軍人皇帝単語

グンジンコウテイ

軍人皇帝とは、ローマ帝国のセウェルス滅亡後、3世紀半ばに多数現れた皇帝の総称である。

概要

235年、セウェルスアレクサンデル・セウェルスの殺後、ディオレティヌス284年の即位まで半世紀にわたってローマ帝国は混沌の時代に陥った。ローマ帝国の皇位争いのみならず、皇帝名乗りつつもガリア地域のみを統治する、いわゆる「ガリ帝国」まで現れたほどである。

しかし、論争自体はあるものの、ウァレリアヌスガリヌス子をに、皇帝推戴に変化が見られ、ディオレティヌスもあくまでもこの流れに乗った前代との連続性が強調されるようになった。

なお、これまでにべても位がくるくる変わるので、まとめて紹介する。

マクシミヌス・トラクス

インペラトル・カエサルガイウス・ユリウス・ウェルス・マクシミヌス・ピウス・フェリクス・インウィクトゥス・アウグストゥスアウグストゥス(在位:235年~238年)

アレクサンデル・セウェルス後、軍隊に推戴された。ゴルディアヌス子の反乱を鎮めた後、暗殺死。

ゴルディアヌス1世、ゴルディアヌス2世父子

二人ともインペラトル・カエサルマルクスアントニウス・ゴルディアヌス・セムプロニアヌス・ロマヌスアフリカヌス(在位:238年)

属州プロコンスリスの総督とその息子。マクシミヌストラクスに反乱を鎮圧され1世は自害2世は戦死。

プピエヌス、バルビヌス

それぞれインペラトル・カエサルマルクス・クロディウス・プピエヌスマクシムスアウグストゥスインペラトル・カエサル・デキウス・カエリウス・カルウィヌスバルヌス・ピウス・フェリクス・アウグストゥス(在位:238年)

元老院がマクシミヌストラクスに対抗するために選出した老人2人。仲たがいの結果、そろって親衛隊に撲殺。

ゴルディアヌス3世

インペラトル・カエサルマルクスアントニウス・ゴルディアヌス・ピウス・フェリクス・アウグストゥス(在位:238年~244年)

ゴルディアヌス1世の孫。まだ幼い少年で、ペルシア遠征中フィリップスアラブスに殺されたとも、戦傷がもとで亡くなったとも。

フィリップス・アラブス

インペラトル・カエサルマルクスユリウス・フィリップス・ピウス・フェリクス・インウィクトゥス・アウグストゥス(在位:244年~249年)

ゴルディアヌス3世の近衛長官で、通称「アラビア人」。反乱が恒常化し、デキウスとの戦いで戦死。

デキウス

インペラトル・カエサルガイウス・メシウス・クイントゥス・トライアヌス・デキウス・ピウス・フェリクス・インウィクトゥス・アウグストゥス(在位:249年~251年)

保守的な元老院議員。クニウァ率いるゴート人に敗れ戦死(外敵との戦いで戦死した最初の皇帝)。

トレボニアヌス・ガルス

インペラトル・カエサルガイウス・ウィビウス・トレボニヌスガルス・ピウス・フェリクス・インウィクトゥス・アウグストゥス(在位:251253年)

下モエシア属州総督で、デキウスと共にゴート人と戦っていた。アエミリウス・アエミリアヌスに敗死。

アエミリウス・アエミリアヌス

インペラトル・カエサルマルクス・アエミリウス・アエミリアヌス・ピウス・フェリクス・インウィクトゥス・アウグストゥス(在位:253年)

上モエシア属州総督。トレボニヌスガルスの救援に来たウァレリアヌスに敗死。

ウァレリアヌス

インペラトル・カエサル・プブリウス・リキニウス・ウァレリアヌス・ピウス・フェリクス・インウィクトゥス・アウグストゥス(在位:253年~260年)

ラエティア等の属州総督。息子ガリヌスと共に帝国分割統治し、上級武官から元老院議員を排除し、軍事エリートを登用、中央軍の増強などの諸革に努めた。その結果同じ軍人皇帝時代とはいえ、これまでの皇帝推戴が属州総督などを担ぎ上げ、イタリア本土の弱体な中央軍を粉砕して皇帝位につく、の繰り返しだったのに対し、恒常的な中央機動軍によってスムーズに次の皇帝が決まるようになった、とも言われているが、息子ガリヌスとどちらの功績が上か、という点ではまだ決着がついていない。

最終的にはササン朝ペルシアシャープール1世に捕らえられ、以後消息不明。

ガリエヌス

インペラトル・カエサル・プブリウス・リキニウス・エグナティウス・ガリヌス・ピウス・フェリクス・インウィクトゥス・アウグストゥス(在位:253年~268年)

ウァレリアヌス息子西方を担当していた。ウァレリアヌスの死後、西方の「ガリ帝国」、東方のパルミラに帝国が3分割され、ウァレリアヌス革と合わせて、残ったバルカン地域のイリュニア人が軍事エリートとして高位につくきっかけを作ったともいわれている。軍事行動の傍ら、哲学芸術にも造詣が深く、「ガリヌスルネサンス」を起こしたとも。最期は軍事行動中暗殺される。

クラウディウス・ゴティクス

インペラトル・カエサルマルクス・アウレリウスクラウディウス・ピウス・フェリクス・インウィクトゥス・アウグストゥス(在位:268270年)

ゴート戦争で活躍し「ゴティクス」の異名をとる。病没。

クインティルス

インペラトル・カエサルマルクス・アウレリウスクラウディウス・クインティルス・インウィクトゥス・ピウス・フェリクス・アウグストゥス(在位:270年)

クラウディウス・ゴティクスの。アウレリアヌス擁立の陰で部下に見捨てられ殺

アウレリアヌス

インペラトル・カエサル・ルキウス・ドミティウス・アウレリアヌス・ピウス・フェリクス・インウィクトゥス・アウグストゥス(在位:270年~275年)

クラウディウス・ゴティクスの配下の将軍。パルミラ、「ガリ帝国」を滅ぼし帝国再統一をしたが、暗殺。

タキトゥス

インペラトル・カエサルマルクスクラウディウスタキトゥス・ピウス・フェリクス・アウグストゥス(在位:275年~276年)

出自がの老人。遠征中殺されたとも、病死したとも。

プロブス

インペラトル・カエサルマルクス・アウレリウスプロブス・ピウス・フェリクス・インウィクトゥス・アウグストゥス(在位:276年~282年)

官。開墾事業などの内政に取り組んだが、反乱で殺

カルス

インペラトル・カエサルマルクス・アウレリウス・カルス・ピウス・フェリクス・インウィクトゥス・アウグストゥス(在位:282年~283年)

プロブス近衛長官。に打たれ死亡

ヌメリアヌス

インペラトル・カエサルマルクス・アウレリウス・ヌメリアヌス・ピウス・フェリクス・アウグストゥス(在位:283年~284年)

カルスの次男。推戴されたものの、そのままイタリアに到着した際、死体となって発見された。

カリヌス

インペラトル・カエサルマルクス・アウレリウス・カリヌス・ピウス・フェリクス・アウグストゥス(在位:283年~285年)

カルスの長男ディオレティヌスに敗死。

ガリア帝国の皇帝

ポストゥムス

在位:260年~269

ウァレリアヌス没後独立となる。ラエリアヌスの反乱で死亡

ラエリアヌス

在位:269

ポストゥムスを結果的に殺したことであっけなく支持を失う。死因不明。

マリウス

在位:269

鍛冶屋らしい。個人的な口論で絞殺。

ウィクトリヌス

在位:269年~271

ポストゥムスの部下。占領したオータンの町で役人の妻を誘惑した結果殺

テトリクス

在位:271年~274

アクイタニア総督。アウレリアヌスにあっけなく降伏した。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%BB%8D%E4%BA%BA%E7%9A%87%E5%B8%9D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

軍人皇帝

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 軍人皇帝についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/10/17(木)09時更新