走馬灯単語

ソウマトウ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

走馬灯とは、篭の一種である。

概要

回転する、火をつけると中の影絵が駆け巡るように周囲に浮かび上がるカラクリを持った照明器具。

回り篭や篭、舞篭とも呼ばれる。

昔はロウソクがだったが近年は安全面のため電気式のほうが多い。

であり対応する季節は

また、頭の中で今までの自分の人生ハイライトが一にして流れる現を「走馬灯」、または「走馬灯のように」ということがある。というより今となっては本来の篭そのものをすよりこちらの喩表現として使われることがほとんど。

関連動画

関連静画

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%B5%B0%E9%A6%AC%E7%81%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

走馬灯

1 ななしのよっしん
2020/01/18(土) 16:44:32 ID: phUjMncjQE
>頭の中で自分の人生ハイライトが一にして流れる現走馬灯ということがある

「自分の人生ハイライト」と書いているので、編集者さんは今わの際の走馬灯を連想して書かれたのだと思いますが
それに限らず、たとえば思い出の場所に行って当時の懐かしい記憶がありありとることをしても使われる表現です。
それも含んだ説明文に修正していただけると幸いです。

それと、「走馬灯のように」がより正しいです。ほかに適当な表現もないので単に「走馬灯」で通じるようになりましたが
辞書の用例ではまだ「~のように」が抜けていなかったと思います。
会話ならいいんですけど、ここは百科事典なので、そのあたりも気にしたほうがいいのかなと思いました。
差し出口すみません。
2 ななしのよっしん
2020/01/18(土) 16:48:39 ID: eQapAJjyN9
そこまで書くなら自分で編集しなよ

おすすめトレンド