足浸し単語

アシビタシ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

足浸しとは、足がに浸っている状態である。煮浸しではない。

概要

水浸しが足だけではなく全身であるのに対して足浸しは下半身…恐らく座った状態・お尻ぐらいまでがに浸っている状態をしている。また、「浴び」や「遊び」の状況と合わさる事も多いのだが、この「足浸し」というタグニコニコ静画でのみ浸透している。

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

鬼滅の刃 (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: マリア
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

足浸し

1 ななしのよっしん
2019/08/12(月) 18:28:17 ID: 0H6rcT20Bc
女性が担当する、たらいにんだでの足洗い(足浸し?)と言えば、館や邸宅での客人へのもてなしの第一歩であり、歩いてやって来た事による疲れを癒やす的だった。
連想しただけで、記事の内容としては関連性が乏しそうだが…

水浸しが足だけではなく全身であるのに対して』
人物に関する水浸しと言えば、靴履き姿でに佇んでいたら大波を被って足首から浸してしまうとか、普段着姿でを歩いていたら、不用意な打ち水を食らってズボンスカートが広範囲に濡れてしまうとか、そういった「全身ではない物の、くまで放置していられない様な深刻な濡れ状態」を想起します。
「全身に非ざれば水浸しに非ず」という事はないと思いますので、適宜修正を提案します。
👍
高評価
0
👎
低評価
0