超魔界村単語

チョウマカイムラ
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

超魔界村(ちょうまかいむら)とは、カプコンから魔界村シリーズの3作として発売されたコンピューターゲームである。
1991年スーパーファミコンソフトとして発売された。

後にPSSSセガサターン)・PS2PSPwiiバーチャルコンソール)で移植された。
またGBAリメイク作品の「超魔界村R」が発売された。

概要

魔界村シリーズ初の庭用オリジナルである。
前作までと同様、難易度の高いゲームに仕上がっている。ただし、ランダム性が低くなっており、敵の出現タイミングがほぼ固定であったり、レッドアリーマーノーダメージで撃破するパターンが全武器において開発されているなど、難易度魔界村シリーズ内では最も低い(それでも並のアクションゲームべると十分に高難度)。

二段ジャンプができるようになったが、前作の大魔界村で可だった武器の上下撃ちはできなくなっている。なお二段ジャンプ中に武器を撃つとく点滅し、威が通常の1.5倍になる(1回の二段ジャンプにつき1発まで。二段ジャンプの最頂点をえて落下が始まってから撃った場合は発動しない)

パワーアップの要素が強化されており、の三段階に拡
青銅の鎧を着た時点で武器パワーアップを果たし、さらにを着ると魔法解禁&が装備できるようになる。ただし武器によってはパワーアップを果たした結果使いにくくなる場合もある。

についてはを着た時点で()が、さらにその状態でアイテムを引くと太陽()が出現する。はいずれも体当たりに対しては(1発で裸パンツに)なるが、で敵弾を1発、太陽は3発防ぐ事が可である。また、太陽なしの順に魔法ゲージの上昇するスピードが速くなる。

今作はコンティニュー回数に制限があり、ゲーム開始時は5回しかコンティニューができない。これが尽きるタイトル画面に戻されてしまう。中の袋を集めることでコンティニュー回数を増やすことができるので、見かけたらできるだけ回収しておこう。難易度で1コンティニューに必要な袋の数は変わる(ノーマルは12個)。 

主な登場キャラクター

基本的なことは魔界村の記事に書かれているので参照してください。

アーサー
プリンセスを救い出すため、三度魔界へ挑む騎士プリンセスに対する忠心はすさまじく、「魔界をもう一周してこい」という過酷な命にも粛然と従う。
プリンセス
さらわれたお様。今回の2周宣告係。なぜかエンディングスリーサイズ開される。バスト88ウエスト58ヒップ90
サマエル
今回のラスボス図体がでかいだけのなし。アーサーに弱点(顔)を攻撃するための足場を自ら提供するというとんでもない失態をやらかし、魔界村史上最弱のラスボスとして名を残すハメになった。(足場は後述する武器プリンセス腕輪」に宿る女神の助けによるものといった見方もあるようだが…)
レッドアリーマーエース
魔界村ではおなじみの魔物で、今回もかなりの強敵である。某所ではありまさんと呼ばれているらしい。レッドアリーマー一族の中でも特に暴なものにエース称号を与えて送り込まれた。過去アリーマーにべて速度が速い。エンディングの敵キャラ紹介ではサマエルを差し置いて貫のトリを務める。

ステージ構成

今作は全8ステージ構成。STAGE8がサマエル戦となるため、1周STAGE7で終了となる。2周以降に宝箱からプリンセス腕輪が登場するようになるが、2週STAGE7クリア時点で腕輪を装備していない場合、STAGE6まで戻されてしまう。スコアラーはわざとループを繰り返すことでスコアを稼ぐとか。
STAGEの制限時間は5分。前後半に分かれている場合は前半5分、後半ボス含め5分となる。

STAGE 1 呪われた墓場 / 暗黒の密林

シリーズ染みの墓場からスタート。進むと地形が起したり陥没したりするので、地形の変化に惑わされないように進んでいく。前半ラスト高波に襲われるが、石柱の上に乗っていればやり過ごせる。
後半は膨らんで破裂するローズバットと地形変化で襲ってくるトロッコをかわしながら進んでいく。

ボスは魔界軍突撃部隊指揮官コッカトリス。伸びてくる首と口から吐き出すに注意。何気に口から産卵し、しかも直後にから幼生が孵る。

STAGE 2 幽霊船 / 狂気の海

まだ序盤だがくも難易度急上昇する。前半の幽霊船はもたもたしていると限に出てくるゴーストの群れに襲われてしまう。ルートを確認し一気に駆け抜けよう。
後半は荒れ狂ういかだに乗って進む強制スクロール面。何度かいかだ乗り換える場面があるがジャンプタイミングを間違えると乗り損ねてアウトになる。

ボスは魔界海底将軍ストームチェザリスミサイルを撃ってくるのがな攻撃手段。2周高難易度だとこのミサイルが避けきれない形で襲ってくることも。

STAGE 3 溶鉱炉 / 溶鉱の塔

前半は溶鉱炉内の通路を降りていく。武器は床を貫通しないので、攻撃できるポジションを常に意識して行動しないと向こうから一方的に攻撃されてしまう。途中狭い足場を渡り歩く場面があり、そこを抜けた前半最後にはレッドアリーマーエースが待ち受けるが、強引にチェックポイント逃げ込んでスルーすることも可
後半は複数のの外部を渡っていく。終盤では画面外から急にプチゴブリンが頭上に落ちてくることもあるので注意。

ボスは魔界第一軍総デスクローラー。SFCの回転機と拡大縮小機フル活用した敵で、顔部分にしかダメージが通らない。時々石を吐いてきて攻撃してくるが。倒して鍵を取るタイミングを誤ると倒した後に攻撃を食らってアウトなんという悲惨なに遭うことも。

STAGE 4 魔物の腹

ステージ全体が巨大な魔物の体内になっている。前半は一定地点に進む度に地形全体にダメージ判定が発生し、特定の足場に乗り込まない限り進めなくなる。
後半は動く狭い足場で敵としのぎながら進む強制スクロール面。全エリア宝箱が一つも出現しないので、ヘタな武器で突入すると地獄と化す。ボス部屋に繋がるが少々わかりにくいので、飛び込むのを忘れるとそのまま地形がくなって転落してしまう。

ボス魔物心臓部の守護者ヒュードラ。三つ首ので、たまに弾を吐きながら攻撃してくる。たまに分裂して体当たりもしてくるので注意。全体的に動きはおとなしいので落ち着けばそれほど苦戦する相手ではないだろう。

STAGE 5 永久凍土の森 / 雪原地帯

と氷に覆われた木と原を駆け抜ける。後半ステージにふさわしくなどのギミックが豊富。前半最後にはまたもやレッドアリーマーエースが待ち構えているが、STAGE3同様ここも強引にスルー
後半の一部天井大魔界村STAGE4のように当たり判定がある。また何度か崩が発生するが梯子につかまるか高台に避難してやり過ごすことができる。

ボスは魔門番ベールアロケン。接敵すると下半身が崩れ上半身だけで襲ってくる。両手のを投げて来たりアーサーを凍らせるなどの攻撃を繰り返してくる。距離を取ってくのが基本。端に逃げすぎて追い詰められないよう気を付けよう。

STAGE 6 魔帝の城

ここからSTAGEに前後半の概念がなくなり、スタートからボス撃破まで5分以内にクリアしなければならない。敵の数は少ないがどれも強敵。ここでは3体のレッドアリーマーエースが待ち受ける。これまではスルー出来たが、ここは構成上倒して進まないといけない。
途中でコッカトリスの首だけが現れるが、首を突き出しての突進しかしてこないので距離を取れば問題ない。

ボスは初代村長魔界村ラスボスである大魔王アスロト。一定距離まで伸びるアーサー狙いの炎とこれまたアーサー狙いのレーザーを1本撃ってくるの繰り返し。しかし弱点が上の頭であるため、攻撃を食らわないタイミングを見計らって攻撃を撃ち込まないといけない。

STAGE7 妖魔回廊

全体的に狭い縦長の通路を登っていく。最初は所々に設置されているコッカトリスの首を倒しながら登るが度々出てくるブルーキラー地味に面倒。少し開けた場所に出るとまたもやレッドアリーマーエースがいるが、STAGE6を抜けられたのならそこまで脅威ではないはず。
その後行き止まりで両にいるコッカトリスの首を相手にする。ここの首はスピードの遅い弾も撃ってくるので誘導を誤って追い込まれないように。ここを抜けるとゴースト地帯だが相手をするだけ駄なのでさっさと通過しよう。

ボスSTAGE6ボスアスロトと、魔界軍参謀本部元帥魔王ネビロスの連戦となる。アスロトは攻撃方法が同じなので対策は一緒。ネビロスも基本的には攻撃は似ている。炎は出す方向が一定で、地形に当たるまで伸びるレーザーは前方に極太のものを撃ってくるがしゃがめば回避できる。

このSTAGE最大の敵は時間ボスの連戦を含め5分で突破しなければならず、更に2週だと武器プリンセス腕輪でないと次に進めないため、更に難易度が上昇。安としてボスまでで進んだうえ3分は残っていないと厳しい状態だと腕輪アスロトの炎を消すことができるため、攻撃のチャンスが増やせる。

STAGE 8 魔帝サマエルの部屋

ここではシリーズ同様ボス戦のみ。前作のルシファーと異なりアーサーを踏み潰すことはしないので、基本的にサマエルのどちらかの足の前で待機。足場が出てからレーザーを出すタイミングが3種類あるが、遅いタイミング以外は攻撃のチャンス。足場に飛び移りサマエルの顔に武器を当てていこう。遅いタイミングのときに理して足場に乗ると攻撃を食らいやすい。理せず次のタイミングを待とう。
時間は十分にあるため、焦らずじっくり攻略して問題ない。

武器

今作の武器は全て投げて(あるいは発射して)使用する。
魔法エフェクトが敵に命中している間ダメージ判定を連続で与え続けるという性のため、エフェクトの大きさや弾速・対時間等で画面支配が高いものほど高性となる(ニュークリアを除く)。

ヤリ/炎のヤリ
2連射が可ゲーム画面上に存在させることが出来る武器の数が2つまで、という意味)で、威もそこそこあるため、くせがくて使いやすい。ただし弾速が遅いので緊急時の対応が効きづらい場面も。炎のヤリにパワーアップすると威速度は増すものの連射不能になるのでやや使いづらくなってしまう。
魔法は画面外から自身に強を落とし、それを左右に放出する「サンダー)の魔法」。頭上や左右直線を安定して攻撃可と、こちらも武器同様くせがなく扱いやすい。
/の短
3連射が可一の武器。判定が小さく一直線にしか飛ばないが、そんなことが全く気にならないほどの使い勝手の良さを誇る。なお連続して投げると若干飛ぶ高さが変わる。そしてパワーアップすると威微増&貫通が付与されるため、最強武器と化す。
魔法火竜が画面端を沿うように飛び回る「ファイアドラゴン火竜)の魔法」。攻撃範囲が広く弾速もあるので安定して高い性を発揮できる優秀な魔法
ボウガン/追撃のボウガン
斜め上に2本の矢を同時発射する。2発同時発射+2連射で一気に4発の弾を撃てるが単発の破壊最低パワーアップすると連射は出来なくなるが矢が3本に増え、さらに敵を追尾するようになる。しかし、たまに敵を捕らえ損ねた矢がしばらく画面上に残ってしまい、次の矢が発射できなくなるといった困った面も。
魔法は画面中の隠された宝箱を強制的に出現させる「シーク探索)の魔法」。敵を攻撃できない代わりに魔法発動後の無敵時間が長いので、それを使って敵の攻撃をやりすごすのがな利用法となる。画面に残ってしまった矢が消える効果もあり。
たいまつ/火柱のたいまつ
前方に放物線を描いて飛び、床に落ちると火柱を上げる。2連射可一発の破壊はかなりのものだが、飛距離が短すぎて使いづらい。パワーアップすると更に破壊が増すが、ヒットエフェクトが長くなって若干連射が効きづらくなる。
魔法は三つの玉がしばらく周囲を回転する「シールド)の魔法」。敵の弾、体当たりを防ぐだけでなく、直接これを敵にぶつけて攻撃することもできる攻防一体の魔法。ただし無敵になるわけではなくシールドの隙間から攻撃を受けてしまうこともあるので過信は禁物。
カマ/真空のカマ
通常の軌は直線だが、しゃがんだ状態で撃つと地をはうように進ませることが出来る武器。連射不能のくせに破壊庸なので当然ながらいらない子パワーアップすると攻撃が上がるが、ヒットエフェクトが長くなりしかもその間は次弾が撃てないためかえって使いづらくなってしまう(2ヒットしているように見えるがそんなことはない)。
魔法は二つの竜巻が周囲をなぎ払う「トルネード竜巻)の魔法」。巨大な竜巻ゆっくり回転しながら飛んで行くという性質上、驚異的な画面支配を持つため凄まじい威を誇っている。武器のしょぼさを相殺してなお余りある最強魔法
オノ/両断のオノ
投げると大きく回転するような軌で飛んでいく。弾速は緩慢でカマと同様に連射不能、そして破壊普通と褒めるところがない。しかもその動作ゆえに3面前半といった狭い場所で使いづらい。パワーアップすると威と弾速は上がるのだが、下手に貫通がついたおかげで余計に連射性が低下するという。しかも発射直後は大きく上に飛ぶため天井の低い場所では突して消えてしまい一切攻撃できないという事態も。
魔法拡散するビームを放つ「ライトニング)の魔法」。ビームの一つ一つが小さく高ヒット数は見込めないため威にはあまり期待できない。そしてビーム同士の間隔が広いので意外と当てづらい。とはいえ攻撃範囲自体は広いのでまったく使えないわけではないが、オノのパワーアップ(という名の弱体化)とトレードオフなのが痛い。せめてカマの魔法と同程度のがあれば…。
クロスソード/輪のクロスソード
投げるとアーサー上に飛んで行き、折り返して戻ってきた後に前方に飛んでまた戻ってくるというクレイジーな軌武器。2連射可アーサー上を攻撃できる一の武器、なのだが肝心の横方向への攻撃に大きなラグが生まれるため発射タイミングや軌に細かく気を遣う必要のある玄人好みの武器(≒いらない子)である。パワーアップすると破壊の上昇と共に貫通が備わる。
魔法は頭上から左右に爆発が広がっていく「ニュークリア(大爆裂)の魔法」。名前の割に小規模なしょぼいエフェクトなのだが、この魔法のみエフェクト当たり判定があるのではなく発動時に全画面の敵にダメージを与えるという破格の攻撃範囲を誇る。しかし連続ヒットせずダメージ判定が一回だけのため威武器単発並と。性能面でも全に名前負けの魔法である。見た的に他の魔法と同様エフェクト通りの当たり判定ならかなりの高威だったろうに…。
プリンセス腕輪
波動拳のような魔を打ち出す武器。威が射程依存(発射直後の威はすさまじいが、その後急速に減衰する)、射程は着ている>裸)に依存するという特徴を持つ。前作大魔界村サイコキャノンと違い連射ができないので無双はできなくなっている。
入手条件は2周を装備した状態で武器の入った宝箱を開けること。条件を満たすと妖精が登場する演出が5程流れた後に出現する。
魔法はないが、を着た状態では一部の敵弾を打ち消すが備わる。
魔界村伝統の「ラスボスと戦うために必要な武器」であり、2周終盤でこれを持っていないとラスボスに会えず戻されてしまう。しかしシステム上「通常プレイ時においてラスボスに会うための条件となっている」だけで、ステージセレクトを使用していきなりラスボスと戦った場合は他の武器でも倒せる。

超魔界村R

SFCオリジナルを忠実に再現したオリジナルモードと、各ステージクリア後に次に向かうステージを選択することが出来るアレンジモードがある。携帯機での発売のため、シリーズ初の中間セーブが搭載された。再開時はセーブしたステージの最初から武器を持ち越した状態でスタートする。

アレンジモードでは従来の8つのステージに加え、新規の4つのステージオリジナルの2〜6ステージを難しめに調整した5つのステージが用意されている。新規ステージ過去シリーズモチーフにしており、ボス過去シリーズからの登場がいる。中には今作のために新たに作られたボスもいる。

アレンジモードステージ選択には条件があり、クリア時のの状態で選択できるステージが制限される。orパンツの場合はオリジナルステージのみ、で新規ステージを選択できるようになり、高難度ステージに行くためにはクリアする必要がある。全て高難度ステージクリアするとエンディングが変化する。

シリーズをやりこんでいないと以上で各ステージを突破するのは厳しいので、アレンジモードステージ分岐はシリーズファン向けの追加要素と言える。

アレンジモードには2周概念がないため、最初から腕輪を入手することができる。

ニコニコ動画における扱い

魔界村シリーズゲームセンターCXで扱われ、有野氏が大変苦労したゲームだった
せいか、たびたび実況プレイの題材として扱われている(超魔界村実況対決なと)。
ナイフプレイが一般的であるが、RTAじた猛者も存在する。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%B6%85%E9%AD%94%E7%95%8C%E6%9D%91

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

超魔界村

61 削除しました
削除しました ID: P64kgI1qSM
削除しました
62 削除しました
削除しました ID: rb55yGRArU
削除しました
63 削除しました
削除しました ID: Y/KLETMz0k
削除しました
64 削除しました
削除しました ID: GAm+WryDxL
削除しました
65 ななしのよっしん
2017/11/06(月) 03:40:31 ID: p8I+6ELy89
ミニスーファミのなんちゃってTASプレイでもしかしたらクリアできるかもしれない……。
66 削除しました
削除しました ID: iN0Fjwbg8Y
削除しました
67 削除しました
削除しました ID: r8IeDmCl9a
削除しました
68 削除しました
削除しました ID: iN0Fjwbg8Y
削除しました
69 ななしのよっしん
2019/03/01(金) 13:30:39 ID: ZQEcA9WOSt
この掲示板に一体何が有ったんだ(苦笑)
70 ななしのよっしん
2019/06/02(日) 02:45:40 ID: llNNLkzJkx
えらい消えてるな
ナイフが強すぎるんだよね、超魔界村
それに反してプリンセス腕輪が最弱の武器とかしてるのが問題

この掲示板は、プレミアム会員のみが書き込めるように設定されています。