超高層建築物単語

チョウコウソウケンチクブツ

大きく立つため意が問われる
神戸関電ビルディング、170m)

超高層建築物とは、建築物を高さで区分する場合、高層建築物よりもさらに高い建築物のことをすが、統一された定義はない。都会好きがよく使う言葉で、近代化、未来徴にもなっている。通称「超高層ビル」、中国語由来の熟で「摩天楼」ともいい、英語では「skyscraper」(scrapeはそぎ落とすという意味)という。

概要

日本において超高層ビルは、100m以上のものをすことが多く、海外skyscraperの定義とほぼ一致している。大都市東京大阪横浜神戸名古屋札幌仙台に集中しているほか、占冠村など一部のリゾート地にも見られる。

超高層ビルは地価が高い場所、再開発されている場所に立てられる場合が多い。理由はもちろん、土地が高騰するため、狭い土地に多くの収容を設けようとするからである。なので、ビルが立てられる地区は都会になる場所が多く、結果的にビルが多くある地域は都会の顔とみなされる場合が多い。だが、観に影されるとして規制をかけるところも多い。その例として京都京都駅南部など例外エリアもある)、熊本松山などがある。

また、地震が多い土地柄と、航空法による高さ制限、更に居住地が近接しているために日照権問題なども影して、現在日本は、経済規模に対して超高層ビルが非常に少ない。航空法の影を受けている都市として大阪市キタ(近年は規制緩和で超高層ビルが密集するようになった)や福岡市が挙げられる。また、広島市は三に位置するため高層ビルに適した地盤となっていない事情があった。

世界に先駆けて最も超高層ビル化が進んだのは、大火によって燼に帰した歴史を持つアメリカ五大沿の大都市シカゴである。また、ニューヨークヨーロッパとの交流拠点としてマンハッタンを中心に発展し、超高層ビルが後の筍の如くそびえ、シカゴぐ規模となった。その後は、ニューヨークシカゴを筆頭に、サンフランシスコロサンゼルスシアトル、ヒューストン、ダラス、フィラルフィア、ボストンアトランタ、マイアミ、サンディエゴ、ピッツバーグ、デンバー、デトロイト、ミネアリスなど超高層ビルが何十本も建つ都市が至るところにある。アメリカの場合は本社機都心部に移転しないことが多いため、地方中心都市にも高層ビルが建つこともしくない。極端な例で、アイオワデモインは、人口10万程度(都市圏でも60万ほど)にもかかわらず、5本もの超高層ビルが建っている。しかし、アメリカの場合、中心地だけ都会だが、10キロも走れば農地、なんて都市しくない。

カナダも超高層ビル化が著しく、トロントを筆頭に、バンクバー、カルガリー、モントリオールでもかなりの密度で超高層ビルが建っている。特にトロントのダウンタウン世界有数の規模であり、北ではニューヨークシカゴの次に密度が高い。カルガリーなども人口規模から考えると相当な密度である。

中国もこの傾向が顕著で、世界一の超高層ビル群を誇る香港を初め、経済成長著しい深セン上海、広州、重慶のほか、北京天津、大連、武、成都、瀋陽、南州、厦門(アモイ)、などでも超高層ビルが立ち、近年は内陸の地方都市でも超高層ビル化が進んでいる。超高層ビルの本数は商業ビルでもアメリカに次ぐ多さとなっており、高層住宅を含むと世界で最も多い。

アメリカカナダの北中国世界の超高層ビル事情をリードしているが、近年は経済規模的には日本を下回る韓国台湾シンガポールなどの東アジア東南アジア南アジアにおいても、地盤が安定しているため300mをえるビルの計画がかなりの数で存在しており、それまでの韓国ソウル、プサン、シンガポール台湾台北といった旧NIES諸都市だけでなく、マレーシアクアラルンプールフィリピンのマニラタイバンコクインドネシアジャカルタベトナムハノイ、ホーチミンなどでも、アメリカの大都市に匹敵する超高層ビル群が見られるようになった。マレーシアのペトロナスツインタワー台湾(但し、台湾地震頻発)の台湾101上海上海中心など500mをえる高層ビルがあったり、更に韓国では610mの高層ビル建築中だったりするなど、超高層ビル化は、開発に余地がある分、アメリカを上回っている。南アジアではインドのムンバイスリランカコロンボなどに超高層ビル群がある。

オーストラリアも人口に反して、超高層ビル化が著しい。特にシドニー、メルボルンの二大都市ブリスベンはかなりの超高層ビルが建ち並ぶ。ニュージーランドオークランドも超高層ビル群が見られる。

中東はドバイイメージで、超高層ビルが多いイメージがあるが、その差は両極化している。そもそも、中東オイルマネーが潤沢にあるため、いちいち超高層ビルを立てて開発なんてしなくていい都市と、石油がないから逆に発展の基盤が必要だったドバイやジッダなどの都市に二極化している(クウェートサウジアラビアのリヤドのように、両方ある都市もあるっちゃある)。また、イスラエルテルアビブやトルコイスタンブールも超高層ビルが建ち並ぶ大都市である。

ヨーロッパではフランクフルトベルリンロンドン郊外のドックランズ、パリ郊外のラ・デファンス、ロッテダムミラノなどで見られるが、その多くは戦争で荒した地域や観保護の対外となっている近郊の再開発地区となっており、古くからの町並みとその保存がネックとなっている模様。意外な所ではワルシャワ、スロバキアブラチスラバなど東欧で超高層ビルが発展している。モスクワ世界の規模だが、ロシアのそれ以外の都市はそこまで超高層ビルは存在しない。

他には中南都市も高層化が進んでおり、特にブラジルのサンパウロリオデジャネイロの二大巨大都市の発展が著しく、アルゼンチンのブエノスアイレスベネズエラのカラカスも超高層ビルが建ち並ぶ。続いてペルーのリマ、コロンビアのボゴタなどに多い。中ではメキシコティパナマティに超高層ビルが建ち並ぶ。

アフリカでは南アフリカを筆頭に他のでも超高層ビル化が計画されている。しかし、都市中心地のスラム化が深刻化しており、洞化が大問題となっているため、それが超高層ビル発展を妨げている。

なお、2017年現在世界一高いビルはアラブ首長国連邦のドバイにある「ブルジュ・ハリファ」の828mであるが、ジッダで1000メートルえの「キングダムタワー」が2020年以内に開業予定、更に世界中では900m、更には1000m以上の高層ビル建築予定がいっぱいある。なお、ブルジュ・ハリファ以前は、長らくシカゴシアーズタワー(当時、現在はウィリスタワー)が世界一高いビルとして知られていた。

また2019年8月現在世界で一番超高層ビルが多い都市香港であり355棟(※)という膨大な数のビルがある。続いてニューヨーク(280)、深セン(222)、ドバイ(190)、上海(159)、東京(155)…の順番である。また、北京ソウルトロント、大阪バンコクジャカルタシンガポールシドニー、パナマティなども100本以上の超高層ビルがある。

(注※香港、以下各都市150m以上を基準とした超高層ビルの数)

ニコ百内に単独記事のある超高層建築物一覧

高さ100メートル以上のもののみ。
居住ビルでないものは斜体
数字順→アルファベット順→あいうえお順。カッコ内は所在市区町村名。

日本国内

関連動画

関連商品

参考文献

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%B6%85%E9%AB%98%E5%B1%A4%E5%BB%BA%E7%AF%89%E7%89%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

超高層建築物

43 ななしのよっしん
2016/08/05(金) 10:47:06 ID: 1srPCwdX8K
いいか、ここで作っているのはあくまでも「野菜」だ
もう一度言うぞ、ここで作っているのはあくまでも「野菜」だ
44 ななしのよっしん
2016/11/13(日) 13:12:55 ID: BrBrmqJQDM
生鮮食品だからなんだよ。>>42摘してる以外に何かあるならハッキリ言えよw
事業者はウリとしてクリーンイメージを出したいみたいだが、ああいうのは逆に病に弱いだろう。限られた間で同じ作物を作る極地みたいなもんなんだから。
菌状態を維持出来ているうちは良いんだろうが、維持コストが嵩むわけだ。
45 ななしのよっしん
2018/03/26(月) 11:04:41 ID: NAamo3HmJH
都市部でも地産地消できるようにしようぜ」ってことなのかもしれない
日本ではもはや食糧輸入に頼るのが常識みたいになってるから意識されにくいが
自分の食べる飯を地元で作れないってそこそこ問題
インフラトラブル発生しただけで食っていけなくなるかもしれんし

将来的には何か有効な使いが見つかるかもしれない
ただ個人的には、超高層ビルに住むのだけは勘弁だな
火災や地震リスクを考えるとそれだけで心が休まらねぇ
いざって時はベランダから飛び出し、消防車要らずで脱出できる一戸建てもしくは二階建てアパートの方が
断然気楽だわ
46 ななしのよっしん
2018/08/06(月) 01:20:09 ID: hp2+Wf5x7M
地産地消という言葉にとらわれすぎるのもどうかと思うよ。地産地消じゃなく、食材も食料加工品も世界中・日本中で供給されるからこそ、いろんなブランドのものを食べたり、外食も違いが出たりして、豊かな食生活を実現できる面もあるからね。
安全保障面で見ても、特に野菜カロリー面で見ると不可欠じゃないし、穀物が植物工場で地産地消できるところまですぐにいけるわけでもないだろうし。

とりわけ、都市部で植物工場を作っても、電をその都市で作るかというと、そこまで行けるとは限らないし(少なくとも現状では供給が達成できない)。
もちゃんと都市やその周辺だけで確保できるなら(もちろん、輸入される石油・天然ガスにも頼らないということだ)、食料調達を考える上で、インフラトラブル発生に対してもかなり強くなるだろうね。
ただそこまで突き詰めないと、食糧安全保障とかエネルギー安全保障とか個物的な対を言われても「いや結局上輸送が利用できなきゃ戦時経済回らないでしょ、そうなったら結局は要な内生産設備が破壊されたり操業停止しちゃうでしょ」って思う
47 ななしのよっしん
2018/08/06(月) 01:26:53 ID: hp2+Wf5x7M
超高層建築物の記事だったな(ぉ
超高層ビルには、もあんまり住みたくない(小並感)。ただ、一概に否定するものでもないかなと。
確かに火災や地震でまるまる全滅する可性はあるけど、耐震基準とか従ってない古い住宅やアパートだらけな場所より、集約化されたビルの方が巨視的には安全かもしれないわけで。直感が正しいとは限らない。
経済的に、また資利用的に(あるいは環境的に、それこそ「アウタルキー」的にさえ)、合理的な場面や政策の組み合わせも当然あると思う。どんな場面って?さあ…
48 ななしのよっしん
2018/10/20(土) 10:01:14 ID: Kl5XL7x++f
>>標高370mのビル

これって何のことなんだろ?調べても見つからなかった。
東京の大手町に三菱地所390mを建てるのは知ってるけどこれではないよな
東京駅周辺の抜は3mいくかいかないかくらいだし。
http://www.mec.co.jp/tokiwabashi/exit

知ってる人いたら教えてください。


あと名古屋に高さ180m幅400mのすごいビルが建つぞ!これもか加えてくれたらうれしいな。
https://www.zaikei.co.jp/article/20170405/362258.htmlexit
49 ななしのよっしん
2018/11/03(土) 02:37:36 ID: beaXc1S1ah
>>48
標高だから標高が抜以下だからじゃないの
ビル自体の高さが390でも抜が20低ければ
標高としては370になるよ。
50 ななしのよっしん
2018/11/03(土) 02:49:44 ID: beaXc1S1ah
ごめん一応調べたら、マピオンで見ると常磐辺りの抜は5mくらいあるから
標高だと395になるわ。

の書き込みは忘れてくれ。
51 ななしのよっしん
2018/12/24(月) 23:01:50 ID: kbwRSNEF8A
東京駅前常盤プロジェクトは建物自体の高さが390mですね。

こちらの資料にある<事業概要>の表を見ると分かりやすいと思います。
http://www.mec.co.jp/tokiwabashi/assets/uploads/2018/02/mec180220_tokiwaA.pdfexit
52 ななしのよっしん
2019/08/27(火) 22:06:15 ID: j+0HKtBXbr
日本一330メートル高層ビルビルが着工 “高層”は今後10年で大きく変化
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1908/22/news092.htmlexit

急上昇ワード

2019/10/15(火)08時更新