編集  

輪廻単語

リンネ

※ ここは仏教輪廻についての記事です。曖昧さ回避はこちら →「リンネ

いっぺん輪廻、巡って来い
                                 ― 七条

 

概要

輪廻とは、生きとし生けるものは、死後も生まれ変わりループしていくという思想。
仏教が生まれた古代インドにおいては、一般的に広まっている考え方であった。 

ただし一般に仏教においては、輪廻するのは迷いがある限りであって、悟りの地に達するなどすれば輪廻から解脱して(如来)となると考える。

六道(リクドウ/ロクドウ)の概念

輪廻における六道とは、生まれ変わる際の心の状態および形態style of living)の違い。前世の行いなどによって、どのように生まれ変わるかが決まる。

天道

六道の中でもっとも迷いが少ない状態であり、法(典)とその帰依者を護るなどとされる。「部」とも。
上(の上)に住む存在と考えられるのが普通であるが、地上に降りてくることもけっこうある。
に生まれたものは人・女と呼ばれるほか、叉・金剛力士天龍)・霊鳳凰麒麟などさまざまな姿としてとらえられる。

に生まれた存在は本来的にはではないが、人である毘沙門天女である弁財天や吉祥などの像は多くつくられており、一般的な信仰の中ではに準ずるような位置づけになったり、の一種と考えられていたりすることもある。
日本民間信仰においては、女神)様・仁王といった形で親しまれることも多い。

人間道

地上の人間=人間に生まれた存在である。
煩悩は多いものの、思考が高い存在であり、悟りを開くと成仏(浄土へ往生)し、へ向かうことができる。

(阿)修羅道

苦しみの大きい闘争的存在である。的存在の一つ修羅民間信仰においては火の護り)として尊ぶ場合もある(というか六道に追加されたのは後付けで、たぶんそっちが元々)。
修羅は顔や腕が多数ある姿をしており、日本では福寺の阿修羅像がもっとも有名だろう。

畜生道

動物のことである。救いが少ないと考えられている。

餓鬼道

一般に、が膨れたの姿で描かれる。

地獄道

罪を償わせられている存在。
日中においては一般に、地獄冥界道教的概念で、閻魔大王が君臨する)が習合・同一視されている。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%BC%AA%E5%BB%BB
ページ番号: 2918804 リビジョン番号: 1664382
読み:リンネ
初版作成日: 09/04/25 01:22 ◆ 最終更新日: 12/10/26 19:01
編集内容についての説明/コメント: ちょぼっと加筆だけ
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

輪廻について語るスレ

19 : ななしのよっしん :2016/02/02(火) 17:19:42 ID: KUypxg23xJ
輪廻転生はが決めること。絶対に拒否できない。
20 : ななしのよっしん :2016/04/15(金) 15:52:42 ID: TKFux6iRDa
が高2の頃六道現実世界と思ってた。
21 : ななしのよっしん :2016/05/15(日) 03:01:13 ID: Y5yidZVN/q
時々自分が死んでる事に気付かずそこらに居残り続けてる人が居るらしいが、
成仏しといた方が色々と面いぞ?
人間も人間以外の動物にもなり放題だぞ?
嫌なら死にゃあいい。
人間や人間に飼われてるペットとかと違って世話焼いてくれる対が居ない分死に放題だ。
まあ、とっとと死ぬよりはその生き物としての生を全うしといた方がかの役にも立てて面いと思うがな。

知ってるか?、羽死因の第一位が「餓死」だ。
等、成になって飛べるようになると同時に、どのから食べ物を食べられる口がくなるんだ。
もそうだ、幼の時は葉っぱをもりもり食ってるのに、成になったら蜜しか啜れない。
時々デカいを見かけるが、あの羽も一生ものだ、取れたり破れたりすればもう元には戻らない。
死ぬ事は解かってる、ただ死ぬ前に子孫を残し、思いっきを飛び回る事が等の仕事だ。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
22 : ななしのよっしん :2017/05/17(水) 19:43:09 ID: Bq85y30HY6
あいたたた
これだから人間はやめられない
23 : ななしのよっしん :2017/06/19(月) 07:50:50 ID: Ul8Ms0oq+a
しょうもない現世だお(^ω^)
来世のために善行を積むお(^ω^)
24 : ななしのよっしん :2017/07/24(月) 21:12:11 ID: in4WZiQBUH
>>21
その手の手合はこの世を地獄にしているのは他ならぬ己自身だと、何故気付かないのかがわからないですね。いや気付いていても認めたくないんでしょう。
宗教者、救世主、飽きもせず並べ立てるが己が前世で何をして来たか、現世で何をしているか、そういった事を摯に考えていない。各自の言行が各自の世界を形作っているのだと、それこそがこの世の理である事から逃げ続ける。
そして来世はあると考えるのに何故か前世とは向き合おうとしない。
何故神社には体としてられてあるのか?とは前世から今に至るまでの己自身の行いであり、その積重ねとしての現在の己の姿に他ならないと、そう告げている。
宗教者、救世主、こうした事を喚き立てる前にまず己と向き合え、それが古人からのメッセージなんですね
25 : ななしのよっしん :2018/06/08(金) 01:41:16 ID: J4DVW0yPc5
どうせ生まれ変わるのだから殺しまくってもOKってことですね
26 : ななしのよっしん :2018/06/08(金) 01:46:14 ID: lVAVJe8ypY
じゃあ死ね
27 : ななしのよっしん :2018/06/15(金) 15:49:03 ID: J4DVW0yPc5
お前をやってからそうさせてもらう!
28 : ななしのよっしん :2018/08/22(水) 18:31:19 ID: vO/G7B7l1T
前世は先祖、来世は子孫、前世の因果は先祖の遺伝子と社会階級
は上流階級、人間は中流層、修羅DQN
畜生奴隷階級、餓貧困層、地獄は罪人

六道の階級は降格するのは簡単、昇格するのはまず不可能
特に悪行を行わない限りは前世の階級が来世の階級

悟りは子孫繁栄を諦めること、解脱は自分の血を絶やすこと
すなわち輪廻とは系図

現代の知識で解釈するとこんな感じだろうか
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス