軍師官兵衛単語

グンシカンベエ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

軍師官兵衛とは、2014年1月5日から放送されている、第53大河ドラマである。

概要

豊臣秀吉の軍師として活躍した稀代の名将、黒田官兵衛の生涯を描く。戦国大名の軍師が主人公として描かれるのは、2007年の「風林火山」以来である。演はV6岡田准一。

音楽菅野祐悟ドラマガリレオ」やアニメD.C. ~ダ・カーポ~」を担当している。また、ドラマ本編演奏は「風林火山」以来となる、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団が務める。またメインスタッフは、監修に小和田哲男・二木謙一両教授をはじめ戦国大河おなじみの顔ぶれがっている。

当初り手は、大河の常連女優でもある藤村志保が担当し、やけにおどろおどろしい喋り方がネットで評判となったが、第1回が放送される直前に背折して療養に入ったため、第7回以降のナレーション広瀬修子アナウンサーが代行している。

オープニング映像は、演の岡田准一のビジュアルが全面に推されている他、「龍馬伝」に近い演出となっている。また、キャストクレジットは「江〜姫たちの戦国〜」「平清盛」「八重の桜」とここ数年昔ながらの縦書き表示が復活していたが、今回は再び横書きに戻った。

スタッフ

キャスト

1996年に放送され大ヒットした大河ドラマ秀吉」で豊臣秀吉役を演じた竹中直人が、18年ぶりに同役を演じることでも話題となった。本作でも「心配ご用!」や「ごもっとも!」などの決めゼリフは健在である。その「秀吉」で黒田官兵衛を演じた伊武雅刀は、本作では千利休を演じている。また、徳川家康役の寺尾聰は、1973年放送の大河ドラマ国盗り物語」以来、実に41年ぶりの家康役となる。

関連動画

関連商品

軍師官兵衛は前川洋一のオリジナル作品とはなっているが、官兵衛の人物像や秀吉中国地方攻略に重点を置いているところなど、司馬遼太郎小説「播磨物語」のが大きく、この「播磨物語」は軍師官兵衛の実質上の原作とも言える作品である。Amazonレビューを見ると、ドラマが放送される9年も前に、本作を大河ドラマ化してほしいというもある点に注したい。

漫画「軍師 黒田官兵衛伝」は、近年歴史物のギャグマンガを数多く執筆している重野なおき4コマ漫画天下統一より目薬売りに精を出す官兵衛バナナが好物な信長日本人で初めてバナナを食べたのが信長らしい・・・)など、登場人物がコミカルに描かれており、ドラマ入門にお薦め。彼の代表作である「信長の忍び」の外伝的作品と言える。


関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%BB%8D%E5%B8%AB%E5%AE%98%E5%85%B5%E8%A1%9B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

軍師官兵衛

244 ななしのよっしん
2017/06/08(木) 18:33:22 ID: ByYQflA1lu
あと小西行長母親がマグダレナとか、宇喜多親子の血縁関係とかもスルーだったな
245 ななしのよっしん
2017/07/29(土) 12:25:33 ID: yz9gNI6g9H
ステレオタイプキャラ付けの歴史上の人物が多くて難な大河だった印 つまらなくはなかったよ
246 ななしのよっしん
2017/07/29(土) 13:59:09 ID: cektpi/8ex
前半の秀吉カリスマ性や後半の官兵衛(如)の腹黒さが観ていて痛快だった
247 ななしのよっしん
2018/02/26(月) 16:01:33 ID: LAxh1eBvAk
再放送決定オメ
248 ななしのよっしん
2018/06/13(水) 12:51:11 ID: PxtKQVwU70
最終回間際の、野心に満ち溢れたお爺ちゃん官兵衛、好き。
249 ななしのよっしん
2019/03/13(水) 02:42:23 ID: SS7NYpGeTv
お蔵入りの波がここにも...
250 ななしのよっしん
2019/03/19(火) 22:41:29 ID: /ln/clMgwz
アンコール完走(一応リアタイでも見たがあんまり内容覚えてなかった)
尺の話は2014年当時も言われてたようだけど、最後の数回で駆け足が際立っちゃうのが体なかったなぁ
55回ぐらいあれば何とかなった?
251 ななしのよっしん
2020/02/19(水) 19:48:21 ID: JqF/urqkpp
女子会シーン減らせばよかったのに
252 ななしのよっしん
2020/06/25(木) 22:22:30 ID: 1dpHzfPUQZ
ドラマ化するにはこの上なく「おいしい」人物である
黒田官兵衛を扱っておきながら、なんでこの程度のしょうもない
ステレオタイプドラマしか作れないの?っていうのが率直な感想だったなあ。
大河ドラマで重要なのは題材よりもスタッフ(特に脚本家
という事を身に染みて感じた作品だった
253 ななしのよっしん
2020/07/31(金) 06:15:42 ID: tu1pa+N2Q2
めて最近視聴し直した。
鉄板な題材や大体いいキャスティング・しっかりした演出演技で誤魔化していたけども、
割と話の構成は雑というかだいぶいわゆる「スイーツ」って揶揄されやすい大河ドラマの条件はだいぶの割合満たしてたと思う。
(やたらと持ち上げられる主人公・一言には平和義・女キャラが出しゃばりまくる・敵キャラの掘り下げが足らず勧善懲悪気味・過程を描かず結果だけで済ます・突然湧いて出て来る感動的なエピソードetc…)

良く評価点として挙げられる「後半からのい官兵衛」も割と場当たり次第でグラつく造形だったし、上の方で挙げたヴィジュアル的なヴェール剥がすとほぼほぼ西郷どん」と変わらない子だったよこの作品。

あと各々の感じ方にもよる話の出来不出来は別として、尺配分が致命的に下手だったのは間違いない。