト(簡単に言うとアクションを起こすと成功の有を問わずに発生するポイントの様なもの)が較的高く設定されており、これらを単に連射する事で本職役のナイト以上に対峙する相手の敵対心をガッチリと固定可であったりと、特に一撃被弾の有で戦局が大きく傾く強敵に対して本職役をお役御免にする程のポジションを得た時代もあった。
赤魔道士役と振る舞うのもそれほど難しい作業はなく、多少コツを掴んで基本的な装備一式があればでも出来た、と言うのも大きなアドバンテージであった。とにかく赤魔道士ソロでもPTでも引っりだこだったのである。

が、開発戦術を想定外FF11ではよく見聞きする単の一つ)として、レベルキャップ80に開放された時期に弱体魔法の累計ヘイトを0に近い数字(1とも言われる)への調整を行った。これは本職の役がことごとくに食われてしまってる現状を良しとしなかった、と言う説と、累積ヘイトを大きく下げたので弱体魔法をもっと気楽に使って欲しいと言う思惑があったと思われる。これにより赤魔道士はどんなに弱体魔法を連射しても全く敵の攻撃を引きつけることが不可能になり、事実の戦術は潰されたのである。但しスリプガやスタン等の弱体魔法現在も累積ヘイトが高めに設定されている。が再詠唱時間が較的長かったり、そもそもサポートジョブ黒魔道士に設定する必要があり結局は空蝉の術を手放す=防御手段を失う、と同意義なのでやはり理な時代が到来したのである。開発サイドを黙認?していた時期は非常に長く、何故今頃潰しを…と首をひねったプレイヤー赤魔道士ならずとも多かったと思われる。

現在では本来の領分であった敵への弱体魔法と味方への強化支援ポジションに収まりつつあり、赤魔道士のみが行使可な専用魔法も多数実装された。しかしどちらかと言うとまずは自分を強化して、それから一人一人強化支援を行うタイプ赤魔道士とは別に、自身を含めたPT全体を様々なシチュエーションに合わせてまとめて支援できる吟遊詩人・学者・士と言った支援ジョブの台頭により赤魔道士を割いてまでそれらのジョブを優先しないと言う事はほぼく、全盛期べるとPTでの居場所はお世辞にもあるとは言えないのが現状である。
それでも尚、オールマイティジョブの一としてソロ活動においては類の強さを発揮するジョブの一つではある。

FF12

インターナショナル版であるゾディアックジョブシステムにおいて、戦士というジョブが登場。名前の通り、従来の赤魔道士的なジョブである。

FF14

のリベレーター(4.0)から登場。ロールはキャスターDPS

第五歴末の魔大戦により引き起こされた大洪水からギラニアに逃れたアムダプール白魔道士、マハの黒魔道士たちが滅びの定めに対する「抗うを身に着けるために互いに手を取り合い、魔法でも黒魔法でもない新たな魔法体系を確立していった末に生まれた。

魔法詠唱することでシリーズでもおなじみの連続魔のバフが発生し、これによって続けざまに次の魔法時に発動させることができる。短い詠唱魔法のあとに長い詠唱魔法を連続魔で発動させていくのが基本のスキル回しとなる。

系統(ヴァルエアロヴァルストーン)と系統(ヴァルサンダー、ヴァルファイア)の魔法を使うことでホワイトマナブラックマナゲージがそれぞれ貯まり、一定量貯めることで魔法コンボを発動させることができたり、敵に急接近したりりつけながらバックステップする攻撃など他のキャスターDPSとは一線を画す近接物理攻撃を行うこともできる。

またケアルレイズなどの回復魔法も得意としており、ケアルは本職ヒーラーには及ばないものの連続魔によるは本職をも駕するものであり、ヒーラーが倒れたときなどなかなか立て直しのしづらいFF14バトルコンテンツにおいてパーティの窮地を救いクリアに導くはまさにジョブクエストにおけるテーマとなっている「抗うを体現するものとなっている。

BDFF

ファイナルファンタジーの流れをくむブレイブリーデフォルトでも登場
はこれまでの赤魔導士と同じバランスでLv4までの魔法黒魔法を使用できる
専門職には劣るものの、下位魔法の出番や性の補強手段が結構あるため採用の余地はある
また、ダメージを受けるなど特定の条件でBP(≒行動回数)が増加するアビリティを多く覚える

BSEL

ブレイブリーデフォルトの続編、ブレイブリーセカンドでも登場。
は前作と同じだが、ゲーム終盤になるとマスターしたジョブをさらに極めることができるようになり、それによってついに「連続魔」が復活した。ジョブコマンドではなくアビリティ(パッシブスキル)で、効果としても「使用した魔法が2連射される」という一切手加減のいものとなっておりである。
しかし、本作では魔法の威を強化する手段が他にもあることや、薬師がいないためMPの枯渇の心配があるなどの理由により、流石にFF5の時ほど圧倒的というわけではない。

その他

同じスクエニゲームであるロマンシング サガ -ミンストレルソング-では、凍りついたの入口で、の財宝を探しに来たという謎の男が「赤魔道士」と自称する(オリジナル版ではあかまほうつかい表記)。赤魔道士・・・一体何者なんだ・・・

関連動画

関連静画

関連コミュニティ

赤魔道士に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%B5%A4%E9%AD%94%E9%81%93%E5%A3%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

赤魔道士

9 ななしのよっしん
2015/04/19(日) 20:04:43 ID: VhB87y5pwk
ところでこれとかモンスターハンターギルドナイトとかの羽根つき帽子をかぶった軽装の士?騎士?って何がモデルなんだろう?
特定の名称とかあるのかな?
10 ななしのよっしん
2015/04/19(日) 20:15:40 ID: GGairzUEsV
>>9
記事には吸血鬼ハンターD』とあるが、天野イラストを担当したエルリック・サーガき射手ラッキールの要素もあると思う。
史実はわからんとしか言いようがいな。
11 ななしのよっしん
2015/07/08(水) 16:01:14 ID: TnhtkUKqUD
赤魔道士はロールプレイが一番はかどると思う
12 ななしのよっしん
2016/05/26(木) 18:11:35 ID: ZHTriZPqRM
>>9
テルシオ士がそれっぽい
あとは三銃士の元絵とかもまんま
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/dd/Dartagnan-musketeers.jpg/350px-Dartagnan-musketeers.jpgexit
13 ななしのよっしん
2017/09/13(水) 03:18:12 ID: DmTFggLfaF
FF14だとまさかの万職に。魔がトップクラスの強さっていつぶりだ
14 ななしのよっしん
2017/10/21(土) 14:16:34 ID: hm1/kFaQEA
FF3の最大の特徴はを装備できる事だろう
両手でも魔法という攻撃手段がある為、浮遊大陸までなら非常に強い
15 ななしのよっしん
2018/04/30(月) 14:59:23 ID: iOZsUdXk+Z
専門性で言うならだが
そこそこ近接戦も出来て
見たがかっこいいから入れてる
16 ななしのよっしん
2018/05/13(日) 21:24:25 ID: HPfNZ9fbeL
リメイクFF3OPムービー見てると、重たい大剣で戦う戦士やナイトと差別化された、三銃士の時代のビジュアルに似合うスマートな戦い方を表現するコマンドなりアビリティなりが欲しくなるな。

FF3スレでも書いたけど、魔法属性を武器に付与する魔法をつけるのが、一番手っ取りいのかな。「ぼうぎょ」コマンドは取っ払って。
17 ななしのよっしん
2018/08/25(土) 00:42:28 ID: ml/dH6w4VL
FF14赤魔道士は別に万というわけではないからな。
記事にもあるように、あくまでアタッカーよりの簡易ヒーラー
いう程度の能力しかない(プロテスもければ、エスナやポイゾナ等もない)。
8人必要なコンテンツでは1人か2人居ると安心出来るが、これより多いとPT全体の攻撃(総DPS)が下がってしまう。
4人参加のコンテンツでは他の魔法系アタッカーべると攻撃は低めで、個人のスキル回しで攻撃不足をカバーしようとしても均値が他のジョブべて控えに設定されているのでままならない。パンチ不足の優等生みたいな。
18 ななしのよっしん
2019/03/09(土) 03:12:07 ID: dq7dGvo1H+
ATB採用した時に(つまりFF5で)耐久で素さ高い値傾向をもっと強調しても良かったんじゃないかなと思う
高速魔法ジョブはこれと言ったライバルいなかったし
そこから高めで物理攻撃面強化して、他の軽装戦士系よりは火力低い、重装系より前衛出すには安心感低い辺りに立ち位置があっても良かったかも

急上昇ワード