越前リョーマ単語

エチゼンリョーマ

越前リョーマとは、漫画アニメーションテニスの王子様シリーズに登場する主人公である。CV皆川純子

テニミュキャスト推移は柳浩太郎kimeru(事故の為代役)→遠藤雄弥柳浩太郎遠藤雄弥(※1)→桜田通阪本奨悟exit高橋龍輝exit→小越勇古田一紀

(※1この時はダブルキャストではなく、場面に応じて交互で出演する形だった)

概要

テニスの王子様主人公私立青春学園中等部1年。口癖は「まだまだだね」。極度の好き。

アメリカまれの帰国子女であり、青学入学した時点ではアメリカジュニア大会4連覇の記録を引っさげて登場する。現役時代37敗を誇った元プロテニスプレイヤー越前南次郎息子で、幼い頃からの英才教育と受け継いだ才により、左利きなのに右打ちでも常人と同じレベルで試合が出来る、無我の境地練自得の極み・才気煥発の極み天衣無縫の極みと技を持つまさにテニスの申し子。

中1の身体測定時に重りをつけたまま体重測定を行ったり、かなりの遅刻魔といううっかりな一面も見受けられる。

リョーマは悪役?

主人公にしてはちょっと性格が悪いリョーマだが、これは元々リョーマは悪役としてデザインされているためである。
当初は四天宝寺中の遠山金太郎主人公で、リョーマはライバルキャラとして登場する予定だった。

公式ファンブックである「テニスの王子様10.5巻」によると

はっきり言って越前リョーマは悪人ですよ。

悪人がさらなる悪人を倒す物語が『テニスの王子様』なんですよ。

と、作者許斐剛っている。

技(能力)一覧

ツイストサーブ
連載初期の必殺技。打球が利き腕方向に急度でバウンドするサーブ。
ツイストスマッシュ
ツイストサーブを応用したスマッシュ
サイクロンスマッシュ
アニメのみ登場。全身をフルに使ったジャンプスマッシュ真田をしてラケットを弾き飛ばされる威を持つ。
一本足のスプリットステップ
片足で着地することで通常よりも一歩半く踏み込むことが出来る。作中で言及されている通り打球の方向を読む性の嗅覚が前提となる。
ドライブA
至近距離から顔面掛けて打つドライブボレー。
ドライブB
スライディンジャンプから放つ強ドライブボレー。アルファベットのBを横にしたような軌を描く。
ドライブC
バウンド後に跳ねずに転がるドライブショット。後述のCOOLドライブのお試し版に近い。
ドライブD
ドライブBを連続で繰り出す。
COOLドライブ
ドライブCの2倍以上の回転を掛けたドライブショット。その威バウンド前に打ち返そうとしてもラケットを離れずに駆け上ってしまう程。
サムライゾーン
相手のリターンが自分の手元に帰ってくるように打球をコントロールする。手塚ゾーンと同様の技で・南次郎譲りの技だが、リョーマ版はまだ不全である。
サムライドライブ
ネットワイヤー部分にドライブショット打ち込みボールっ二つにする。テニプリではラケットや選手はよく壊れるが、ボールを壊す技は本編ではこれくらいである。
無我の境地
過去に対戦した相手の技を意識に繰り出す。意識というのが曲者で体の消耗がしい弱点があったが、後にある程度コントロール出来るようになった。
百錬自得の極み
無我パワーを片腕一本に集め、威・回転などを倍返しで返球する。フットワーク等が疎かになるため不全なサムライゾーンでは本来不可能だが、自己流で移動時は脚部にパワーを移すことでどうにか実現した。
才気煥発の極み
通称「絶対予告」。ポイントが決まるまでの展開を全にシミュレートする。
天衣無縫の極み
全身がいばかりのオーラに包まれ、爆発的なを発揮する。南次郎く、勝つためのテニスではなくに純テニスを楽しむ心を思い出せばでも至れる可性はあるという。
る球(デストラクション)
ラケットの最も威を伝えられる1点「スーパースイートスポット」でボールを捉えることで脅威的な威を生み出す。バズーカ並の威のわりに原理がシンプルで、一度覚えたらうっかり打ってしまうという難儀な代物。

関連商品

関連静画

 

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%B6%8A%E5%89%8D%E3%83%AA%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%9E

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

越前リョーマ

65 ななしのよっしん
2016/05/19(木) 02:08:22 ID: oJZ3JElcwD
審判なしのセルフジャッジだと普通にやりたい放題だし
読み切りや第1話でもそういうセルフジャッジの試合で勝ちをもぎ取る話だった
正直テニスの王子様というタイトルに似つかわしくないくらい泥臭い戦いだった
66 ななしのよっしん
2016/07/12(火) 21:58:28 ID: Afzf4E3tTh
名探偵コナンもそうだけど
全に俺TUEEEE系なのにそこらのラノベ主人公と違って不快じゃないんだよな
この違いって何なんだろ?
67 ななしのよっしん
2016/07/13(水) 18:18:37 ID: oJZ3JElcwD
俺TUEEEE系っていう勝手な区分け自体ガキ臭くて好きじゃない
作劇の上手さと主人公の強さは特に関係ないのに
主人公は強くてはいけないみたいな間違った潮を広めてる
68 ななしのよっしん
2016/08/20(土) 09:28:28 ID: hT2pAfw9Zp
主人公が強くてはいけないんじゃなくて
恵まれすぎた環境で育ち、特に努もせず得た主人公の強さを引きたてるだけしか存在意義のないヴィランど、主人公を肯定する有者が
そんな世界無双する主人公を描き続けるから俺TUEEEと揶揄されるのさ

チビを不快に感じる人が少ないのは環境こそ恵まれてるが沢山の強者に揉まれ、
叱られたり、ときに論されたりしながら選手としても人としても成長する姿が
描かれているからでしょう
何気にここが一番ポイントが高い。TUEEEと呼ばれる作品はこの手の
役」「役」
を排しているからね
69 ななしのよっしん
2017/01/13(金) 21:28:02 ID: sV7UquU+5P
主人公でもトばされることがあるということ身をもって教えてくれた子
70 ななしのよっしん
2017/07/18(火) 07:52:09 ID: JbQnRnF5k2
逆に言えば本来の役割に戻ったのかも
71 ななしのよっしん
2017/08/04(金) 15:43:22 ID: ZzkMc+6HA3
>>66
共通点をあげるとしたら
子供っぽい負けず嫌いな存在
・最後までどんなことがあっても諦めない(コナン劇場版のとき特に)
・親が上位互換 敵わない存在

テニヌの場合 ちゃんとリョーマが作中キャラに"生意気な後輩"として扱われてて
周りのキャラもちゃんと濃くてただの持ち上げ要員になってないのが良いところよね
72 ななしのよっしん
2018/05/29(火) 13:29:12 ID: oD5FNSFrO9
何気に作中中学生の中だとリョーマが一番テニス歴長いじゃないかって思ってる。
逆に一番短いのは間違いなく金太郎
そこら辺でも対になってる
73 ななしのよっしん
2018/09/18(火) 07:58:53 ID: zYdXXkC2z7
リョーマはテニスすげえけど生意気な部分は桃城にせよ海堂にせよその他3年にせよちゃんと摘されるし
手塚には敗してて、それでいて敗した悔しさもあってきっちり更に練習したりしていて
「なんでも欠」っていうか割と苦戦とか敗北もあってそれでもへこたれず乗り越えていくっていうクールな割に王道スポーツキャラでもあると思うんだよ
それでいてテニスへの態度はあくまでテニスのものすごい上手いチビぐらいの感じで、そういうリョーマだからこそ
そんな自分ですらプライドバキバキにされるようなラスボステニス嫌になる寸前まで追い詰められた時に「なんでテニスやってたのか」が「テニスは楽しくてたまらないから」って答えに辿り着いて勝つってのがくんだと思ってる
何がいいたいかって言うとリョーマ大好きだわ
74 ななしのよっしん
2018/12/09(日) 00:16:43 ID: D1Agiin4UQ
ふーん、エッチじゃん