踊り子(特急)単語

オドリコ

踊り子とは、JR東日本特急である。

本稿では当列車より生したスーパービュー踊り子リゾート踊り子サフィール踊り子などについても記載する。

概要

東京新宿池袋大宮伊豆半島伊豆急下田・修善寺を結ぶ特急列車JR東日本が運行しているが、伊東伊豆急下田間は伊豆急行、熱三島間はJR東海三島~修善寺間は伊豆箱根鉄道駿豆線に乗り入れている(うち伊豆急行とは相互乗り入れ)。称の由来は川端康成小説伊豆の踊子」(「踊り子」ではない)。

それまで同地域で運行されていた特急「あまぎ」と急行伊豆」を統合する形で、1981年にL特急として誕生。運行開始当初は「あまぎ」「伊豆」時代末期と同じく国鉄特急183系185系電車を使用していたが、後に185系に一本化。その後臨時列車として1983年から1993年まで14系客車を使用した「サロンエクスプレス踊り子」、1987年から1990年まで両毛線前橋から現在湘南新宿ラインを経由し、新前橋電車区(現高崎車両センター)所属の185系200番台で運転された「モントレー踊り子」が運転された。

1988年からは土休日に運転される、伊豆急行の「リゾート21」こと2100系電車を使用した「リゾート踊り子」、1990年からは新251系を使用した全定席の「スーパービュー踊り子」の運転を開始した。

2009年にはリゾート踊り子電車」が南武線に乗り入れ、立川伊豆急下田間で運転された。なお南武線本線及び南武支線に特急列車が乗り入れたのは開業以来初めてのことであった。

伊豆という東京に近い有名観光地を結ぶだけあり、本数も利用者も多い。そのため「踊り子」は最大15両編成で運転される。これはJR在来線特急最長である。

2012年12月1日よりE259系によるマリンエクスプレス踊り子の運転も開始した。臨時ではあるがLED表示器にもマリンエクスプレス踊り子伊豆急下田コマが存在する。1日1往復で停踊り子最速達列車と同じである。E259系伊豆急線内に入線したのは初めてのことである。この列車の運転時は先頭に専用のHMが付けられる。

2015年3月上野東京ライン開通により、新たに常磐線我孫子駅発着の踊り子が臨時で設定されている。東京駅までの停柏駅松戸駅北千住駅上野駅

2020年からはE261系を使用したサフィール踊り子が運行予定。「サフィール」はフランス語サファイアのことをす。内装も1両プレミアムグリーン車、4両麺料理提供するヌードルバー、その他の座席はすべてグリーン席となっており、になっている。

ニコニコ動画においては東海道線東京口関係の動画や、品川横浜間での京浜急行電鉄との併走動画などが掲載されている。

停車駅

東京~伊豆急下田・修善寺系統(修善寺行は踊り子のみ)

東京品川(S、o)~川崎(o)~横浜~大船(o)~小田原(S)~湯河原(S、o)~熱~網代(S、o)~伊東伊豆高原伊豆伊豆稲取~河伊豆急下田

無印は全列車、(S)は一部スーパービュー踊り子停、(O)は踊り子リゾート踊り子、(o)は一部踊り子通過

東京~熱伊豆急下田行と併結)熱三島三島田町~大場伊豆長岡~大仁~修善寺

三島~修善寺間の伊豆箱根鉄道線内は称付きの快速扱い。

新宿・大宮系統(伊豆急下田行のみ)

大宮浦和赤羽池袋新宿武蔵小杉横浜~大船(o、上りは全通過)~小田原(S)~湯河原(S、o)~熱~網代(S、o)~伊東伊豆高原伊豆伊豆稲取~河伊豆急下田

南武線系統(臨時。リゾート踊り子のみ)

立川府中本町~登戸~武蔵溝ノ口武蔵小杉横浜小田原~(以下東京発着と同じため略)

関連動画


関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%B8%8A%E3%82%8A%E5%AD%90%28%E7%89%B9%E6%80%A5%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

踊り子(特急)

1 ななしのよっしん
2011/03/10(木) 21:01:34 ID: Z9esQ/F8pb
踊り手とは何の関係もありません
2 ななしのよっしん
2019/05/08(水) 20:03:18 ID: bnOrcJke4r
記事名に全角カッコを使うな
3 ななしのよっしん
2019/05/09(木) 14:14:40 ID: wZV6UNjHqs
ロベリア「呼んだかい?」